一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)旅行先から帰国した生後6~23ヶ月の米国人により輸・・・

MMWR抄訳

rss

2011/04/08Vol. 60 / No. 13

MMWR60(13):397-400
Measles Imported by Returning U.S. Travelers Aged 6-23 Months, 2001-2011

旅行先から帰国した生後6~23ヶ月の米国人により輸入された麻疹、2001~2011年

米国では2000年に麻疹根絶宣言が出されたが、麻疹が風土病となっている世界の地域から帰国した米国人旅行者において輸入麻疹の発症が続いている。特に、年少小児は重度麻疹や死亡、後遺症(亜急性硬化性全脳炎など)のリスクが高い。2011年1月~2月に、CDCは旅行先から帰国した生後6~23ヶ月の米国人の輸入麻疹7例の報告を受けた。これら輸入麻疹症例の特徴を検討し近年の症例と比較するため、CDCはNational Notifiable Diseases Surveillance System(NNDSS)の2001年1月~2011年2月のデータを分析した。2011年1月~2月に報告された輸入麻疹症例は16例であり、このうち13例(81%)が米国住民であった。13例中7例(54%)は生後7~23ヶ月(中央値10ヶ月)であり、4例は麻疹関連合併症(下痢・脱水症:2 例、発熱持続:1例、肺炎:1例)のため入院した。入院期間中央値は3.5日で、7例全例が回復した。7例の渡航先は、インドが3例(1例はカタールにも滞在)、フィリピン、ナイジェリア、ハイチ、ドミニカ共和国が各1例であった。ハイチとドミニカ共和国で感染した2例は、空港や滞在先での他の麻疹感染者との接触が原因と考えられた。2001~2010年には輸入麻疹症例が292例報告され、このうち159例(54%)が米国住民であり、生後6~23ヶ月の小児は47例(30%)であった(生後6~11ヶ月:23例、12~15ヶ月:18例、16~23ヶ月:6例、年間発症数3~8例)。14例(30%) が入院したが、死亡例の報告はなかった。生後6~23ヶ月の小児には、米国で現在使用可能な唯一の麻疹含有ワクチンである麻疹・ムンプス・風疹(MMR) ワクチンの接種が推奨されているが、2011年1月~2月に報告された輸入麻疹7例全例が旅行前にワクチンを接種しておらず、2001~2010年に報告された47例のうちワクチンを接種していたのは3例のみであった。米国外に旅行する生後6~11ヶ月の小児は、旅行先がどこであっても旅行前にMMRワクチンを1回接種するべきであり、生後12ヶ月以上の小児は少なくとも28日間隔でMMRワクチンを2回接種するべきである。

References

  • Bellini WJ, Rota JS, Lowe LE, et al. Subacute sclerosing panencephalitis: more cases of this fatal disease are prevented by measles immunization than was previously recognized. J Infect Dis 2005;192:1686-93.
  • Miller DL. Frequency of complications of measles, 1963. Report on a national inquiry by the Public Health Laboratory Service in collaboration with the Society of Medical Officers of Health. Br Med J 1964;2:75-8.
  • CDC. Measles, mumps, and rubella-vaccine use and strategies for elimination of measles, rubella, and congenital rubella syndrome and control of mumps: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). MMWR 1998;47(No. RR-8).
  • CDC. Manual for the surveillance of vaccine-preventable diseases. 4th ed., 2008-2009. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2009. Available at <http://www.cdc.gov/vaccines/pubs/surv-manual/default.htm>. Accessed April 4, 2011.
  • Orenstein WA, Papania MJ, Wharton ME. Measles elimination in the United States. J Infect Dis 2004;189(Suppl 1):S1-3.
  • American Academy of Pediatrics. Measles. In: Pickering LK, Baker CJ, Kimberlin DW, Long SS, eds. Red book: 2009 report of the Committee on Infectious Diseases. 28th ed. Elk Grove Village, IL: American Academy of Pediatrics; 2009:444-55. Available at <http://aapredbook.aap publications.org/cgi/content/full/2009/1/3.77>. Accessed April 4, 2011.
  • CDC. Preventable measles among U.S. residents, 2001-2004. MMWR 2005;54:817-20.
  • Parker Fiebelkorn A, Redd SB, Gallagher K, et al. Measles in the United States during the postelimination era. J Infect Dis 2010;202:1520-8.
  • CDC. Measles outbreak-Hennepin County, Minnesota, February-March 2011. MMWR 2011;60:421.
  • CDC. The pre-travel consultation: routine vaccine-preventable diseases. In: Traveler’s health: yellow book [Chapter 2]. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2009. Available at <http://wwwnc.cdc.gov/travel/yellowbook/2010/chapter-2/measles.aspx>. Accessed April 4, 2011.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ