一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)短い睡眠時間が日常活動に及ぼす影響-アメリカ、20・・・

MMWR抄訳

rss

2011/03/04Vol. 60 / No. 8

MMWR60(8):239-242
Effect of Short Sleep Duration on Daily Activities - United States, 2005-2008

短い睡眠時間が日常活動に及ぼす影響-アメリカ、2005~2008年

National Sleep Foundationは、成人の睡眠時間は1日7~9時間が必要であるとしており、睡眠時間の過多および不足は疾病率や死亡率の増加と相関すると報告されているが、実際、睡眠不足が日常活動に及ぼす影響についての検討はない。今回、CDCは2005~2008年のNational Health and Nutrition Examination Survey(NHANES)のデータから、平日の睡眠不足(7時間未満)が日常活動に及ぼす影響を分析した。睡眠時間不足は全体の37.1%であり (7~9時間:60.5%、9時間以上:2.4%)、睡眠不足の人は7~9時間睡眠している人に比べ睡眠関連項目(集中力、記憶力、趣味に費やす時間、運転または公共交通機関の利用、金銭の管理、就労/ボランティア活動)全てが低下しており、日常活動への影響が認められた。睡眠不足は年齢別では20~39 歳、40~59歳にてそれぞれ37.0%、40.3%と多く、人種別では非ラテン系白人(34.5%)、メキシコ系アメリカ人(35.2%)に対し非ラテン系黒人(53.0%)にて多く、性別では男性:39.8%、女性:35.3%と有意差は認めなかった。また、1人あたりの睡眠関連障害は3つ以上との回答が13.5%認められた。以上、アメリカでは成人の約1/3が睡眠不足であり、日常活動に支障を来していることが示された。睡眠不足の場合には睡眠時間を一定にする、就寝の2時間前からは刺激的な活動を避ける、夜はカフェイン、ニコチン、アルコールを摂取しない、就寝の際は満腹/空腹としない、暗く静かな環境で快適な温度にて就寝するなど、生活習慣の改善が重要である。また、専門医による詳細な診断や薬物療法を要する場合も考えられる。

References

  • National Sleep Foundation. How much sleep do we really need? Washington, DC: National Sleep Foundation; 2010. Available at <http://www.sleepfoundation.org/article/how-sleep-works/how-much-sleep- do-we-really-need>. Accessed February 22, 2011.
  • CDC. Unhealthy sleep-related behaviors-12 states, 2009. MMWR 2011;60:233-8.
  • Weaver TE, Laizner AM, Evans LK, et al. An instrument to measure functional status outcomes for disorders of excessive sleepiness. Sleep 1997;20:835-43.
  • Herrmann US, Hess CW, Guggisberg AG, Roth C, Gugger M, Mathis J. Sleepiness is not always perceived before falling asleep in healthy, sleep-deprived subjects. Sleep Med 2010;11:747-51.
  • Institute of Medicine. Sleep disorders and sleep deprivation: an unmet public health problem. Washington, DC: National Academies Press; 2006. Available at <http://www.iom.edu/cms/3740/23160/33668.aspx>. Accessed February 22, 2011.
  • Ram S, Seirawan H, Kumar SKS, Clark GT. Prevalence and impact of sleep disorders and sleep habits in the United States. Sleep Breath 2010;14:63-70.
  • National Highway Traffic Safety Administration. Drowsy driving. Ann Emerg Med 2005;45:433-4.
  • Gillin JC, Drummond SPA, Clark CP, Moore P. Medication and substance abuse [Chapter 115]. In: Kryger MH, Roth T, Dement WC, eds. Principles and practice of sleep medicine. 4th ed. Philadelphia, PA: Elsevier; 2005.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ