一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)豚のヘッドチーズの摂取に関連した侵襲性リステリア症・・・

MMWR抄訳

rss

2011/04/08Vol. 60 / No. 13

MMWR60(13):401-405
Outbreak of Invasive Listeriosis Associated with the Consumption of Hog Head Cheese - Louisiana, 2010

豚のヘッドチーズの摂取に関連した侵襲性リステリア症のアウトブレイク-ルイジアナ州、2010年

2010 年1月~6月、Louisiana Office of Public Health(OPH)は検査で確定した侵襲性リステリア症14例の報告を受けた(過去3年間のルイジアナ州における1月~6月のリステリア症患者数は平均5例)。このうち8例の血液から、同様のパルスフィールドゲル電気泳動(PFGE)パターンを示すListeria monocytogenes血清型1/2a分離された。この報告は、この8例の特徴と、CDC、Louisiana Department of Agriculture and Forestry(LDAF)、U.S. Department of Agriculture’s Food Safety and Inspection Service(USDA-FSIS)による疫学・環境調査の結果をまとめたものである。アウトブレイク関連リステリア症8例(男性6例、女性2例)の年齢中央値は64歳(38~93歳)であり、6例は1種類以上の基礎疾患があった(HIV感染症、アルコール中毒、癌、糖尿病)。症状・徴候は発熱(6 例)、精神状態変化(3例)、下痢(3例)、嘔吐(3例)などであり、7例が入院し、2例は死亡した。7月26日に徹底した疫学・環境調査を開始し、4例を対象とした食事歴の調査で3例は豚のヘッドチーズ(豚の頭や脚から作られたゼリー状の食べ物)を摂取していたことが明らかになった。ヘッドチーズの購入先であるルイジアナ州の2軒の食料品店は1種類のブランドのヘッドチーズしか販売していなかったことから、このヘッドチーズがアウトブレイク源であることが示唆された。その後の培養検査で、製品サンプル3件中1件、環境サンプル16件中2件よりL.monocytogenes血清型1/2aが分離され、それら分離株は患者由来株と同様のPFGEパターンを示した。この結果を受け、LDAFは8月14日にL.monocytogenesによる汚染の可能性があるということで約50万ポンドのヘッドチーズとソーセージの自主的リコールを開始した。これは、肉加工食品であるヘッドチーズに関連した侵襲性リステリア症のアウトブレイクの初めての公表報告である。リステリア症のアウトブレイクの調査とその後のListeria汚染食品の同定・リコールを行うためには、 PulseNet・分子学的サブタイピングネットワーク・Listeria Initiative・強化サーベイランスプログラムを組み合わせて利用することが必須である。

References

  • US Department of Agriculture, Food Safety and Inspection Service. Compliance guidelines to control Listeria monocytogene in post-lethality exposed ready-to-eat meat and poultry products. Washington, DC: US Department of Agriculture; 2006 Available at <http://www.fsis.usda.gov/oppde/rdad/frpubs/97-013f /lm_rule_compliance_guidelines_may_2006.pdf>. Accessed March 29, 2011.
  • Council of State and Territorial Epidemiologists. CSTE position statement 03-ID-01: Listeria case surveillance. Atlanta, GA: Council of State and Territorial Epidemiologists; 2003. Available at <http://www.cste.org/ps/ 2003pdfs/2003finalpdf/03-id-01revised.pdf>. Accessed March 29, 2011.
  • Ward TJ, Ducey TF, Usgaard T, Dunn KA, Bielawski JP. Multilocus genotyping assays for single nucleotide polymorphism-based subtyping of Listeria monocytogenes isolates. Appl Environ Microbiol 2008;74: 7629-42.
  • Varma JK, Samuel MC, Marcus R, et al. Listeria monocytogenes infection from foods prepared in a commercial establishment: a case-control study of potential sources of sporadic illness in the United States. Clin Infect Dis 2007;44:521-8.
  • Graves LM, Hunter SB, Ong AR, et al. Microbiological aspects of the investigation that traced the 1998 outbreak of listeriosis in the United States to contaminated hot dogs and establishment of molecular subtyping-based surveillance for Listeria monocytogenes in the PulseNet network. J Clin Microbiol 2005;43:2350-5.
  • Food and Drug Administration, US Department of Agriculture. Listeria monocytogenes risk assessment: quantitative assessment of relative risk to public health from foodborne Listeria monocytogenes among selected categories of ready-to-eat foods. Silver Spring, MD: US Food and Drug Administration; 2003. Available at <http://www.fda.gov/food/scienceresearch/researchareas /riskassessmentsafetyassessment/ucm183966.htm>. Accessed April 6, 2011.
  • Swaminathan B, Gerner-Smidt P. The epidemiology of human listeriosis. Microbes Infect 2007;9:1236-43.
  • US Department of Agriculture, Food Safety Inspection Service. Risk assessment for Listeria monocytogenes in deli meat. Washington, DC: US Department of Agriculture; 2003. Available at <http://www.fsis.usda.gov/pdf/lm_deli_risk_assess_final_2003.pdf>. Accessed March 29, 2011.
  • Gottlieb SL, Newborn, EC, Griffin PM, et al. Multistate outbreak of listeriosis linked to turkey deli meat and subsequent changes in US regulatory policy. Clin Infect Dis 2006;42:29-36.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ