一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)急性脳卒中の管理を改善するための登録の使用-7州、・・・

MMWR抄訳

rss

2011/02/25Vol. 60 / No. 7

MMWR60(7):206-210
Use of a Registry to Improve Acute Stroke Care - Seven States, 2005-2009

急性脳卒中の管理を改善するための登録の使用-7州、2005~2009年

アメリカでは毎年約79.5万人が脳卒中を経験しており、約700万人が脳卒中の既往歴があり、2007年の脳血管疾患関連費用は410億ドルと推定されている。2004~2009年、CDCは7州の保健局に対して脳卒中管理の質を改善するための登録(Paul Coverdell National Acute Stroke Registry[PCNASR])を行う資金を提供した。CDCはPCNASRで実施される質改善活動の一部として10項目の管理の質尺度の順守状況を監視していることから、この7州の保健局を対象に2005~2009年の順守状況を評価した。質尺度の内容は、嚥下困難のスクリーニング、脳卒中教育、組織プラスミノーゲンアクチベータ(tPA)の静注、退院時の脂質測定/脂質低下薬の処方、深部静脈血栓症/静脈血栓塞栓症の予防、リハビリテーションのための評価、心房細動患者に対する抗凝固薬処方、入院後48時間以内の抗血栓薬投与、退院時の抗血栓薬処方、禁煙指導である。2005~2009年の7州におけるPCNASR登録参加病院数は全体で303施設であり、脳卒中による受診患者数は139,260例であった(出血性:13.6%、虚血性:58.9%、出血/虚血性以外:5.9%、一過性虚血性発作:21.6%)。患者の年齢は18~108歳で、53%は女性、74%は非ラテンアメリカ系白人であった。2005年から2009年にかけて質尺度の順守率は10項目中9項目(退院時の抗血栓薬処方以外)で改善した。尺度順守の平均年間改善率はtPA静注(11%)、禁煙指導(9.2%)、脂質測定/脂質低下薬処方(7.6%)、嚥下困難のスクリーニング(6.6%)、脳卒中教育(6.0%)が高かった。また無欠陥管理率 (出血性・虚血性・出血/虚血性以外・一過性虚血性発作の各患者に必要とされる質尺度の全てを順守)もこの期間中改善した。病院における急性脳卒中管理の質の改善に公衆衛生局や州の保健局が介入することは、アメリカ全体における脳卒中管理の質の改善に有益である。

References

  • Roger VL, Go AS, Lloyd-Jones DM, et al. Heart disease and stroke statistics-2011 update: a report from the American Heart Association. Circulation 2010;123:e18-209.
  • CDC. Paul Coverdell National Acute Stroke Registry Surveillance-four states, 2005-2007. MMWR 2009;58(No. SS-7).
  • CDC. Consensus stroke performance measures. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2010. Available at http://www.cdc.gov/dhdsp/docs/pcnasr_performance_measures.pdf. Accessed February 16, 2011.
  • National Quality Forum. National voluntary consensus standards for stroke prevention and management across the continuum of care: a consensus report. Washington, DC: National Quality Forum; 2009.
  • Institute for Health Care Improvement. Bundle Up for Safety. Cambridge, MA: Institute for Health Care Improvement; 2011. Available at <http://www.ihi.org/ihi/topics/criticalcare/intensivecare/improvementstories/bundle upforsafety.htm>. Accessed February 16, 2011.
  • Reeves MJ, Broderick JP, Frankel M, et al. The Paul Coverdell National Acute Stroke Registry: initial results from four prototypes. Am J Prev Med 2006;31(6 Suppl 2):S202-9.
  • Fonarow GC, Reeves MJ, Smith EE, et al. Characteristics, performance measures, and in-hospital outcomes of the first one million stroke and transient ischemic attack admissions in Get With The Guidelines-Stroke. Circ Cardiovasc Qual Outcomes 2010 [Epub ahead of print].
  • Rahiman A, Saver JL, Porter V, et al. In-hospital initiation of secondary prevention is associated with improved vascular outcomes at 3 months. J Stroke Cerebrovasc Dis 2008;17:5-8.
  • Flaherty ML, Haverbusch M, Sekar P, et al. Long-term mortality after intracerebral hemorrhage. Neurology 2006;66:1182-6.
  • George MG, Matters MD, McGruder HF, Valderrama AL, Xie J. The role of public health in promoting quality improvement in care for stroke and heart disease. Prev Chronic Dis 2008;5:A62.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ