一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)癌生存者-アメリカ、2007年

MMWR抄訳

rss

2011/03/11Vol. 60 / No. 9

MMWR60(9):269-272
Cancer Survivors - United States, 2007

癌生存者-アメリカ、2007年

癌は、早期診断・治療の進歩により治癒可能疾患あるいは慢性疾患となっている。アメリカにおける癌生存者の数は1971年の300万人(アメリカ人口の 1.5%)から2001年には980万人(3.5%)に増加した。2004年に発表されたこのデータを更新するため、National Cancer Institute(NCI)とCDCは9地域のSurveillance, Epidemiology, and End Results(SEER)プログラムにおける癌の発症とその後の経過に関するデータを分析し、2007年1月1日に生存していた癌生存者の人数を推定した。癌生存者は2001年の980万人から2007年には1,170万人(アメリカ人口の3.9%)に増加した。生存者における癌のタイプは女性乳癌 (22.1%)、前立腺癌(19.4%)、結腸直腸癌(9.5%)が最も一般的であった。全生存者の54.3%は女性、45.7%は男性であった。 2007年1月1日の時点で生存者の59.5%は65歳以上、35.2%は40~64歳、4.5%は20~39歳であり、19歳以下は1%未満であった。また全体の約64.8%が癌の診断から5年以上生存しており、5年以上生存者の57.2%、15年以上生存者の67.5%、25年以上生存者(約110万人)の75.4%は女性であった。多くの癌生存者は診断後長期間生存し、またアメリカでは高齢化が進んでいることから、癌既往歴のある人の数は今後も増加し続けると予測される。公衆衛生・健康管理専門家は癌生存者の身体的・心理社会的健康に対する癌の長期・後期影響を評価し、協力して管理を行い、新たな発癌や再発リスクを低下させるために健康行動(禁煙、身体活動など)を奨励する必要がある。

References

  • Pollack LA, Rowland JH, Crammer C, Stefanek M. Introduction: charting the landscape of cancer survivors’ health-related outcomes and care. Cancer 2009;115(18 Suppl):4265-9.
  • CDC. Cancer survivorship-United States, 1971-2001. MMWR 2004;53:526-9.
  • National Cancer Institute. Cancer prevalence statistics: approaches to estimation using cancer registry data. Bethesda, MD: National Cancer Institute; 2010. Available at <http://srab.cancer.gov/prevalence/approaches.html>. Accessed March 4, 2011.
  • Hewitt M, Greenfield S, Stovall E, eds. From cancer patient to cancer survivor: lost in transition. Washington, DC: The National Academies Press; 2005.
  • Warren JL, Mariotto AB, Meekins A, Topor M, Brown ML. Current and future utilization of services from medical oncologists. J Clin Oncol 2008;26:3242-7.
  • Altekruse SF, Kosary CL, Krapcho M, et al., eds. SEER cancer statistics review, 1975-2007. Bethesda, MD: National Cancer Institute; 2010 (based on November 2009 data submission). Available at <http://seer.cancer.gov/csr/1975_2007>. Accessed March 4, 2011.
  • Rowland JH, Bellizzi KM. Cancer survivors and survivorship research: a reflection on today’s successes and tomorrow’s challenges. Hematol Oncol Clin North Am 2008;22:181-200.
  • National Cancer Institute. SEER: Surveillance, Epidemiology, and End Results Program. Bethesda, MD: National Cancer Institute; 2010. Available at <http://seer.cancer.gov/about/SEER_brochure.pdf>.
  • Hewitt M, Breen N, Devesa S. Cancer prevalence and survivorship issues: analyses of the 1992 National Health Interview Survey. J Natl Cancer Inst 1999;91:1480-6.
  • Mariotto AB, Rowland JH, Ries LA, Scoppa S, Feuer EJ. Multiple cancer prevalence: a growing challenge in long-term survivorship. Cancer Epidemiol Biomarkers Prev 2007;16:566-71.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ