一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2008年(Vol.57)肺炎球菌に対する新しいペニシリン感受性ブレイクポイ・・・

MMWR抄訳

rss

2008/12/19Vol. 57 / No. 50

MMWR57(50):1353-1355
Effects of New Penicillin Susceptibility Breakpoints for Streptococcus pneumoniae- United States, 2006-2007

肺炎球菌に対する新しいペニシリン感受性ブレイクポイントの影響-アメリカ、2006~2007年

肺炎球菌の抗生物質耐性はMIC(最小発育阻止濃度)により判断され、抗生物質に対し感受性あり(治療可能)、中程度の感受性あり(高用量での治療可能性あり)、耐性(治療不能)を決定するそれぞれの限界点がある。2008年1月、Clinical and Laboratory Standards Institute(CLSI)により最新の臨床試験の再評価が行われ、肺炎球菌に対する新しいペニシリンのブレイクポイントが発表された。CDCは 2006~2007年のActive Bacterial Core surveillance(ABCs)システムにより収集された浸潤性肺炎球菌性疾患(IPD)分離株のMICsに、このCLSIの感受性分類に関する新しいブレイクポイントを適用し、その影響に関する分析結果を公表した。従来のペニシリンに対するMICブレイクポイントは感受性あり:<=0.06、中等度感受性あり:0.12~1、耐性:=2μg/mLであり、新しいブレイクポイントは非髄膜炎関連株ペニシリン静注の場合それぞれ<=2、 4、=8μg/mL、経口の場合は<=0.06、0.12~1、=2μg/mL、髄膜炎関連株ペニシリン静注の場合は<=0.06、なし、=0.12μg/mLである。分析対象はIPD 7,903例から分離された6,845株(87%、非髄膜炎関連株:6,423、髄膜炎関連株:422株)であり、非髄膜炎関連株においては感受性株が 4,797株(74.7%)から5,989株(93.2%)に増加、中等度感受性株は962株(15.0%)から357株(5.6%)に減少、耐性株は 664株(10.3%)から77株(1.2%)に減少した。髄膜炎関連株では感受性株は306株(73%)で変化なし、従来のブレイクポイントで中等度感受性を判断された株は全て耐性株となり、耐性株は45株(10.7%)から116株(27.5%)に増加した。肺炎球菌に対するペニシリンのブレイクポイントの変化は非髄膜炎関連株に対してペニシリン適用範囲の拡大をもたらすとともに、抗生物質耐性IPD症例報告が減少すると予想されるため、抗生物質耐性疾患の発症傾向の解釈にこれらの変化を考慮すべきであろう。

References

  • Clinical and Laboratory Standards Institute. Performance standards for antimicrobial susceptibility testing; eighteenth informational supplement. CLSI document M100-S18. Wayne, PA: Clinical and Laboratory Standards Institute; 2008.
  • CDC. Effect of new susceptibility breakpoints on reporting of resistance in Streptococcus pneumoniae-United States, 2003. MMWR 2004;53:152-4.
  • Pallares R, Linares J, Vadillo M, et al. Resistance to penicillin and cephalosporin and mortality from severe pneumococcal pneumonia in Barcelona, Spain. N Engl J Med 1995;333:474-80.
  • Yu VL, Chiou CC, Feldman C, et al. An international prospective study of pneumococcal bacteremia: correlation with in vitro resistance, antibiotics administered, and clinical outcome. Clin Infect Dis 2003;37:230-7.
  • Song JH, Jung SI, Ki HK, et al. Clinical outcomes of pneumococcal pneumonia caused by antibiotic-resistant strains in Asian countries: a study by the Asian Network for Surveillance of Resistant Pathogens. Clin Infect Dis 2004;38:1570-8.
  • Mandell LA, Wunderink RG, Anzueto A, et al. Infectious Diseases Society of America/American Thoracic Society consensus guidelines on the management of community-acquired pneumonia in adults. Clin Infect Dis 2007;44:S27-72.
  • Schneider-Lindner V, Delaney JA, Dial S, Dascal A, Suissa S. Antimicrobial drugs and community-acquired methicillin-resistant Staphylococcus aureus, United Kingdom. Emerg Infect Dis 2007;13:994-1000.
  • Baxter R, Ray GT, Fireman BH. Case-control study of antibiotic use and subsequent Clostridium difficile-associated diarrhea in hospitalized patients. Infect Control Hosp Epidemiol 2008;29:44-50.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ