一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)破傷風のサーベイランス-アメリカ、2001~201・・・

MMWR抄訳

rss

2011/04/01Vol. 60 / No. 12

MMWR60(12):365-369
Tetanus Surveillance - United States, 2001-2008

破傷風のサーベイランス-アメリカ、2001~2011年

破傷風はClostridium tetaniの毒素による致死性疾患であるが、ワクチン接種により予防は可能であり、アメリカでは1947年以降、症例数は95% 減少し、死亡数は99%減少している。今回、CDCはNational Notifiable Diseases Surveillance System(NNDSS)の2001~2008データを分析し、破傷風による致死リスクの高い集団について報告した。この期間における破傷風の症例数は国内45州において233例報告されており、年齢中央値は49(5~94)歳、性別では男性:138例、女性:95例、転帰の明らかな197例のうち26 例(13.2%)が死亡していた。州別ではカリフォルニア:60、フロリダ:25、テキサス:12、ニューヨーク:12、ペンシルベニア:11例にて多く、この5州で半数以上の120例(51.5%)を占める。平均年間発症率は100万人あたり0.10で、年齢別では65歳以上にて0.23(5~64 歳:0.08)と高値であり、人種の明らかな179例では、白人:0.08、黒人:0.07、アメリカンインディアン/アラスカ原住民:0.09、アジア /太平洋諸島:0.07、その他:0.02とほぼ同等であった。破傷風トキソイド(TT)を含むワクチンの接種状況は92/233例(39.5%)にて報告され、うち37例(40.7%)は未接種、26例(28.3%)が1回、5例(5.4%)が3回、24例(26.1%)が4回以上の接種を受けていた。また、病歴の明らかな195例では30例(15.4%)が糖尿病の病歴を有し、注射薬物使用者(IDU)は27/176例(15.3%)であり、うち16 例(59.3%)はラテン系であった。破傷風発症前の急性創傷は167例(71.7%)、慢性創傷(糖尿病性潰瘍、歯性膿瘍など)は31例(13.3%) にて認められ、22例(9.4%)は創傷や感染症はなかったと報告していた。致死リスクの高い症例は65歳以上、糖尿病例、TTワクチン未接種例であったが、多変量解析では年齢による有意性のみが認められた。破傷風は依然として致死性疾患であることから、とくに65歳以上の症例、糖尿病例、IDUに関してはTTワクチンの接種状態を把握することが重要であると考える。

References

  • CDC. Tetanus surveillance-United States, 1998-2000. MMWR 2003; 52(No. SS-3).
  • CDC. National, state, and local area vaccination coverage among children aged 19-35 months-United States, 2008. MMWR 2009;58:921-6.
  • CDC. National, state, and local area vaccination coverage among adolescents aged 13-17 years-United States, 2008. MMWR 2009;58:997-1001.
  • CDC. Preventing tetanus, diphtheria, and pertussis among adults: use of tetanus toxoid, reduced diphtheria toxoid and acellular pertussis vaccine (Tdap). Recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP) and recommendations of ACIP, supported by the Healthcare Infection Control Practices Advisory Committee (HICPAC), for use of Tdap among health-care personnel. MMWR 2006;55(No. RR-17).
  • Topinkova E, Maresova V. Tetanus and pertussis vaccines: their usefulness in the aging population. Aging Clin Exp Res 2009;21:229-35.
  • CDC. Vaccination coverage among U.S. adults, National Immunization Survey-adult, 2007. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2008. Available at <http://www.cdc.gov/vaccines/stats-surv/nis/downloads/nis-adult-summer- 2007.pdf>. Accessed March 28, 2011.
  • Backer EL, Gregory P, Jaén CR, Crabtree BF. A closer look at adult female health care maintenance visits. Fam Med 2006;38:355-60.
  • Nowalk MP, Zimmerman RK, Cleary SM, Bruehlman RD. Missed opportunities to vaccinate older adults in primary care. J Am Board Fam Pract 2005;18:20-7.
  • Talan DA, Abrahamian FM, Moran GJ, et al. Tetanus immunity and physician compliance with tetanus prophylaxis practices among emergency department patients presenting with wounds. Ann Emerg Med 2004;43:305-14.
  • CDC. Crude and age-adjusted percentage of the civilian, noninstitutionalized population with diagnosed diabetes, United States, 1980-2007. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2010. Available at <http://www.cdc.gov/diabetes/statistics/prev/national/figage.htm>. Accessed March 28, 2011.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ