一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)破傷風トキソイド・減量ジフテリアトキソイド・無細胞・・・

MMWR抄訳

rss

2011/01/14Vol. 60 / No. 1

MMWR60(1):13-15
Updated Recommendations for Use of Tetanus Toxoid, Reduced Diphtheria Toxoid and Acellular Pertussis (Tdap) Vaccine from the Advisory Committee on Immunization Practices, 2010 

破傷風トキソイド・減量ジフテリアトキソイド・無細胞性百日咳(Tdap)ワクチンの使用に関する2010年の Advisory Committee on immunization Practicesの最新勧告

アメリカでは小児期の百日咳ワクチンの接種率が高いにもかかわらず百日咳は十分コントロールされておらず、2009年には16,858例が百日咳を発症し、乳児12例が死亡した。Advisory Committee on immunization Practices(ACIP)は、小児期での接種が勧告されているジフテリア・破傷風トキソイド・百日咳/ジフテリア・破傷風トキソイド・無細胞性百日咳(DTP/DTaP)ワクチンの接種シリーズが完了した11歳~18歳の青少年と、19~64歳の成人に対して破傷風トキソイド・減量ジフテリアトキソイド・無細胞性百日咳(Tdap)ワクチンの1回接種を推奨している。しかしTdapの接種率は青少年で56%、成人で6%未満と低い。2010年10月 27日、ACIPは百日咳による疾病負担と乳児における伝播リスクを減少させるため、Tdapの適応拡大に関する追加勧告を発表した。この報告は、 ACIPが参考にしたTdapの安全性・免疫原性のデータの概要とこの追加勧告の実施法について述べる。ACIPの百日咳ワクチン作業部会はTdapに関する臨床試験や観察研究などのデータをレビューし、Tdap接種の障壁について検討した。アメリカでは2種類のTdapワクチンが使用可能であり、承認されているワクチンの適応年齢はBoostrixが10~64歳、Adacelが11~64歳である。また破傷風・ジフテリアトキソイド(Td)ワクチンと Tdpの接種間隔を5年以上あけることになっている。しかし作業部会の検討の結果、Tdap接種の障壁としてTdの追加接種歴が不明であること、3~10 歳の小児と65歳以上の高齢者に対するTdapワクチンの接種が承認されていないことが同定された。今回の追加勧告は、この結果を受けて作成された。勧告の内容は、1)Tdapは、破傷風あるいはジフテリアトキソイド含有ワクチンの最終投与からの期間に関係なく接種可能、2)生後12ヶ月未満の乳児と密接に接触する、あるいは接触が予想される65歳以上の高齢者に対するTdapの1回接種(これ以外の65歳以上の高齢者もTdapの1回接種が可能)、3) 百日咳のワクチン接種が完了(DTapの5回接種、4回目の接種が4歳の誕生日以降であった場合にはDTapの4回接種)しておらず、百日咳ワクチンの適応禁忌のない7~10歳の小児に対するTdapの1回接種(破傷風・ジフテリア・百日咳ワクチンの未接種、あるいは接種歴が不明な場合には破傷風・ジフテリアトキソイド含有ワクチンを3回接種する必要があり、その初回接種時にはTdapを使用するべき)というものである。

References

  • CDC. Final 2009 reports of nationally notifiable diseases. MMWR 2010;59;1025,1027-39.
  • CDC. National, state, and local area vaccination coverage among adolescents aged 13-17 years-United States, 2009. MMWR 2010;59;1018-23.
  • CDC. Tetanus and pertussis vaccination coverage among adults aged >=18 years-United States, 1999 and 2008. MMWR 2010;59:1302-6.
  • CDC. Preventing tetanus, diphtheria, and pertussis among adults: use of tetanus toxoid, reduced diphtheria toxoid and acellular pertussis vaccine. Recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP) and recommendation of ACIP, supported by the Healthcare Infection Control Practices Advisory Committee (HICPAC), for use of Tdap among health-care personnel. MMWR 2006;55(No. RR-17).
  • CDC. Preventing tetanus, diphtheria, and pertussis among adolescents: use of tetanus toxoid, reduced diphtheria toxoid and acellular pertussis vaccines. Recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). MMWR 2006;55(No. RR-3).
  • Halperin SA, Sweet L, Baxendale D, et al. How soon after a prior tetanus-diphtheria vaccination can one give adult formulation tetanus-diphtheria-acellular pertussis vaccine? Pediatr Infect Dis J 2006;25:195-200.
  • Beytout J, Launay O, Guiso N, et al. Safety of Tdap-IPV given one month after Td-IPV booster in healthy young adults: a placebo- controlled trial. Hum Vaccin 2009;5:315-21.
  • Talbot EA, Brown KH, Kirkland KB, Baughman AL, Halperin SA, Broder KP. The safety of immunizing with tetanus-diphtheria-acellular pertussis vaccine (Tdap) less than 2 years following previous tetanus vaccination: experience during a mass vaccination campaign of healthcare personnel during a respiratory  illness outbreak. Vaccine 2010;28:8001-7.
  • Food and Drug Administration. Vaccines and Related Biological Products Advisory Committee. Day one. Bethesda, MD: Food and Drug Administration. Available at <http://www.fda.gov/ohrms/dockets/ac/97/transcpt/3300t1.pdf>. Accessed January 10, 2011.
  • Sänger R, Behre U, Krause KH, et al. Booster vaccination and 1-year follow-up of 4-8-year-old children with a reduced-antigen-content dTpa-IPV vaccine. Eur J Pediatr 2007;166:1229-36.
  • Langley JM, Predy G, Guasparini R, et al. An adolescent-adult formulation tetanus and diphtheria toxoids adsorbed combined with acellular pertussis vaccine has comparable immunogenicity but less reactogenicity in children 4-6 years of age than a pediatric formulation acellular pertussis vaccine and diphtheria and tetanus toxoids adsorbed combined with inactivated poliomyelitis vaccine. Vaccine 2007;25:1121-5.
  • Meyer CU, Habermehl P, Knuf M, Hoet B, Wolter J, Zepp F. Immunogenicity and reactogenicity of acellular pertussis booster vaccines in children: standard pediatric versus a reduced-antigen content formulation. Hum Vaccin 2008;4:203-9.
  • Scheifele DW, Halperin SA, Ochnio JJ, Ferguson AC, Skowronski DM. A modified vaccine reduces the rate of large injection site reactions to the preschool booster dose of diphtheria-tetanus-acellular pertussis vaccine: results of a randomized, controlled trial. Pediatr Infect Dis J 2005;24:1059-66.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ