一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)インフルエンザアウトブレイク後のインフルエンザ様疾・・・

MMWR抄訳

rss

2011/04/08Vol. 60 / No. 13

MMWR60(13):406-409
Assessment of ESSENCE Performance for Influenza-Like Illness Surveillance After an Influenza Outbreak - U.S. Air Force Academy, Colorado, 2009

インフルエンザアウトブレイク後のインフルエンザ様疾患サーベイランスのためのESSENCEの性能評価-コロラド州、米国空軍士官学校、2009年

Electronic Surveillance System for the Early Notification of Community-Based Epidemics(ESSENCE)バージョン2は、軍事施設におけるインフルエンザ様疾患(ILI)の通常の季節的変動を検討するために有効なインターネットベースの症候性疾患サーベイランスシステムであるが、ILIアウトブレイクの早期発見とモニタリングには有効でない可能性がある。コロラド州の米国空軍士官学校における2009年パンデミックインフルエンザA(H1N1)アウトブレイク(2009年6月25日~7月8日)の発生後、CDCは ESSENCE ILIサーベイランスの性能を評価するためにアウトブレイク期間中の同学校クリニックの診療記録をレビューした。この報告は、その評価結果をまとめたものである。ESSENCEの性能のうちデータの質、適応性、代表性(全ての米国空軍士官学校クリニック受診者が含まれ、全ての医学的イベントを報告)は良好であったが、ILI症例を適時に同定できず(1~3日間遅延)、同定の感度と陽性予測値は低かった(それぞれ71.4%、31.8%)。したがって、パンデミックインフルエンザA(H1N1)による地域的アウトブレイクにおいて、ESSENCEは新興感染症の早期警告システムとして機能せず、感染拡大を緩徐にするための予防・制御法を実施できるほど早くアウトブレイクを発見することができなかったことが明らかになった。ESSENCEの適時性はクリニックからESSENCEサーバーへのより頻繁なインターネットデータの伝達によって、また陽性予測値はESSENCEでのILI症例の定義に体温測定 (37.8℃以上)を加えることによって改善する可能性がある。

References

  • CDC. ESSENCE II and the framework for evaluating syndromic surveillance systems. MMWR 2004;53(Suppl):159-65.
  • CDC. Updated guidelines for evaluating public health surveillance systems: recommendations from the Guidelines Working Group. MMWR 2001;50(No. RR-13).
  • Witkop CT, Duffy MR, Macias EA, et al. Novel influenza A (H1N1) outbreak at the U.S. Air Force Academy. Am J Prev Med 2010;38: 121-6.
  • Buehler JW, Sonticker A, Paladini M, Soper P, Mostashari F. Syndromic surveillance practices in the United States: findings from a survey of state, territorial, and selected local health departments. Adv Dis Surveill 2008;6:1-20.
  • Ang BCH, Chen MIC, Goh TLH, Ng YY, Fan SW. An assessment of electronic captured data in the Patient Care Enhancement System (PACES) for syndromic surveillance. Ann Acad Med Singapore 2005; 34:539-43.
  • CDC. Comparison of syndromic surveillance and a sentinel provider system in detecting an influenza outbreak-Denver, Colorado, 2003. MMWR 2005;54(Suppl):151-6.
  • Lewis MD, Pavlin JA, Boomsma LG, Yevgeniy E, Kelley PW. Disease outbreak detection system using syndromic data in the greater Washington DC area. Am J Prev Med 2002;23:180-6
  • Marsden-Haug N, Foster VB, Gould PL, Elbert E, Wang H, Pavlin JA. Code-based syndromic surveillance for influenza-like illness by International Classification of Diseases, Ninth Revision. Emerg Infect Dis 2007;13:207-16.
  • Batancourt JA, Hakre S, Polyak CS, Pavlin JA. Evaluation of ICD-9 codes for syndromic surveillance in the electronic surveillance system for the early notification of community-based epidemics. Mil Med 2007; 172:346-52.
  • Pattie DC, Atherton MJ, Cox KL. Electronic influenza monitoring: evaluation of body temperature to classify influenza-like illness in a syndromic surveillance system. Q Manage Health Care 2009;18: 91-102.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ