一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)免疫情報システムの進歩-アメリカ、2009年

MMWR抄訳

rss

2011/01/14Vol. 60 / No. 1

MMWR60(1):10-12
Progress in Immunization Information Systems - United States, 2009  

免疫情報システムの進歩-アメリカ、2009年

予防接種情報システム(IIS)は予防接種データを収集・統合した信頼性の高い母集団ベースコンピュータ情報システムであり、アメリカの6歳未満の小児の IIS登録率を95%に増加させることはHealthy People 2020の目標のひとつとなっている。この目標に向けた進歩を評価するため、CDCはIIS参加56地域(50州、5都市、ワシントンDC)のうち53地域の2009年Immunization Information Systems Annual Report(IISAR)の調査データを分析した。また51地域を対象に、IISデータの品質基準のうち3種類(National Vaccine Advisory Committee[NVAC]が推奨する17種類の中心データの蓄積、ワクチン接種後1ヶ月以内の情報受信・処理、Health Level Seven[HL7]標準による情報交換)の遵守状況を検討した。6歳未満の小児のIIS登録率は、2008年の75%(1,770万人)から2009年には77%(1,840万人)に増加した。2009年には23地域(43%)で6歳未満の小児のIIS登録率が95%となり、10地域(19%)は 80~94%であった。2009年のIISデータの品質基準遵守状況については、6歳未満の小児の97%以上でNVAC推奨中心データ6種類(姓、名、出生日、性別、ワクチンの種類、接種日)が完全に記録されており(記録率は2008年と同等)、残りの11種類のデータ中9種類の完全記録率は2008年よりも増加した。またIISデータの70%はワクチン接種後1ヶ月以内に受信・処理されていた(2008年:67%)。さらに30地域(59%)はHL7標準メッセージの送受信が可能であり、4地域(8%)は送信または受信が可能であった。37地域(73%)では、一部の予防接種データが電子化健康記録 (Electronic health record[EHR])システムから直接IISに提供されていた。IISとEHRシステムの相互運用の促進によって情報交換の一貫性が増し、インターフェイスの費用が減少すると考える。またIISデータの正確性、適時性、完全性の向上によりIISに基づいた接種率評価の質を改善することができる。

References

  • Guide to Community Preventive Services. Universally recommended vaccinations: immunization information systems. Atlanta, GA: Guide to Community Preventive Services; 2010. Available at <http://www.thecommunityguide.org/vaccines/universally /imminfosystems.html>. Accessed January 10, 2011.
  • US Department of Health and Human Services. Healthy people 2020. Washington, DC: US Department of Health and Human Services; 2010. Available at <http://healthypeople.gov/2020/topicsobjectives2020 /objectiveslist.aspx?topicid=23>. Accessed January 10, 2011.
  • CDC. Progress in immunization information systems-United States, 2008. MMWR 2010;59:133-5.
  • National Immunization Program, Technical Working Group. 2001 minimum functional standards for registries. Atlanta, GA: National Immunization Program, Technical Working Group; 2001. Available at <http://www.cdc.gov/vaccines/programs/iis/stds/min-funct-std-2001.htm>. Accessed January 10, 2011.
  • National Vaccine Advisory Committee. Development of community and state-based immunization registries: report of the National Vaccine Advisory Committee (NVAC). Atlanta, GA: National Vaccine Advisory Committee; 1999. Available at <http://www.cdc.gov/vaccines/programs/iis/pubs/nvac.htm>. Accessed January 10, 2011.
  • CDC. HL7 version 2.5.1: implementation guide for immunization messaging. Atlanta, GA: CDC; 2010. Available at <http://www.cdc.gov/vaccines/programs/iis/stds/downloads/hl7guide- 08-2010.pdf>. Accessed January 10, 2011.
  • US Department of Health and Human Services, Office of the National Coordinator for Health Information Technology. HITECH programs. Washington, DC: Office of the National Coordinator for Health Information Technology; 2010. Available at <http://healthit.hhs.gov>. Accessed January 10, 2011.
  • Centers for Medicare and Medicare Services. Electronic health records incentive programs. Baltimore, MD: Centers for Medicare and Medicare Services; 2010. Available at <https://www.cms.gov/ehrincentiveprograms>. Accessed January 10, 2011.
  • US Department of Health and Human Services, CDC. American Recovery and Reinvestment Act funding announcement for enhancing the interoperability of electronic health records (EHR) and immunization information systems (IIS). Washington, DC: US Department of Health and Human Services, CDC; 2010. Available at <http://www.grants.gov/search/search.do?mode=VIEW&oppId=54435>. Accessed January 10, 2011.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ