一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)睡眠に関連する不健康な行動-12州、2009年

MMWR抄訳

rss

2011/03/04Vol. 60 / No. 8

MMWR60(8):233-238
Unhealthy Sleep-Related Behaviors - 12 States, 2009

睡眠に関連する不健康な行動-12州、2009年

アメリカでは約5,000~7,000万人が慢性の睡眠および覚醒障害を有すると推定されている。睡眠障害は慢性疾患、精神障害、健康リスク行動、日常活動の制限、怪我、死亡率と関連するため、National Sleep Foundationは個人差はあるが、成人の睡眠時間は1日7~9時間が必要であるとしている。CDCは2009年に実施したBehavioral Risk Factor Surveillance System(BRFSS)に睡眠に関する質問事項を追加し、データの分析を行った。調査対象はカリフォルニア、ジョージア、ハワイ、イリノイ、カンザス、ルイジアナ、メリーランド、ミネソタ、ネブラスカ、ニューヨーク、テキサス、ワイオミング州(計12州)の18歳以上の成人74,571名であり、回答率はメリーランド州:40.0%~ネブラスカ州:66.9%であった。その結果、35.3%が1日の平均睡眠時間が7時間未満であると回答し、65歳以上にて少なく(24.5%)、人種別では非ラテン系黒人にて多く(48.3%)、性別による有意差は認めなかった(男性:35.3%、女性:35.2%)。いびきは48.0%があると報告し、18~24歳にて少なく(25.6%)、ラテン系にて多く(50.6%)、女性(39.6%)に比べ男性にて多かった(56.5%)。また、調査前30日間に、少なくとも1日、昼間に無意識のうちに眠ってしまったと回答した人は37.9%、運転中にうたた寝または居眠りをしてしまったと回答した人は4.7%であった。このような睡眠の質に関する調査は今後も継続し、睡眠障害とその健康への影響について理解を深める必要があると思われる。その第一段階として睡眠障害に関する一般の認識を高め、睡眠に関する医療専門家を教育、訓練する必要性が示唆される。

References

  • Institute of Medicine. Sleep disorders and sleep deprivation: an unmet public health problem. Washington, DC: The National Academies Press; 2006.
  • Ram S, Seirawan H, Kumar SK, Clark GT. Prevalence and impact of sleep disorders and sleep habits in the United States. Sleep Breath 2010;14:63-70.
  • CDC. Public health surveillance for behavioral risk factors in a changing environment: recommendations from the Behavioral Risk Factor Surveillance Team. MMWR 2003;52(No. RR-9).
  • National Highway Traffic Safety Administration and National Center on Sleep Disorders Research. Drowsy driving and automobile crashes. Washington, DC: National Highway Traffic Safety Administration. Available at <http://www.nhtsa.gov/people/injury/drowsy_driving1/drowsy.html#ncsdr /nhtsa>. Accessed February 25, 2011.
  • National Institutes of Health, National Center on Sleep Disorders Research. National sleep disorders research plan. Bethesda, MD: National Institutes of Health; 2003. Available at <http://www.nhlbi.nih.gov/health/prof/sleep/res_plan/index.html>. Accessed February 25, 2011.
  • Schoenborn CA, Adams PF. Sleep duration as a correlate of smoking, alcohol use, leisure-time physical inactivity, and obesity among adults: United States, 2004-2006. Hyattsville, MD: National Center for Health Statistics; 2008. Available at <http://www.cdc.gov/nchs/data/hestat/sleep04-06/sleep04-06.pdf>. Accessed February 25, 2011.
  • CDC. Effect of short sleep duration on daily activities-United States, 2005-2008. MMWR 2011;60:239-42.
  • Bixler E. Sleep and society: an epidemiological perspective. Sleep Med 2009;10(suppl 1):S3-6.
  • Strine TW, Chapman DP. Associations of frequent sleep insufficiency with health-related quality of life and health behaviors. Sleep Med 2005;6:23-7.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ