一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)バイタルサイン:10代の妊娠-アメリカ、1991~・・・

MMWR抄訳

rss

2011/04/08Vol. 60 / No. 13

MMWR60(13):414-420
Vital Signs: Teen Pregnancy - United States, 1991-2009 

バイタルサイン:10代の妊娠-アメリカ、1991~2009年

アメリカにおける10代の出産と関連する因子の傾向を調査するため、CDCは1991~2009年の10代の出産率(National Vital Statistics System)、1991~2009年の高校生における性交および避妊法使用(National Youth Risk Behavior Survey)、2006~2008年の15~19歳の青少年における性教育・親とのコミュニケーション・持続性可逆的避妊法(LARC)の使用・生殖医療サービスの利用(National Survey of Family Growth)に関するデータを分析した。2009年にアメリカでは15~19歳の女性約41万人が出産しており、10代の出産率は他の先進国よりも依然として高かった。2009年のアメリカにおける10代の出産率(女性1,000人あたり)は39.1件であり、1991年の61.8件に比べて37%低下し、過去最低であった。州別出産率は16.4~64.2件であり、地域としては南部の出産率が最高であった。人種/民族別出産率は黒人とラテンアメリカ系が白人よりも高かった(それぞれ59.0件、70.1件、25.6件)。1991年から2009年にかけて高校生の性交体験率は54%から46%に低下し、過去3ヶ月間に避妊せずに性交した生徒の割合も16%から12%に低下した。また過去3ヶ月間に二重の避妊法(コンドーム+経口避妊薬/注射用避妊薬 Depo-Provera)を用いて性交した生徒の割合は、5%から9%に増加した。2006~2008年に10代の女性65%と男性53%が公式の性教育(性行為拒否の方法、避妊法に関する情報提供)を受けており、10代女性の44%、男性27%は自分の親と性教育での両話題について話し合っていたが、性交体験のある10代の女性20%、男性31%はその話題に関して親と話していなかった。過去3ヶ月間の性交時にLARCを使用した女性は2%のみであった。10代の出産は母親や小児に悪影響を及ぼす可能性があり、公的費用の負担も大きい。10代の妊娠を防ぐには、エビデンスに基づいた性教育、避妊やその他の性・生殖に関する健康に関する親子での話し合いの促進、性的活動性のある10代の青少年を対象とした有効で購入しやすい避妊法へのアクセスの用意が必要である。

References

  • Ventura SJ, Hamilton BE. U. S. teenage birth rate resumes decline. NCHS data brief no. 58. Hyattsville, MD: US Department of Health and Human Services, CDC; 2011.
  • United Nations. 2008 Demographic Yearbook. New York, NY: United Nations; 2010.
  • Mathews TJ, Sutton PD, Hamilton BE, Ventura SJ. State disparities in teenage birth rates in the United States. NCHS data brief, no. 46. Hyattsville, MD: US Department of Health and Human Services, CDC; 2010.
  • CDC. CDC health disparities and inequalities report- United States, 2011: adolescent pregnancy and childbirth-United States, 1991-2008. MMWR 2011;60 (Suppl):105-8.
  • Martin JA, Hamilton BE, Sutton PD, et al. Births: final data for 2008. Natl Vital Stat Rep 2010;59(1).
  • Mathews TJ, MacDorman MF. Infant mortality statistics from the 2006 period linked birth/infant death data set. Natl Vital Stat Rep 2010; 58(17).
  • Manlove J, Terry-Humen E, Mincieli L, Moore K. Outcomes for children of teen mothers from kindergarten through adolescence In: Hoffman S, Maynard R, eds. Kids having kids: economic costs and social consequences of teen pregnancy. Washington, DC: The Urban Institute Press; 2008.
  • Perper K, Peterson K, Manlove J. Child trends fact sheet: diploma attainment among teen mothers. Washington, D.C.: Child Trends; 2010. Available at <http://www.childtrends.org/files//child_trends- 2010_01_22_fs_diplomaattainment.pdf>. Accessed March 15, 2011.
  • Hoffman S. By the numbers: the public costs of teen childrearing. Washington, DC: The National Campaign to Prevent Teen Pregnancy; 2006. Available at <http://www.thenationalcampaign.org/resources/pdf/pubs/btn_full.pdf; 2006>. Accessed March 15, 2011.
  • Oringanje C, Meremikwu MM, Eko H, Esu E, Meremikwu A, Ehiri JE. Interventions for preventing unintended pregnancies among adolescents. Cochrane Database Syst Rev 2009:CD005215.
  • Brody GH, Murry VM, Gerrard M, et al. The strong African American families program: prevention of youths’ high-risk behavior and a test of a model of change. J Fam Psychol 2006;20:1-11.
  • Haggerty KP, Skinner ML, MacKenzie EP, Catalano RF. A randomized trial of Parents Who Care: effects on key outcomes at 24-month follow-up. Prev Sci 2007;8:249-60.
  • Prado G, Pantin H, Briones E, et al. A randomized controlled trial of a parent-centered intervention in preventing substance use and HIV risk behaviors in Hispanic adolescents. J Consult Clin Psychol 2007;75:914-26.
  • Epsey E, Ogburn T. Long-acting reversible contraceptives: intrauterine devices and the contraceptive implant. Obstet & Gynecol 2011;117:705-18.
  • Hamilton BE, Martin JA, Ventura SJ. Births: preliminary data for 2009. Natl Vital Stat Rep 2010;59(3).
  • Abma J, Martinez G, Copen C. Teenagers in the United States: sexual activity, contraceptive use, and childbearing. National Survey of Family Growth 2006-2008. Vital Health Stat 2010;23(30).
  • World Health Organization Department of Reproductive Health and Research, Johns Hopkins Bloomberg School of Public Health. Family planning: a global handbook for providers. Baltimore MD: Johns Hopkins; 1997. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2007.
  • CDC. Methodology of the Youth Risk Behavior Surveillance System. MMWR 2004;53(No. RR-12).
  • Martinez G, Abma J, Copen C. Educating teenagers about sex in the United States. NCHS data brief no. 44. Hyattsville, MD: US Department of Health and Human Services, CDC; 2010.
  • CDC. Contraceptive methods available to patients of office-based physicians and Title X clinics-United States, 2009-2010. MMWR 2011;60:1-4.
  • Brener ND, Kann L, McManus T, Kinchen SA, Sundberg EC, Ross JG. Reliability of the 1999 youth risk behavior survey questionnaire. J Adolesc Health 2002;31:336-42.
  • CDC. Health risk behaviors among adolescents who do and do not attend school-United States, 1992. MMWR 1994;43:129-32.
  • Finer LB, Henshaw SK. Disparities in rates of unintended pregnancy in the United States, 1994 and 2001. Perspect Sex Reprod Health 2006;38:90-6.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ