一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)黒人/アフリカ系アメリカ人と他の人種/民族とのHI・・・

MMWR抄訳

rss

2011/02/04Vol. 60 / No. 4

MMWR60(4):93-98
Disparities in Diagnoses of HIV Infection Between Blacks/African Americans and Other Racial/Ethnic Populations - 37 States, 2005-2008

黒人/アフリカ系アメリカ人と他の人種/民族とのHIV診断の相違-37州、2005~2008年

2005~2008 年のNational HIV Surveillance Systemのデータによると、黒人/アフリカ系アメリカ人は国内37州における人口の約13.6%であるにもかかわらず、思春期齢および成人HIV診断例(156,812例)の約半数(50.3%)を占めている。白人は人口の67.9%、HIV診断例の29.4%、ヒスパニック/ラテン系は人口の 13.4%、HIV診断例の17.8%を占める。この期間におけるHIV診断例の年齢分布は25~44歳が最も多く(56.1%)、うち黒人/アフリカ系アメリカ人が46.4%を占め、また、男性のHIV診断例のうち、黒人/アフリカ系アメリカ人は44.8%を占めていた。黒人/アフリカ系アメリカ人男性のHIV感染経路は男性間の性交渉が最も多く61.1%、次いで異性間性交渉:23.1%、静注ドラッグ(IDU):11.9%、男性間性交渉 DU:3.6%と続いた。黒人/アフリカ系アメリカ人の男性間性交渉によるHIV感染例は13~24歳が最も多く(30.9%)、25~34 歳:28.7%、35~44歳:23.7%と続いた。また、男性の地域別HIV診断例は南部にて50.1%、中西部にて42.1%を黒人/アフリカ系アメリカ人が占めていた。女性のHIV診断例では黒人/アフリカ系アメリカ人は65.9%を占め、そのほとんど(85.2%)が異性間性交渉による感染であり、IDUは14.0%であった。女性の地域別HIV診断例は南部にて70.9%、中西部:60.9%、北東部:60.0%が黒人/アフリカ系アメリカ人が占めていた。2008年におけるHIV診断例は黒人男性にて10万人あたり131.9例と最も多く、他の人種/民族および女性では安定傾向にあるが、黒人男性では増加傾向が認められている。今回の調査の結果より、黒人/アフリカ系アメリカ人におけるHIVに関する認識不足と診断の遅れから、HIV検査および早期治療介入の重要性が示唆された。

References

  • CDC. Acquired immune deficiency syndrome (AIDS) among blacks and Hispanics-United States. MMWR 1986;35:655-66.
  • CDC. Diagnoses of HIV infection and AIDS in the United States and dependent areas, 2008: HIV surveillance report, volume 20. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2010. Available at <http://www.cdc.gov/hiv/surveillance/resources/reports/2008report /index.htm>. Accessed November 1, 2010.
  • Office of National AIDS Policy. National HIV/AIDS strategy. Washington, DC: Office of National AIDS Policy; 2010. Available at <http://www.whitehouse.gov/administration/eop/onap/nhas>. Accessed November 1, 2010.
  • CDC. Estimated lifetime risk for diagnosis of HIV Infection among Hispanics/Latinos-37 states and Puerto Rico, 2007. MMWR 2010;59:1297-301.
  • Aral SO, Adimora AA, Fenton KA. Understanding and responding to HIV and other sexually transmitted infections in African Americans. Lancet 2008;372:337-40.
  • CDC. Establishing a holistic framework to reduce inequities in HIV, viral hepatitis, STDs, and tuberculosis in the United States. External consultation meeting report. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2009. Available at <http://www.cdc.gov/socialdeterminants/docs/sdh-white-paper-2010.pdf>. Accessed January 27, 2011.
  • CDC. Vital Signs: HIV testing and diagnosis among adults-United States, 2001-2009. MMWR 2010;59:1550-5.
  • Marks G, Crepaz N, Janssen RS. Estimating sexual transmission of HIV from persons who are unaware and aware that they are infected with the virus in the USA. AIDS 2006;20:1447-50.
  • CDC. Prevalence and awareness of HIV infection among men who have sex with men-21 cities, United States, 2008. MMWR 2010;59: 1201-7.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ