一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)最新情報:インフルエンザ活性-アメリカ、2010年・・・

MMWR抄訳

rss

2011/02/18Vol. 60 / No. 6

MMWR60(6)175-181
Update: Influenza Activity - United States, October 3, 2010-February 5, 2011

最新情報:インフルエンザ活性-アメリカ、2010年10月3日~2011年2月5日

2010-11 年期におけるインフルエンザ活性の最新情報を報告する。2010年10月3日~2011年2月5日、アメリカではWHOおよびNational Respiratory and Enteric Virus Surveillance System (NREVSS)により116,255の呼吸器検体が検査され、うち22,641検体(19.5%)がインフルエンザ陽性であった(A型:16,496、 B型:6,145)。血清型の分析はインフルエンザA型11,094検体で行われ、インフルエンザA(H3):71%、2009インフルエンザ A(H1):29%であった。インフルエンザ活性は2011年2月5日の時点で37の州と地域から報告されている。インフルエンザ様疾患(ILI)による外来受診者(/週)は1.1~4.6%であり、12月19日以降、全国基準値(2.5%)を上回っている。インフルエンザによる入院はEIPサーベイランスデータでは0~4歳にて10万人あたり14.5、5~17歳:2.5、18~49歳:3.5、50~64歳:6.3、65歳以上:18.8、 FluSurv-NETデータではそれぞれ10万人あたり18.5、3.2、4.2、7.5、21.3であり、肺炎およびインフルエンザ (P&I)関連死亡率は6.0~8.4%であり、1月19日以降、流行閾値を超えている。また、死亡例は18州にて小児30例[インフルエンザA(H3N2):9、B:12、A(H1N1):3、A(血清型不明):6例]であった。抗原性の分析では2009 A(H1N1)は82検体全て A/California/7/2009、A(H3N2)は298/300検体がA/Perth/16/2009、B型は169/182検体がB /Brisbane/60/2008と、いずれも2010-11インフルエンザワクチン成分と一致した。また、抗ウイルス活性はA(H3N2):158、 B:119検体全てがオセルタミビル、ザナミビル感受性を示した。インフルエンザ活性のピークは例年2月であるため、今後、症例数の増加が懸念される。 Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP)の勧告に基づき、予防接種を徹底することが重要である。

References

  • CDC. Update: influenza activity-United States, October 3, 2010- December 11, 2011.MMWR 2010;59:1651-5.
  • CDC. Prevention and control of influenza with vaccines: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). MMWR 2010;59(No. RR-8).
  • Dao CN, Kamimoto L, Nowell M, et al. Adult hospitalizations for laboratory-positive influenza during the 2005-2006 through 2007-2008 seasons in the United States. J Infect Dis 2010;202:881-8.
  • CDC. Antiviral agents for the treatment and chemoprophylaxis of influenza: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). MMWR 2011;60(No. RR-1):1-24.
  • CDC. Deaths related to 2009 pandemic influenza A (H1N1) among American Indian/Alaska Natives-12 states, 2009. MMWR 2009;58:1341-4.
  • Jain S, Kamimoto L, Bramley AM, et al. Hospitalized patients with 2009 H1N1 influenza in the United States, April-June 2009. N Engl J Med 2009;361:1935-44.
  • Morgan OW, Bramley A, Fowlkes A, et al. Morbid obesity as a risk factor for hospitalization and death due to 2009 pandemic influenza A(H1N1) disease. PLoS ONE 2010; 5:e9694. Morgan OW, Bramley A, Fowlkes A, et al. Morbid obesity as a risk factor for hospitalization and death due to 2009 pandemic influenza A(H1N1) disease. PLoS ONE 2010; 5:e9694.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ