一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)2009 H1N1インフルエンザパンデミックにおけ・・・

MMWR抄訳

rss

2011/01/21Vol. 60 / No. 2

MMWR60(2):37-41
Self-Reported Influenza-Like Illness During the 2009 H1N1 Influenza Pandemic - United States, September 2009-March 2010

2009 H1N1インフルエンザパンデミックにおける自己申告によるインフルエンザ様疾患-アメリカ、2009年9月~2010年3月

アメリカでは医療機関を受診しないインフルエンザ様疾患(ILI)患者のサーベイランスシステムが確立していないため、CDCは2009年9月1 日~2010年3月31日の間にバーモント州を除く49州、DCおよびプエルトリコにてBehavioral Risk Factor Surveillance System (BRFSS)にILI(調査時前30日以内に発熱と咳、喉の痛みがあった症例)に関する項目を追加して聞き取り調査を行った。その結果、自己申告による ILI発症率の月平均値は、成人:8.1%、小児:28.4%であり、月別では11月にピーク値を示した(南部に住む成人のみ12月にピーク値)。年齢別では0~4歳が最も高く(32.7%)、年齢に伴い低下し(5~11歳:29.4%、12~17歳:24.2%、18~49歳:10.1%、50~64 歳:6.8%、65歳以上:3.2%)、男女別では成人では男性:7.1%、女性:9.0%と女性にて有意に高値であったが、小児では有意な性差は認めなかった。人種別では白人成人(8.4%)/小児(29.9%)に比べアメリカンインディアン/アラスカ原住民成人(16.3%)/小児(40.8%)と有意に高く、黒人成人(7.2%)/小児(23.3%)にて有意に低かった。また、成人では地区別による有意な相違は認めず、小児では中西部 (29.4%)、南部(29.5%)に比べ北東部(26.2%)にて有意に低値であり、州別では成人:アーカンソー州(11.5%)~デラウエア州 (5.3%)、小児:オクラホマ州(33.4%)~DC(21.5%)であった。医療機関の受診率は成人:40%、小児:56%であった。以上、 2009-2010インフルエンザ期には広範囲に及びILIが発症し、医療機関の受診率も高いことが明らかとなった。CDCは今期もBRFSSを通じて ILIに関する調査を継続し、年々の傾向や関連因子の分析を行う予定である。

References

  • Jhung M, Swerdlow D, Olsen S, et al. Epidemiology of 2009 pandemic influenza A (H1N1) in the United States. Clin Infect Dis 2011;52 (Suppl 1):S13-26.
  • CDC. Behavioral Risk Factor Surveillance System operational and user’s guide. 2006. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2006. Available at <ftp://ftp.cdc.gov/pub/data/brfss/userguide.pdf>. Accessed January 14, 2011.
  • Iwane M, Edwards K, Szilagyi P, et al. Population-based surveillance for hospitalizations associated with respiratory syncytial virus, influenza virus, and parainfluenza viruses among young children. Pediatrics 2004;113:1758-64.
  • Orts K, Sheridan J, Robinson-Whelen S, Glaser R, Malarkey WB, Kiecolt-Glaser JK. The reliability and validity of a structured interview for the assessment of infectious disease symptoms. J Behav Med 1995;18:517-29.
  • Monto A, Ullman B. Acute respiratory illness in an American community. The Tecumseh study. JAMA 1974;227:164-9.
  • Bridges C, Thompson W, Meltzer M, et al. Effectiveness and cost-benefit of influenza vaccination of healthy working adults: a randomized controlled trial. JAMA 2000;284:1655-63.
  • Ren L, Gonzalez R, Wang Z, et al. Prevalence of human respiratory viruses in adults with acute respiratory tract infections in Beijing, 2005-2007. Clin Microbiol Infect 2009;15:1146-53.
  • Monto A, Gravenstein S, Elliott M, Colopy M, Schweinle J. Clinical signs and symptoms predicting influenza infection. Arch Intern Med 2000;160:3243-7.
  • Ong A, Chen M, Lin L, et al. Improving the clinical diagnosis of influenza-a comparative analysis of new influenza A (H1N1) cases. PLoS ONE 2009;4:e8453.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ