一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2008年(Vol.57)世界的な麻疹コントロールの進歩と死亡率の低下-20・・・

MMWR抄訳

rss

2008/12/05Vol. 57 / No. 48

MMWR57(48):1303-1306
Progress in Global Measles Control and Mortality Reduction, 2000-2007

世界的な麻疹コントロールの進歩と死亡率の低下-2000~2007年

1963 年以降、麻疹に対して有効なワクチンが使用されるようになった後も、途上国では年間750,000名の小児が麻疹のため死亡しており(2000年データ)、WHOは2010年の麻疹による死亡数を2000年に比べ90%低下させることを目標としている。麻疹含有ワクチン(MCV1)の接種率は2000 年以降漸増しており、2007年には82%に達しているが、地域差は大きい。2007年、1歳までに初回接種を受けなかった小児は2,330万人と推定されており、インド(850万人)、ナイジェリア(200万人)、中国(100万人)、エチオピア(100万人)と未接種例は途上国に多く認められた。サーベイランスに関しては、WHO加盟国193ヶ国中162ヶ国(84%)が参加しており、2007年に麻疹症例を認めた国は178ヶ国(92%)、発症数は全世界で2000年:852,973例から2007年:279,006例と大きく減少し、2000~2007年における麻疹による死亡者は2000 年:750,000例から2007年:197,000例へ74%減少していた。このうち5歳未満の小児は679,000例から177,000例に減少、減少幅は東地中海諸国にて90%、アフリカにて89%と大きく、この期間中に全世界において麻疹コントロールにより約1,100万例の死亡を回避し、うち予防接種率の増加やSIAsの実施などの促進的介入により約360万(33%)の死亡を回避したと推定された。

References

  • World Health Organization, United Nations Children’s Fund. Measles mortality reduction and regional elimination strategic plan 2001-2005. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2001. Available at <http://www.who.int/vaccines-documents/docspdf01/www573.pdf>.
  • World Health Organization. Global immunization vision and strategy 2006-2015. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2005. Available at <http://www.who.int/vaccines-documents/docspdf05/givs_final_en.pdf>.
  • CDC. Progress in reducing global measles deaths, 1999-2004. MMWR 2006;55:247-9.
  • CDC. Progress in global measles control and mortality reduction, 2000-2006. MMWR 2007;56:1237-41.
  • World Health Organization, United Nations Children’s Fund. WHO/UNICEF review of national immunization coverage, 1980-2006. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2007. Available at <http://www.who.int/immunization_monitoring/routine /immunization_coverage/en/index4.html>.
  • World Health Organization. Module on best practices for measles surveillance. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2001. Available at <http://www.who.int/vaccines-documents/docspdf01/www617.pdf>.
  • Wolfson L, Strebel P, Gacic-Dobo M, et al. Has the 2005 measles mortality reduction goal been achieved? A natural history modelling study. Lancet 2007;369:191-200.
  • United Nations Secretariat, Population Division, Department of Economic and Social Affairs. World population prospects: the 2006 revision. New York, NY: United Nations Secretariat; 2007. Available at <http://www.un.org/esa/population/publications/wpp2006/English.pdf>.
  • CDC. Progress in measles control-Kenya, 2002-2007. MMWR 2007;56:969-72.
  • American Red Cross. Urgent funding needed to reach the 2010 measles goal. Washington, DC: American Red Cross; 2008. Available at <http://www.redcross.org/pressrelease/0,1077,0_314_8274,00.html>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ