一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2008年(Vol.57)自己申告による成人における身体的活動の普及-アメリ・・・

MMWR抄訳

rss

2008/12/05Vol. 57 / No. 48

MMWR57(48):1297-1300
Prevalence of Self-Reported Physically Active Adults - United States, 2007

自己申告による成人における身体的活動の普及-アメリカ、2007年

2008 年10月、U.S. Department of Health and Human Serviceから2008 Physical Activity Guidelines for Americans(2008 Guidelines)が発表され、有酸素運動と筋力強化運動に関する新しい指針が示された。このガイドラインでは最低限推奨される有酸素運動は週150 分間の適度な運動または週75分間の激しい運動、あるいはこれに相当する組み合わせとされており、Healthy People 2010(HP2010)の目標達成のため推奨されている運動(最低30分間の適度な運動を週5日または20分間の激しい運動を週3日)と大きく異なっている。CDCは2008 Guidelinesのbaselineデータを確立し、このガイドラインを満たす回答者とHP2010の目標を満たす回答者を比較するため、 Behavioral Risk Factor Surveillance System(BRFSS)の2007年データの分析を行った。2007年BRFSSの回答者は430,912名、うち運動に関するデータが欠落した 31,815名を除く399,107名において、2008 Guidelinesを満たす回答者は64.5%(男性68.9%、女性60.4%)、年齢別では18-24歳が74.0%と最も高く、65歳以上の高齢者で51.2%と最も低かった。人種別では非ラテン系白人:67.5%、ラテン系:57.0%、非ラテン系黒人:56.5%、その他:62.1%、教育レベル別では大卒:70.3%~高卒以下:52.2%、地域別では西部:67.8%~南部:62.3%、BMI別では正常:68.8%~肥満:57.1%であった。HP2010を満たす回答者は48.8%(男性50.7%、女性47.0%)、年齢別では18-24歳:59.0%~65歳以上:39.3%、人種別では非ラテン系白人:51.7%、ラテン系:42.1%、非ラテン系黒人:40.4%、その他:45.3%、教育レベル別では大卒:54.0%~高卒以下:38.4%、地域別では西部:51.9%~南部:41.0%、BMI別では正常:54.0%~肥満:41.0%と2008 Guidelinesを満たす回答者と同様の傾向が認められた。しかし、依然として約1/3の成人が推奨レベルに届いておらず、今後も学校、職場および地域と連携し、有酸素運動の普及を進めていきたい。

References

  • US Department of Health and Human Services. 2008 physical activity guidelines for Americans. Hyattsville, MD: US Department of Health and Human Services; 2008. Available at <http://www.health.gov/paguidelines>.
  • US Department of Health and Human Services. Objectives 22-2 and 22-3. In: Healthy people 2010 (conference ed, in 2 vols). Washington, DC: US Department of Health and Human Services; 2000. Available at <http://www.healthypeople.gov>.
  • CDC. Prevalence of physical activity, including lifestyle activities among adults-United States, 1994-2004, MMWR 2003;52:764-9.
  • CDC. Prevalence of regular physical activity among adults-United States, 2001 and 2005, MMWR 2007;56:1209-12.
  • Brownson RC, Jones DA, Pratt M, Blanton C, Smith GW. Measuring physical activity with the behavioral risk factor surveillance system. Med Sci Sports Exerc 2000;32:1913-8.
  • Troiano RP, Berrigan D, Dodd KW, Masse LC, Tilert T, McDowell M. Physical activity in the United States measured by accelerometer. Med Sci Sports Exerc 2008;40:181-8.
  • Fahimi M, Link M, Schwartz D, Levy P, Mokdad A. Tracking chronic disease and risk behavior prevalence as survey participation declines: statistics from the Behavioral Risk Factor Surveillance System and other national surveys. Prev Chronic Dis 2008;5(3). Available at <http://www.cdc.gov/pcd/issues/2008/jul/07_0097.htm>.
  • CDC. Comparability of data: BRFSS 2007. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2007. Available at <http://www.cdc.gov/brfss/technical_infodata/surveydata/2007 /compare_07.rtf>.
  • CDC. Increasing physical activity: a report on recommendations of the Task Force on Community Preventive Services. MMWR 2001;50(No. RR-18).
  • Heath GW, Brownson RC, Kruger J, Miles R, Powell KE, Ramsey LT, Task Force on Community Preventive Services. The effectiveness of urban design and land use and transport policies and practices to increase physical activity: a systematic review. J Phys Act Health 2006;3(Suppl 1):S55-76.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ