一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)暫定的ガイダンス:男性同性愛者におけるHIV感染を・・・

MMWR抄訳

rss

2011/01/28Vol. 60 / No. 3

MMWR60(3):65-68
Interim Guidance: Preexposure Prophylaxis for the Prevention of HIV Infection in Men Who Have Sex with Men

暫定的ガイダンス:男性同性愛者におけるHIV感染を防ぐための曝露前予防

アメリカでは毎年約56,000例がHIV感染症を発症しており、そのうち約53%は男性同性愛者(MSM)である。サーベイランスデータは、1990年代中期以降MSMにおける年間新規HIV感染者数が増加していることを示唆する。2010年11月23日、HIV陰性MSMにおけるHIV曝露前予防 (PrEP)として抗レトロウイルス薬(フマル酸テノホビルソプロキシル[TDF]/エムトリシタビン[FTC]配合剤)の1日1回経口投与の有効性を検討した多国籍ランダム化二重盲検プラセボ対照第Ⅲ相試験(Pre-Exposure Prophylaxis Initiative[iPrEX]試験)の結果が発表された。この報告はiPrEx試験の概要について述べ、その結果に基づいた医療提供者向けの暫定的ガイダンスを示す。iPrEx試験は、ペルー、エクアドル、ブラジル、タイ、南アフリカ、アメリカ合衆国において過去6ヶ月間に男性との性行為およびハイリスクな性行動の経験のあるHIV陰性成人男性2,499名(18歳以上、29名は女性への性転換者)を対象として実施された。対象者は無作為に2群に割り付け、それぞれTDF(300mg)/FTC(200mg)配合剤(PrEP群)あるいはプラセボ(対照群)を1日1回経口投与した。4週ごとに面接、 HIV検査、リスク低下・PrEP服薬順守に関するカウンセリング、錠剤数の確認、錠剤およびコンドームの支給を行った。また3ヶ月ごとに採血・採尿し、腎機能・肝機能・性行為感染症の検査を行った。追跡調査期間は平均1.2年(最長2.8年)であった。分析対象としたPrEP群1,224名中36名、対照群1,217名中64名がHIV陽性となり、PrEP群は対照群よりもHIV感染率が44%低かった。自己報告および錠剤の数/支給数によって評価した服薬順守率が90%以上群は、90%未満群よりもHIV感染リスクの低下率が高かった(それぞれ73%、21%)。また血中TDF/FTC検出群は非検出群に比べてHIV感染リスクが92%低かった。TDF/FTCの忍容性は一般に良好であり、重篤な検査値異常の発現率は両群で差がみられなかった。以上より、PrEPとしてのTDF/FTC配合剤の1日1回経口投与は安全であり、HIV状態を定期的に監視しリスク低下・PrEP服薬順守に関するカウンセリングを継続した場合、MSMにおけるHIV感染の減少にある程度有効であることが示唆された。

References

  • Hall HI, Song RG, Rhodes P, et al. Estimation of HIV incidence in the United States. JAMA 2008;300:520-9.
  • CDC. Diffusion of Effective Behavioral Interventions. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2010. Available at <http://www.effectiveinterventions.org/en/home.aspx>. Accessed January 20, 2011.
  • CDC. Sexually transmitted diseases treatment guidelines, 2010. MMWR 2010;59(No. RR-12).
  • Grant RM, Lama JR, Anderson PL, et al. Preexposure chemoprophylaxis for HIV prevention in men who have sex with men. N Engl J Med 2010;363:2587-99.
  • Grohskopf L, Gvetadze R, Pathak S, et al. Preliminary analysis of biomedical data from the phase II clinical safety trial of tenofovir disoproxil fumarate (TDF) for HIV-1 pre-exposure prophylaxis (PrEP) among U.S. men who have sex with men (MSM). Presented at the 18th International AIDS Conference, Vienna, Austria, July 2010.
  • Schacker T, Collier AC, Hughes J, Shea T, Corey L. Clinical and epidemiologic features of primary HIV infection. Ann Intern Med 1996;125:257-64.
  • CDC. A comprehensive immunization strategy to eliminate transmission of hepatitis B virus infection in the United States: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP) part II: immunization of adults. MMWR 2006;55(No. RR-16).
  • Food and Drug Administration. Truvada: highlights of prescribing information (package insert). Available at <http://www.accessdata.fda.gov/drugsatfda_docs/label/2008 /021752s017lbl.pdf>. Accessed January 20, 2011.
  • Liaw YF, Chu CM. Hepatitis B virus infection. Lancet 2009; 373:582-92.
  • AIDS Vaccine Advocacy Coalition. Global advocacy for HIV prevention. Ongoing PrEP trials. Available at <http://www.avac.org/ht/d/sp/i/3507/pid/3507>. Accessed January 20, 2011.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ