一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)給水停止の延長が地域保健に及ぼす影響-アラバマ州、・・・

MMWR抄訳

rss

2011/02/18Vol. 60 / No. 6

MMWR60(6):161-166
Community Health Impact of Extended Loss of Water Service - Alabama, January 2010

給水停止の延長が地域保健に及ぼす影響-アラバマ州、2010年

2010 年1月4~11日、夜間の気温が-11~-6℃となり、生活用水の供給ラインが破裂し、アラバマ州の2つの地域(A地区、B地区)にて水の供給が停止した。Alabama Department of Public Health (ADPH)およびCDCは2010年2月26日~3月9日、水の供給停止による生活への影響などについて調査を行った。A地域では1月8日より水の供給が減少、10日には90%が停止し、B地域では9日より供給が停止していた。回答のあった470世帯、1,283名[平均36歳(0~94歳)、女性:54%、黒人:55%、白人:44%]中被害のなかった世帯は126(35.9%)、給水停止、水圧低下、給水および水圧低下の被害はそれぞれ 57(10.4%)、102(22.7%)、185(31.3%)世帯が受けた。給水停止期間は7日未満:130(23.4%)、7日以上:111(17.7%)、なし:229(59.0%)、水圧低下期間は1~2日間:146(28.7%)、3~6日間:83(15.3%)、7日間以上:53(8.9%)、なし:183(47.0%)であった。1月4~31日において、急性胃腸炎(AGI)は被害のなかった世帯では13名(4.3%) に発症し、給水および水圧低下世帯では67名(12.4%、AOR=2.6)と多く、給水停止期間が7日間以上の世帯では46名(13.2%、 AOR=2.4)、水圧低下期間が7日間以上の世帯では23名(15.6%、AOR=3.5)であった。また、470世帯のうち、水道管が破裂した世帯は 108世帯(23%)であり、水を備蓄していた世帯は210世帯(45%)、5ガロン以上を備蓄していた世帯は10%未満であった。CDCには今後このような水道水の供給に関する緊急事態に備え、水の供給計画を見直すとともに、情報提供の徹底、備蓄の奨励および供給が停止した場合の準備などを行うよう指示している。

References

  • World Health Organization. Guidelines for drinking-water quality. 3rd ed. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2008. Available at <http://www.who.int/water_sanitation_health/dwq/fulltext.pdf>. Accessed February 14, 2011.
  • Jones TF, McMillian MB, Scallan E, et al. A population-based estimate of the substantial burden of diarrhoeal disease in the United States; FoodNet, 1996-2003. Epidemiol Infect 2007;135:293-301.
  • Craun GF, Brunkard JM, Yoder JS, et al. Causes of outbreaks associated with drinking water in the United States from 1971 to 2006. Clin Microbiol Rev 2010;23:507-28.
  • Hunter PR, Chalmers RM, Hughes S, Syed Q. Self-reported diarrhea in a control group: a strong association with reporting of low-pressure events in tap water. Clin Infect Dis 2005;40:e32-4.
  • Nygard K, Wahl E, Krogh T, et al. Breaks and maintenance work in the water distribution systems and gastrointestinal illness: a cohort study. Int J Epidemiol 2007;36:873-80.
  • Payment P, Siemiatycki J, Richardson L, Renaud G, Franco E, Prevost M. A prospective epidemiological study of gastrointestinal health effects due to the consumption of drinking water. Int J Environ Health Res 1997;7:5-31.
  • LeChevallier MW, Gullick RW, Karim MR, Friedman M, Funk JE. The potential for health risks from intrusion of contaminants into the distribution system from  pressure transients. J Water Health 2003;1:3-14.
  • Hennessy TW, Ritter T, Holman RC, et al. The relationship between in-home water service and the risk of respiratory tract, skin, and gastrointestinal tract infections among rural Alaska natives. Am J Public Health 2008;98:2072-8.
  • Kirmeyer G, Richards W, Smith C. An assessment of water distribution systems and associated research needs. Denver, CO: American Water Works Association Research Foundation; 1994.
  • American Water Works Association. Dawn of the replacement era: reinvesting in drinking water infrastructure. Denver, CO: American Water Works Association; 2001. Available at <http://www.win-water.org/reports/infrastructure.pdf>. Accessed February 14, 2011.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ