一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)Grand Round:マラリア根絶の機会と課題

MMWR抄訳

rss

2011/04/22Vol. 60 / No. 15

MMWR60(15):476-480
Grand Rounds: The Opportunity for and Challenges to Malaria Eradication

Grand Round:マラリア根絶の機会と課題

世界におけるマラリアの疫学、マラリアコントロールの問題、現在推奨されているマラリアコントロールのための介入法、マラリア根絶に向けた進展と根絶戦略について報告する。2009年にマラリア患者は世界で約22,500万人存在し、781,000が死亡し、このうち90%以上がアフリカの5歳未満の小児であった。また世界の人口の約半数(約30億人)はマラリア発症のリスクを有している。20世紀中期の世界的マラリア根絶キャンペーンにより、1950年にマラリアが風土病であった143ヶ国中37ヶ国でマラリアの伝播が遮断され、他の多くの国々でもマラリアの発症率と死亡率がかなり低下したが、マラリアの根絶には至らなかった。また1980年代後期と1990年代早期におけるマラリアコントロールの取り組みは、資金および支援の減少と抗マラリア薬に耐性のマラリア原虫の拡大により阻止された。現在のマラリアコントロール戦略は、まず小児や妊婦などのハイリスク群を中心にマラリアの有病率と死亡率を迅速に低下させ、その後マラリアの風土病地域からの伝播を減少・遮断し、最終的にマラリアを根絶することを目標としている。サハラ砂漠以南のアフリカ諸国では、現在マラリアコントロールのため4種類の介入(持続性殺虫薬で処理した蚊帳、殺虫剤の室内残留性噴霧、感染者の迅速かつ正確な診断とアルテミシニンを含む併用療法、妊娠中の間欠的予防治療)が行われており、一部の国々で介入効果が明らかになっている。一例として、ザンジバル島では2003年にこれら介入を含めて全国マラリアコントロールをスケールアップしたところ、2006~2008年のマラリアにおける入院患者数と入院中の死亡者数が2001~2002年に比べて70%低下した。近年マラリアコントロールのツールは非常に改善され、マラリア根絶に向けて確実に進展しているが、今後さらにマラリア根絶のための新たな介入法や抗マラリア薬、ワクチンの研究が必要である。

References

  • World Health Organization. World malaria report 2010. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2010. Available at <http://www.who.int/malaria/world_malaria_report_2010/en/index.html>. Accessed April 18, 2011.
  • Hay SI, Guerra CA, Gething PW, et al. A world malaria map: Plasmodium falciparum endemicity in 2007. PLoS Med 2009;6(3):e1000048.
  • Gallup JL, Sachs JD. The economic burden of malaria. Am J Trop Med Hyg 2001;64(1-2 Suppl):85-96.
  • Lengeler C. Insecticide-treated bed nets and curtains for preventing malaria. Cochrane Database Syst Rev 2004;(2):CD000363.
  • Lindblade KA, Eisele TP, Gimnig JE, et al. Sustainability of reductions in malaria transmission and infant mortality in western Kenya with use of insecticide-treated bednets: 4 to 6 years of follow-up. JAMA 2004; 291:2571-80.
  • Killeen GF, Smith TA, Ferguson HM, et al. Preventing childhood malaria in Africa by protecting adults from mosquitoes with insecticide-treated nets. PLoS Med 2007;4:e229.
  • World Health Organization. Insecticide-treated mosquito nets: a WHO position statement. Geneva, Switzerland: World Health Organization, Global Malaria Programme; 2007. Available at <http://www.who.int/entity/malaria/publications/atoz/itnspospaperfinal.pdf>. Accessed April 18, 2011.
  • Pluess B, Tanser FC, Lengeler C, Sharp BL. Indoor residual spraying for preventing malaria. Cochrane Database Syst Rev 2010;(4):CD006657.
  • Ranson H, N’Guessan R, Lines J, Moiroux N, Nkuni Z, Corbel V. Pyrethroid resistance in African anopheline mosquitoes: what are the implications for malaria control? Trends Parasitol 2011;27:91-8.
  • Snow RW, Trape JF, Marsh K. The past, present and future of childhood malaria mortality in Africa. Trends Parasitol 2001;17:593-7.
  • World Health Organization. Guidelines for the treatment of malaria. 2nd ed. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2010. Available at <http://www.who.int/malaria/publications/atoz/9789241547925/ en/index.html>. Accessed April 18, 2011.
  • Steketee RW, Breman JG, Paluku KM, Moore M, Roy J, Ma-Disu M. Malaria infection in pregnant women in Zaire: the effects and the potential for intervention. Ann Trop Med Parasitol 1988;82:113-20.
  • ter Kuile FO, van Eijk AM, Filler SJ. Effect of sulfadoxine-pyrimethamine resistance on the efficacy of intermittent preventive therapy for malaria control during pregnancy: a systematic review. JAMA 2007;297:2603-16.
  • World Health Organization. World malaria report 2009. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2009. Available at <http://www.who.int/malaria/world_malaria_report_2009/en/index.html>. Accessed April 18, 2011.
  • United States Agency for International Development. President’s Malaria Initiative. Sustaining momentum against malaria: saving lives in Africa. Fourth annual report. Washington, DC: US Agency for International Development; 2010. Available at <http://www.fighting malaria.gov/resources/reports/index.html>. Accessed April 18, 2011.
  • Steketee RW, Campbell CC. Impact of national malaria control scale-up programmes in Africa: magnitude and attribution of effects. Malar J 2010;9:299.
  • Alonso PL, Brown G, Arevalo-Herrera M, et al. A research agenda to underpin malaria eradication. PLoS Med 2011;8:e1000406.
  • Lucchi NW, Demas A, Narayanan J, et al. Real-time fluorescence loop mediated isothermal amplification for the diagnosis of malaria. PLoS One 2010;5:e13733.
  • Alonso PL, Sacarlal J, Aponte JJ, et al. Efficacy of the RTS,S/AS02A vaccine against Plasmodium falciparum infection and disease in young African children: randomised controlled trial. Lancet 2004;364:1411-20.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ