一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)予防接種プログラムとサーベイランスデータとの比較に・・・

MMWR抄訳

rss

2011/04/08Vol. 60 / No. 13

MMWR60(13):410-413
Assessing Completeness of Perinatal Hepatitis B Virus Infection Reporting Through Comparison of Immunization Program and Surveillance Data - United States

予防接種プログラムとサーベイランスデータとの比較による周産期B型肝炎ウイルス感染症報告の完全性の評価-アメリカ

アメリカでは、毎年約24,000名のB型肝炎ウイルス(HBV)感染症の女性が出産している。HBVの母子感染を防ぐため、Advisory Committee on Immunization Practices(ACIP)はHBV感染女性より生まれた新生児に対して出生後12時間以内のB型肝炎ワクチン(HepB)とB型肝炎免疫グロブリン (HBIG)の曝露後予防投与と、その後のHepBシリーズの完全接種を推奨している。この予防接種による管理の必要な周産期HBV感染新生児を能動的に同定するため、1990年にCDCは連邦予防接種プログラムの一部として全国周産期B型肝炎予防プログラム(PHBPP)を設立した。現在、州および地域の保健局からCDCへの周産期HBV感染症の報告は、このPHBPPからの年間予防接種プログラム報告以外に伝染性疾患サーベイランスユニットからの National Notifiable Diseases Surveillance System(NNDSS)を介した受動的報告があることから、2005年に出生した新生児の周産期HBV感染症をレビューし、この2つのシステムで報告された周産期HBV感染新生児の数を比較した。周産期HBV感染小児数は、PHBPP(報告期間:2005年1月1日~2007年4月16日)からの報告がNNDSS(205年1月1日~2007年3月30日)からの報告よりも多かった(それぞれ68例、47例)。42例(58%)は両システムからの報告例であり、周産期HBV感染症新生児は全体で73例であった。さらにNNDSS報告期間の延長(2005年1月1日~2007年10月17日)などにより、全体で78例の周産期HBV感染症新生児を同定した(63例[84%]は両システムで報告)。全ての周産期B型肝炎症例の同定・管理と周産期HBV感染症の定量的評価を確実に行うためには、保健局における予防接種プログラム(PHBPP)と伝染性疾患サーベイランスユニットとの協働とコミュニケーションの改善が不可欠である。

References

  • Ward J. Time for renewed commitment to viral hepatitis prevention. Am J Public Health 2008;98:780-1.
  • CDC. A comprehensive immunization strategy to eliminate transmission of hepatitis B virus infection in the United States. Recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). Part 1: immunization of infants, children, and adolescents. MMWR 2005;54(No. RR-16).
  • CDC. Hepatitis, viral, perinatal hepatitis B virus infection acquired in the United States or U.S. territories. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 1995. Available at <http://www.cdc.gov/osels/ph_surveillance/nndss/casedef /hepatitisviralcurrent.htm>. Accessed April 4, 2011.
  • Din E, Wasley A, Jacques-Carroll L, Sirotkin B, Wang S. Estimating the number of births to hepatitis B virus-infected women in 22 states, 2006. Pediatric Infect Dis J 2011; January 24, 2011 [Epub ahead of print].
  • Willis BC, Wortley P, Wang SA, Jacques-Carroll L, Zhang F. Gaps in hospital policies and practices to prevent perinatal transmission of hepatitis B virus in the United States. Pediatrics 2010;125:704-11.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ