一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)職場、レストラン、バーにおける州のタバコ規制法-ア・・・

MMWR抄訳

rss

2011/04/22Vol. 60 / No. 15

MMWR60(15):472-475
State Smoke-Free Laws for Worksites, Restaurants, and Bars - United States, 2000-2010

職場、レストラン、バーにおける州のタバコ規制法-アメリカ、2000~2010年

受動喫煙(SHS)曝露は非喫煙成人と小児における肺癌と心血管・呼吸器疾患の原因であり、アメリカの非喫煙成人において毎年約46,000例の心疾患死と約3.400例の肺癌死をもたらす。規制地域の全ての屋内での喫煙を禁止するタバコ規制法は、非喫煙者における強制的なSHS曝露を防ぐ。アメリカの全州(ワシントンDCを含む)における公共の場と職場での法的なタバコ規制はHealthy People 2010の目標のひとつであったが、2010年までに達成できなかったためHealthy People 2020の目標として持ち越された。この目標に向けた進展状況を評価するため、CDCは2010年12月31日現在の各州のタバコ規制に関する法律をレビューした。この報告は、2000年12月31日から2010年12月31日までの職場・レストラン・バーにおけるタバコ規制状況の変化をまとめたものである。全ての職場・レストラン・バーで室内における喫煙を禁止した法律を有する州の数(ワシントンDCを含む)は、2000年の0から2010年には26州に増加した。また10州はこれら3ヶ所のうち1~2ヶ所で喫煙を規制しており、さらに8州は制限の少ないタバコ規制法を制定している(喫煙所の設置など)。しかし法規制には依然として地域差があり、南部で全ての職場・レストラン・バーにおける喫煙を禁止するタバコ規制法を制定している州はない。現在の州タバコ規制政策の採択活動が今後も全国的に持続し、一部の地域(特に南部)でその活動が強化された場合には、Healthy People 2020の目標達成が可能となる。

References

  • US Department of Health and Human Services. The health consequences of involuntary exposure to tobacco smoke: a report of the Surgeon General. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2006. Available at <http://www.surgeongeneral.gov/library/secondhandsmoke/report>. Accessed April 14, 2011.
  • International Agency for Research on Cancer. Evaluating the effectiveness of smoke-free policies. Lyon, France: International Agency for Research on Cancer; 2009.
  • Institute of Medicine. Secondhand smoke exposure and cardiovascular effects: making sense of the evidence. Washington, DC: The National Academies Press; 2010.
  • Mackay D, Haw S, Ayres JG, Fischbacher C, Pell JP. Smoke-free legislation and hospitalizations for childhood asthma. N Engl J Med 2010; 363:1139-45.
  • Herman PM, Walsh ME. Hospital admissions for acute myocardial infarction, angina, stroke, and asthma after implementation of Arizona’s comprehensive statewide smoking ban. Am J Public Health 2011; 101:491-6.
  • CDC. Vital Signs: Current cigarette smoking among adults aged >=18 years-United States, 2009. MMWR 2010;59:1135-40.
  • Rogers EM, Peterson JC. Diffusion of clean indoor air ordinances in the southwestern United States. Health Educ Behav 2008;35:683.
  • CDC. Health hazard evaluation report: environmental and biological assessment of environmental tobacco smoke exposure among casino dealers, Las Vegas, Nevada. Cincinnati, OH: US Department of Health and Human Services, CDC, National Institute for Occupational Safety and Health; 2009. Available at <http://www.cdc.gov/niosh/hhe/reports/pdfs/2005-0201-3080.pdf>. Accessed April 14, 2011.
  • King BA, Travers MJ, Cummings KM, Mahoney MC, Hyland AJ. Secondhand smoke transfer in multiunit housing. Nicotine Tob Res 2010;12:1133-41.
  • Wilson KM, Klein JD, Blumkin AK, Gottlieb M, Winickoff JP. Tobacco-smoke exposure in children who live in multiunit housing. Pediatrics 2011;127:85-92.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ