一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2008年(Vol.57)65歳未満の石綿症関連損失生存可能年数-アメリカ、・・・

MMWR抄訳

rss

2008/12/12Vol. 57 / No. 49

MMWR57(49):1321-1325
Asbestosis-Related Years of Potential Life Lost Before Age 65 Years - United States, 1968-2005

65歳未満の石綿症関連損失生存可能年数-アメリカ、1968~2005年

アスベスト繊維の曝露は石綿症などの疾患を誘発する可能性があり、初回曝露から発症までの潜伏期間は10~40年である。米国においてアスベストは国内で製造される一部の製品に未だに使用されており(2006年:2200トン)、海外で製造されたアスベスト含有製品も輸入され続けている。米国では建物の修理や破壊中のアスベスト処理などにより毎年建設業および一般企業の労働者約130万人がアスベストに曝露されている可能性がある。また米国ではアスベスト鉱物は採掘されないが、鉱山労働者の一部は他の鉱物に含まれているアスベストに曝露されるリスクがある。米国における石綿症による早期死亡の特徴を調査するため、CDCは1968~2005年の年間基礎死因データを分析し65歳未満の石綿症関連損失生存可能年数(YPLL)を評価した。この期間中、石綿症を死因としていたのは9,024例であった。このうち1,169例(13.0%)が25~64歳であり(25~34歳:1例[0.1%]、35~44 歳:17例[1.5%]、45~54歳:165例[14.1%]、55~64歳:986例[84.3%])、総YPLLは7,267であった(死亡者1例あたりの平均YPLL:6.2)。これら死亡者の多くは男性(1,125例[96.2%])、白人(1,064例[91.0%])であり、それぞれの YPLLは7,038(96.8%)、6,470(89.0%)であった。65歳未満の石綿症関連YPLL(1年あたり)は、1968~1972年の平均 146.0から2001~2005年には239.6へと64%増加した。YPLLは毎年変動し、1973年が最低(69)、1990年が最高(306)であった。州別ではテキサス州(1985年:577YPLL)、ペンシルベニア州(1999年:544YPLL)、ニュージャージー州(1990 年:527YPLL)、カリフォルニア州(1976年:468YPLL)が全死亡者の29.9%を占めた。1985~1999年に石綿症を死因とした 25~64歳の死亡者531例のうち153例(28.8%)で産業(54種)や作業情報(59種)が得られた。YPLLが高かった産業は建設業 (244YPLL)、船やボートの製造・修理、(41YPLL)、軍隊(41YPLL)、作業は断熱材関連(112YPLL)や配管工など (42YPLL)であった。今後も石綿症の予防、追跡、根絶のための努力を続ける必要がある。

References

  • Rom WN. Asbestos-related lung disease. In: Fishman AP, Elias JA, Fishman JA, Grippi MA, Senior RM, Pack AI, eds. Fishman’s pulmonary diseases and disorders. 4th ed. New York, NY: McGraw-Hill Medical; 2008:943-58.
  • Kelly TD, Matos GR. Historical statistics for mineral and material commodities in the United States: US Geological Survey data series 140. Reston, VA: US Geological Survey; 2007. Available at <http://minerals.usgs.gov/ds/2005/140>.
  • US Department of Labor. Better protection against asbestos in the workplace. Fact sheet no. OSHA 92-06. Available at <http://www.pp.okstate.edu/ehs/training/oshasbes.htm>.
  • Van Gosen BS. Reported historic asbestos mines, historic asbestos prospects, and natural asbestos occurrences in the eastern United States. US Geological Survey open-file report 2005-1189. Reston, VA: US Geological Survey; 2006. Available at <http://pubs.usgs.gov/of/2005/1189>.
  • Wise RP, Livengood JR, Berkelman RL, Goodman RA. Methodological alternatives for measuring premature mortality. Am J Prev Med 1988;4:268-73.
  • CDC. Premature mortality in the United States: public health issues in the use of years of potential life lost. MMWR 1986;35(2 Suppl):1S-11S.
  • Bang KM, Mazurek JM, Syamlal G, Wood JM. Asbestosis mortality surveillance in the United States, 1970-2004. Int J Occup Environ Health 2008;14:161-9.
  • US Environmental Protection Agency. EPA asbestos materials bans: clarification. Available at <http://www.epa.gov/oppt/asbestos/pubs/asbbans2.pdf>.
  • Martonik JF, Nash E, Grossman E. The history of OSHA’s asbestos rule makings and some distinctive approaches that they introduced for regulating occupational exposure to toxic substances. AIHAJ 2001;62:208-17.
  • Steenland K, Beaumont J. The accuracy of occupation and industry data on death certificates. J Occup Med 1984;26:288-96.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ