一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)バイタルサイン:高血圧症の罹患率、治療およびコント・・・

MMWR抄訳

rss

2011/02/04Vol. 60 / No. 4

MMWR60(4)103-108
Vital Signs: Prevalence, Treatment, and Control of Hypertension - United States, 1999-2002 and 2005-2008

バイタルサイン:高血圧症の罹患率、治療およびコントロール-アメリカ、1999~2002年および2005~2008年

アメリカでは成人の約1/3が高血圧症であり、全死亡者の約1/7、心血管系疾患による死亡者の約半数が高血圧症である。今回、CDCはNational Health and Nutrition Examination Survey (NHANES)データより1999~2002年と2005~2008年における高血圧症の罹患率および薬物療法、血圧コントロールについて分析を行った (高血圧症は平均血圧=140/90mmHgまたは血圧降下薬を服用する場合とし、血圧コントロールは平均収縮期/拡張期血圧<140/90mmHgとした)。その結果、2005~2008年では18歳以上の成人の30.9%(約6,800万人、65歳以上では69.7%)が高血圧症であり、薬物治療は 69.9%の症例(約4,800万人)が受けており、45.8%の症例(約3,100万人)にて血圧がコントロールされていた。2005~2008年における治療率は18~39歳(37.4%)、メキシコ系アメリカ人(17.3%)、医療保険非加入者(17.2%)にて低く、血圧コントロール率は 18~39歳:31.4%、メキシコ系アメリカ人:36.9%、診療を受ける機会の少ない場合(前年:2回以下):21.1%、健康保険未加入者:29.0%と低かったが、血圧がコントロールされていない症例のうち、86%は医療保険に加入していた。また、1999~2002年との比較では、高血圧症罹患率に有意な変動はなく(1999~2002年:28.1%)、薬物療法(同:60.3%)および血圧コントロール率(同:33.2%)は有意に増加していた。医療保険加入者のうち約90%の症例が適切な血圧コントロールが出来ていないことから、医療システムの改善の必要性が示唆される。また、薬物療法のみでなく、塩分の摂取制限や運動などを含めた包括的なアプローチも重要であると考える。

References

  • Chobanian AV, Bakris GL, Black HR, et al. The seventh report of the Joint National Committee on Prevention, Detection, Evaluation, and Treatment of High Blood Pressure: the JNC 7 report. JAMA 2003;289: 2560-72.
  • Farley TA, Dalal MA, Mostashari F, Frieden TR. Deaths preventable in the U.S. by improvements in use of clinical preventive services. Am J Prev Med 2010;38:600-9.
  • Heidenreich PA, Trogdon JG, Khavjou OA, et al. Forecasting the Future of Cardiovascular Disease in the United States: A Policy Statement from the American Heart Association. Circulation 2011; [Epub ahead of print]. DOI: 10.1161/CIR.0b013e31820a55f5.
  • CDC. National Health and Nutrition Examination Survey Data. Hyattsville, MD: US Department of Health and Human Services, CDC; 2010. Available at <http://www.cdc.gov/nchs/nhanes.htm. Accessed November 16,2010>.
  • Yoon S, Ostchega Y, Louis T. Recent trends in the prevalence of high blood pressure and its treatment and control, 1999-2008. NCHS data brief, no 48. Hyattsville, MD: National Center for Health Statistics; 2010.
  • Gai Y, Gu NY. Association between insurance gaps and continued antihypertension medication usage in a US national representative population. Am J Hypertens 2009;22:1276-80.
  • Duru OK, Vargas RB, Kermah D, Pan D, Norris KC. Health insurance status and hypertension monitoring and control in the United States. Am J Hypertens 2007;20:348-53.
  • Patient Protection and Affordable Care Act of 2010. Pub. L. No. 114-48 (March 23, 2010), as amended through May 1, 2010. Available at <http://docs.house.gov/energycommerce/ppacacon.pdf>. Accessed January 24, 2011.
  • Congressional Budget Office. Letter from Douglas W. Elmendorf to the Honorable Nancy Pelosi, speaker of the U.S. House of Representatives, dated March 20, 2010. Available at <http://www.cbo.gov/ftpdocs/113xx/doc11379/AmendReconProp.pdf Accessed December 9, 2010>.
  • Wang TJ, Vasan RS. Epidemiology of uncontrolled hypertension in the United States. Circulation 2005;112:1651-62.
  • He FJ, MacGregor GA. A comprehensive review on salt and health and current experience of worldwide salt reduction programmes. J Hum Hypertens 2009;23:363-84.
  • Palar K, Sturm R. Potential societal savings from reduced sodium consumption in the U.S. adult population. Am J Health Promot 2009;24:49-57.
  • CDC. Sodium intake among adults-United States, 2005-2006. MMWR 2010;59:746-9.
  • Institute of Medicine. Strategies to reduce sodium intake in the United States. Washington, DC: The National Academies Press; 2010.
  • Walmart. Walmart launches major initiative to make food healthier and healthier food more available [press release]. Available at <http://walmartstores.com/pressroom/news/10514.aspx>. Accessed January 24, 2011.
  • Institute of Medicine. Dietary reference intake for water, potassium, sodium, chloride and sulfate. Washington, DC: National Academies Press; 2005.
  • Lewington S, Clarke R, Qizilbash N, Peto R, Collins R; Prospective Studies Collaboration. Age-specific relevance of usual blood pressure to vascular mortality: a meta-analysis of individual data for one million adults in 61 prospective studies. Lancet 2002;360:1903-13.
  • Glynn LG, Murphy AW, Smith SM, Schroeder K, Fahey T. Interventions used to improve control of blood pressure in patients with hypertension. Cochrane Database Syst Rev 2010;3:CD005182.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ