一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2008年(Vol.57)感染性疾患届け出の迅速性改善における電子検査報告の・・・

MMWR抄訳

rss

2008/12/12Vol. 57 / No. 49

MMWR57(49):1325-1328
Potential Effects of Electronic Laboratory Reporting on Improving Timeliness of Infectious Disease Notification - Florida, 2002-2006

感染性疾患届け出の迅速性改善における電子検査報告の効果-フロリダ、2002~2006年

電子検査報告(ELR)は届け出疾患の報告とその後の疾患制御活動をより迅速化する可能性があるが、その効果や州および地域のサーベイランスチームの仕事量にもたらす影響は不明である。ELRの効果を検討するため、Florida Department of Health(FDOH)は潜伏期間の異なる4種類の届け出疾患(サルモネラ症[潜伏期間:1日]、細菌性赤痢[3日]、髄膜炎菌疾患[4日]、A型肝炎 [30日])の報告速度を評価した。ELRの効果は、ELRにより診断用検査の終了から郡保健衛生局(CHD)への結果報告までの期間が1日に短縮すると前提して算出した。2002~2006年に報告されたサルモネラ症23,263例、細菌性赤痢8,014例、髄膜炎菌疾患450例、A型肝炎2,104例を対象とし、発症日から検査結果報告日まで(A期間)、検査結果報告日からCHD届け出日まで(B期間)、発症日からCHD届け出日までの期間(C期間) を調査した。各疾患のA、B、C期間はサルモネラ症がそれぞれ6、5、12日、細菌性赤痢が5、4、10日、髄膜炎菌疾患が3、1、4日、A型肝炎が9、 3、13日であった。ELRによりB期間が全て1日となるため、C期間はサルモネラ症で12日から7日へ、細菌性赤痢で10日から6日へ短縮した。しかし B期間がもともと少ない髄膜炎菌疾患ではC期間に変化はなく(4日)、A型肝炎も短縮は少なかった(13日から10日へ)。以上、フロリダ州において届け出疾患報告の迅速化におけるELRの有用性は疾患によって異なることが示唆された。

References

  • Effler P, Ching-Lee M, Bogard A, Ieong MC, Nekomoto T, Jernigan D. Statewide system of electronic notifiable disease reporting from clinical laboratories: comparing automated reporting with conventional methods. JAMA 1999;282:1845-50.
  • Overhage JM, Grannis S, McDonald CJ. A comparison of the completeness and timeliness of automated electronic reporting and spontaneous reporting of notifiable conditions. Am J Public Health 2008;98:344-50.
  • Jajosky RA, Groseclose SL. Evaluation of reporting timeliness of public health surveillance systems for infectious diseases. BMC Public Health 2004;4:29. Available at http://www.biomedcentral.com/1471-2458/4/29.
  • American Academy of Pediatrics. Summaries of infectious diseases. In: Pickering LK, Baker CJ, Long SS, McMillan JA, eds. Red Book: 2006 report of the Committee on Infectious Disease. 27th ed. Elk Grove Village, IL: American Academy of Pediatrics; 2006.
  • American Public Health Association. Heymann DL, ed. Control of communicable diseases manual. 18th ed. Washington, DC: American Public Health Association; 2004.
  • CDC. Effect of electronic laboratory reporting on the burden of Lyme disease surveillance-New Jersey, 2001-2006. MMWR 2008;57:42-5.
  • CDC. Positive test results for acute hepatitis A virus infection among persons with no recent history of acute hepatitis-United States, 2002-2004. MMWR 2005;54:453-6.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ