一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)一般医療施設およびTitle X診療所の患者に利用・・・

MMWR抄訳

rss

2011/01/14Vol. 60 / No. 1

MMWR60(1):1-4
Contraceptive Methods Available to Patients of Office-Based Physicians and Title X Clinics - United States, 2009-2010

一般医療施設およびTitle X診療所の患者に利用可能な避妊法-アメリカ、2009~2010年

2001 年、アメリカでは非計画妊娠が全妊娠の約49%を占めた。また2008年には約3,600万人の妊娠可能年齢の女性が避妊のための家族計画サービスを必要とし、この割合は2000年に比べて6%増加した。アメリカの家族計画サービスで提供されている可逆的避妊法を評価するため、2009年12月~2010 年3月にCDCは一般医療施設と連邦政府出資Title X診療所(公衆衛生局、地域保健センターなど)、それぞれ2,000ヶ所を対象に郵送調査を行った。避妊法はレボノルゲストレル放出子宮内避妊具 (LNG-IUD)、銅付加IUD、埋め込み型避妊薬、注射用酢酸メドロキシプロゲステロンデポ剤(DMPA)、混合型経口避妊薬、プロゲステロン単独経口避妊薬、避妊パッチ、膣リング、男性用コンドーム、女性用コンドームを取り上げ、各避妊法についてその場で提供・処方による提供/推奨・他のサービス提供者の紹介・非提供の割合を評価した。最終的に一般医療施設635ヶ所、Title X診療所1,368ヶ所の回答を分析した。全体としてサービス提供者の約半数がLNG-IUD、1/3が埋め込み型避妊薬をその場で提供していた。 Title X診療所はLNG-IUD以外の全ての避妊法についてその場での提供率が一般医療施設に比べて有意に高かった(DMPA:96.6%、60.9%、混合型経口避妊薬:92.1%、48.8%など)。LNG-IUDのその場での提供率は一般医療施設が高かった (56.4%、46.6%)。一方、一般医療施設は全ての避妊法について処方による提供/推奨率がTitle X診療所に比べて高かった(DMPA:36.4%、2.6%、混合型経口避妊薬50.4%、6.9%など)。一般医療施設、Title X診療所とも持続性可逆的避妊法(LARC)については他のサービス提供者の紹介率が高かったが(LNG-IUD:それぞれ24.6%、37.9%、銅付加IUD:25.2%、29.6%、埋め込み型避妊薬:40.0%、44.5%)、それ以外の避妊法の紹介率は低かった(8%以下)。LARCの使用率の低さは、アメリカにおける高い非計画妊娠率に関与している可能性がある。その場での避妊法提供率を増加させることによって避妊法の使用が増え、非計画妊娠率が低下すると考える。

References

  • Finer LB, Henshaw SK. Disparities in rates of unintended pregnancy in the United States, 1994 and 2001. Perspect Sex Reprod Health 2006;38:90-6.
  • Frost JJ, Henshaw SK, Sonfield A. Contraceptive needs and services: national and state data, 2008 update. New York, New York: Guttmacher Institute; 2010. Available at <http://www.guttmacher.org/pubs/win/contraceptive-needs-2008.pdf>. Accessed January 4, 2011.
  • American College of Obstetricians and Gynecologists Committee on Gynecologic Practice, Long-Acting Reversible Contraception Workgroup. Increasing use of contraceptive implants and intrauterine devices to reduce unintended pregnancy. Obstet Gynecol 2009;114:1434-8.
  • Speidel JJ, Harper CC, Shields WC. The potential of long-acting reversible contraception to decrease unintended pregnancy. Contraception 2008;78:197-200.
  • Mosher WD, Jones J. Use of contraception in the United States: 1982-2008. Vital Health Stat 2010;23(29).
  • Landry DJ, Wei J, Frost JJ. Public and private providers’ involvement in improving their patients’ contraceptive use. Contraception 2008;78:42-51.
  • Lindberg LD, Frost JJ, Sten C, Dailard C. The provision and funding of contraceptive services at publicly funded family planning agencies: 1995-2003. Perspect Sex Reprod Health 2006;38:37-45.
  • Cope JR, Yano EM, Lee ML, Washington DL. Determinants of contraceptive availability at medical facilities in the Department of Veterans Affairs. J Gen Intern Med 2006;21(Suppl 3):S33-9.
  • Klerman LV, Johnson KA, Chang CH, Wright-Slaughter P, Goodman DC. Accessibility of family planning services: impact of structural and organizational factors. Matern Child Health J 2007;11:19-26.
  • Lindberg LD, Frost JJ, Sten C, Dailard C. Provision of contraceptive and related services by publicly funded family planning clinics, 2003. Perspect Sex Reprod Health 2006;38:139-47.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ