一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)逆順梅毒スクリーニングによる結果の不一致-5研究所・・・

MMWR抄訳

rss

2011/02/11Vol. 60 / No. 5

MMWR60(5):133-137
Discordant Results from Reverse Sequence Syphilis Screening - Five Laboratories, United States, 2006-2010

逆順梅毒スクリーニングによる結果の不一致-5研究所、アメリカ、2006~2010年

CDC は梅毒の可能性がある未治療患者を同定するため、非トレポネーマ抗原による血清学的スクリーニング(迅速血漿レアギン[RPR]法、Venereal Disease Research Laboratory [VDRL]法)とその後のトレポネーマ抗原検査による診断確定を推奨している。しかし近年、トレポネーマの自動化酵素抗体法/化学発光免疫測定法 (EIA/CIA)が利用可能となったことから、検査時間短縮などのため一部の研究所はトレポネーマEIA/CIA法でのスクリーニング後に非トレポネーマ抗原検査で診断を確定するという順序を逆にした梅毒検査法を導入した。この逆順梅毒スクリーニングの性能を評価するため、CDCは2006~2010年に逆順スクリーニングを行った5ヶ所の検査室のデータを分析した。対象とした5ヶ所の検査室のうち、3ヶ所は梅毒の有病率が低い患者集団(大規模マネージドケア組織)、2ヶ所は梅毒の有病率が高い患者集団(男性同性愛者やHIV感染症患者を含む)を対象としていた。2006~2010年にトレポネーマ EIA/CIA法による初回スクリーニングを行った血清140,176検体のうち、4,834検体(3.4%)が反応陽性であった。しかしこの反応陽性血清のうち2,743検体(56.7%)はRPR法で反応陰性であり、866検体(31.6%)は別のトレポネーマ抗原検査 (Treponema pallidum粒子凝集[TP-PA]法、蛍光トレポネーマ抗体吸着[FTA-ABS]法)で反応陰性であった。この結果より、これら血清のEIA/CIA法での結果は偽陽性であったことが示唆された。結果が不一致であった血清のTP-PA/FTA-ABS陰性率は梅毒有病率の低い集団が高い集団よりも2.9倍高く(40.8%、14.1%)、梅毒有病率の低い集団はEIA/CIA法での偽陽性率が高いことが明らかになった。CDC は、従来の梅毒検査アルゴリズム(非トレポネーマ抗原検査によるスクリーニング後、トレポネーマ抗原検査による確定診断)を推奨し続けている。また逆順スクリーニングを行う場合には、全てのEIA/CIA陽性血清を定量的RPR法あるいは他の非トレポネーマ抗原検査で評価し、結果が一致しなかった血清 (EIA/CIA陽性、RPR/VDRL陰性)についてはTP-PA法により確定診断することを推奨した。全ての梅毒検査結果は、医師と保健局に迅速かつ同時に報告する必要がある。

References

  • Romanowski B, Sutherland R, Fick GH, Mooney D, Love EJ. Serologic response to treatment of infectious syphilis. Ann Intern Med 1991; 114:1005-9.
  • CDC. Syphilis testing algorithms using treponemal tests for initial screening-four laboratories, New York City, 2005-2006. MMWR 2008; 57:872-5.
  • Sena AC, White BL, Sparling PF. Novel Treponema pallidum serologic tests: a paradigm shift in syphilis screening for the 21st century. Clin Infect Dis 2010;51:700-8.
  • Borenstein LA, Spotkov JM, Cox DL, Novak-Weekley SM. High throughput laboratory experience using the Trep-Chek EIA as a screening test for syphilis [C-097]. Presented at the American Society for Microbiology 106th General Meeting. Orlando, FL; May 21-25, 2006.
  • Park IU, Schapiro JM, Chow JM, Stanley M, Shieh J, Bolan G. Treponemal immunoassays for syphilis testing: how should we manage patients with discrepant serology [P2.110]? Presented at the International Society for STD Research. London, England; June 30, 2009.
  • Philips-Rodriguez D, Perlman D, Schillinger J. Past and current syphilis diagnoses among Treponema pallidum EIA+/RPR- patients with a high rate of HIV infection; findings from medical record review, New York City, 2008-2009 [LBe]. Presented at the 2010 National STD Prevention Conference. Atlanta, GA; March 10, 2010.
  • Pohl D, Hotton A, Gratzer B, et al. Discordant syphilis EIA test results: are newer tests better [D4a]? Presented at the 2010 National STD Prevention Conference. Atlanta, GA; March 11, 2010.
  • Pope V. Use of treponemal tests to screen for syphilis. Infect Med 2004; 8:399-404.
  • Marangoni A, Sambri V, Storni E, D’Antuono A, Negosanti M, Cevenini R. Treponema pallidum surface immunofluorescence assay for serologic diagnosis of syphilis. Clin Diagn Lab Immunol 2000;7:417-21.
  • Cole MJ. Comparative evaluation of 15 serological assays for the detection of syphilis infection. Eur J Clin Microbiol Infect Dis 2007;26:705-13.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ