一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)若年黒人同性愛男性におけるHIV新規診断例の増加-・・・

MMWR抄訳

rss

2011/02/04Vol. 60 / No. 4

MMWR60(4):99-102
Increase in Newly Diagnosed HIV Infections Among Young Black Men Who Have Sex with Men - Milwaukee County, Wisconsin, 1999-2008 

若年黒人同性愛男性におけるHIV新規診断例の増加-ウイスコンシン州ミルウォーキー、1999~2008年

2001~2006 年の間に、13~24歳の黒人男性同性愛者(MSM)におけるHIV診断例は国内33州において93%増加し、ウイスコンシン州ミルウォーキー郡では 15~29歳の黒人MSMにおけるHIV診断例が144%増加したと報告されている。CDC、Wisconsin Division of Public Health (WDPH)およびMilwaukee Health Department (MHD)は1999~2001年の調査データと、WDPHによるHIV検査が強化された2006~2008年のデータを比較し、黒人MSMにおける HIV診断の傾向を分析した。その結果、1999~2001年から2006~2008年にかけて、黒人MSMにおけるHIV診断例は15~19歳にて 143%、20~24歳にて245%、25~29歳にて78%増加し、非黒人MSMにおけるHIV診断例は20~24歳にて14%、25~29歳にて 45%の増加にとどまり、30歳以上では黒人にて40%、非黒人にて1%減少していた。WDPHによるHIV検査の強化は2006年より開始され、 15~19歳、20~24歳、25~29歳の黒人MSMにおいて、検査を受けた症例はそれぞれ329、372、90%増加し、非黒人MSMではそれぞれ 57、44、63%の増加であった。検査を受けた症例におけるHIV陽性率は黒人MSMにおいて15~19歳にて98.3%、20~24歳にて 143.7%増加し、25~29歳では7.9%減少、非黒人MSMの25~29歳にて39.9%増加していた。15~19歳、20~24歳、25~29歳の黒人MSM HIV新規診断例において、検査を受けた症例はそれぞれ11.8%、5.3%、6.3%に過ぎなかった。また、梅毒と診断された症例は2005年より増加し、1999~2001年と2006~2008年で比較した場合、15~29歳の黒人MSMにて1から19例、非黒人MSMにて0から4例に増加していた。以上、ミルウォーキーにおけるHIV感染の増加は同じ性感染症である梅毒の増加と一致しており、性行為に関する危険の認識不足が示唆されることから、若年黒人MSMに対する感染予防に関する教育と早期診断および早期治療介入の必要性が明らかになった。

References

  • CDC. Trends in HIV/AIDS diagnoses among men who have sex with men-33 states, 2001-2006. MMWR 2008;57:681-6.
  • CDC. Use of social networks to identify persons with undiagnosed HIV infection-seven U.S. cities, October 2003-September 2004. MMWR 2005;54:601-5.
  • Sullivan PS, Hamouda O, Delpech V, et al. Reemergence of the HIV epidemic among men who have sex with men in North America, Western Europe, and Australia, 1996-2005. Ann Epidemiol 2009;19:423-31.
  • Hall HI, Song R, Rhodes P, et al. Estimation of HIV incidence in the United States. JAMA 2008;300:520-9.
  • CDC. Revised recommendations for HIV testing of adults, adolescents, and pregnant women in health-care settings. MMWR 2006;55(No. RR-14).
  • CDC. Subpopulation estimates from the HIV incidence surveillance system-United States, 2006. MMWR 2008;57:985-9.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ