一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2008年(Vol.57)溶媒1-ブロモプロパンへの職業的曝露による神経性疾・・・

MMWR抄訳

rss

2008/12/05Vol. 57 / No. 48

MMWR57(48):1300-1302
Neurologic Illness Associated with Occupational Exposure to the Solvent 1-Bromopropane - New Jersey and Pennsylvania, 2007-2008

溶媒1-ブロモプロパンへの職業的曝露による神経性疾患-ニュージャージー、ペンシルベニア州、2007~2008年

1- ブロモプロパン(1-BP)はオゾンを減少させるクロロフルオロカーボンや同じような規制を受けている化合物に代わる代替品として使用が増加している溶媒であり、蒸気の状態で使用される。発癌性のあるペルクロロエチレン(テトラクロロエチレン)の代わりにドライクリーニングに用いる州もあるが、職業的曝露による健康への影響は検討されていない。今回、ニュージャージおよびペンシルベニア州において、1-BPへの職業的曝露により神経性疾患(1-BPによる神経障害は尿中および血清臭化物濃度の上昇、血清アニオンギャップ陰性から示唆される)を来した症例が報告された。ペンシルベニア州の症例は50歳男性、意識錯乱、構音障害、めまい、知覚異常、運動失調により救急外来を受診、アニオンギャップは-31mmol/L(正常域:5~17mmol/L)、塩素イオン濃度は146mmol/L(正常域:101~111mmol/L)、臭化物濃度は48mg/dL(正常域:0~10mg/dL)であり、末梢神経症を呈し入院となった。本例は8年間、電子機器工場に勤務し、コンピュータの回路基板に1-BPを噴霧したり、水槽の洗浄などを行っていたが、個人防護具 (PPE)は使用していなかった。1年経過しても末梢神経症と運動失調は持続、仕事も医療上の問題からやめている。ニュージャージ州の症例は43歳男性、頭痛、悪心、めまい、倦怠感のためプライマリケア医を受診、1-BPは自分のドライクリーニング工場にて溶媒として使用していた。本例におけるアニオンギャップおよび塩素イオン濃度は正常であり、軽度の振戦が認められた。その後もPPEの装着やクリーニング機の設定温度の変更および換気を行いながら1- BPの使用を継続している。ここ数年、1-BPを溶媒として利用するドライクリーニング業者は85-90%と推定されており、1-BPの使用に関して何らかの規制を設ける必要があると考えられる。

References

  • Drycleaning and Laundry Institute. A DLI white paper: key information on industry solvents. Laurel, MD: Drycleaning and Laundry Institute; 2007. Available at <http://www.startadrycleaners.com/docs2008 /dli%20white%20paper.final.pdf>.
  • CDC. Health hazard evaluation report: Marx Industries, Inc. Cincinnati, OH: US Department of Health and Human Services, Public Health Service, CDC, National Institute for Occupational Safety and Health; 2003. HETA 99-0260-2906. Available at <http://www.cdc.gov/niosh/hhe/reports/pdfs/1999-0260-2906.pdf>.
  • Ichihara G. Neuro-reproductive toxicities of 1-bromopropane and 2-bromopropane. Int Arch Occup Environ Health 2005;78:79-96.
  • Raymond LW, Ford MD. Severe illness in furniture makers using a new glue: 1-bromopropane toxicity confounded by arsenic. J Occup Environ Med 2007;49:1009-19.
  • Majersik JJ, Caravati EM, Steffens JD. Severe neurotoxicity associated with exposure to the solvent 1-bromopropane (n-propyl bromide). Clin Toxicol 2007;45:270-6.
  • Hanley KW, Petersen M, Curwin BD, Sanderson WT. Urinary bromide and breathing zone concentrations of 1-bromopropane from workers exposed to flexible foam spray adhesives. Ann Occup Hyg 2006;50:599-607.
  • Dry Cleaning Technologies. Material safety data sheet for DrySolv. Melrose Park, IL: Enviro Tech International; 2008. Available at <http://www.dctco.com/drysolv_msds.pdf>.
  • National Toxicology Program-Center for the Evaluation of Risks to Human Reproduction. NTP-CERHR expert panel report on the reproductive and developmental toxicity of 1-bromopropane. Reproduc Toxicol 2004;18:157-88.
  • California Environmental Protection Agency. Dry cleaning alternative solvents: health and environmental impacts. Sacramento, CA: California Environmental Protection Agency, Air Resources Board; 2008. Available at <http://www.arb.ca.gov/toxics/dryclean/alternativesolvts_e.pdf>.
  • New Jersey Department of Environmental Protection. Control and prohibition of air pollution by toxic substances. Trenton, NJ: New Jersey Department of Environmental Protection; 2007. Available at <http://www.nj.gov/dep/rules/proposals/121707b.pdf>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ