一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2008年(Vol.57)ロタウイルスサーベイランス-世界、2001~200・・・

MMWR抄訳

rss

2008/11/21Vol. 57 / No. 46

MMWR57(46):1255-1257
Rotavirus Surveillance - Worldwide, 2001-2008

ロタウイルスサーベイランス-世界、2001~2008年

ロタウイルス感染症は小児の重症急性下痢症を引き起こす。毎年、ロタウイルス下痢症により5歳未満の小児527,000例が死亡していると推定され、このうち85%以上はアフリカ、アジアの低所得国の小児である。ロタウイルスワクチンは2種類が承認されており、その有効性は85~98%、アメリカ、ヨーロッパおよびオーストラリアなどの11ヶ国にて定期予防接種に導入されている。現在、アフリカ、アジアの低所得国での臨床試験が行われており、その結果は 1~2年後に発表される予定である。ここでは2001~2008年のWHOによる世界的予防接種対策に基づくサーベイランスデータから、ロタウイルスによる小児下痢症に関する調査結果をまとめる。この期間、ロタウイルス検査が行われた5歳未満の急性下痢症による入院例は62,584例(アフリカ:4,356、アメリカ:26,065、ヨーロッパ:3,374、東地中海諸国:17,291、東南アジア/西太平洋諸国:11,498)であり、ロタウイルス検出率は40%(アフリカ:41%、アメリカ:34%、ヨーロッパ:40%、東地中海諸国:40%、東南アジア/西太平洋諸国:45%)であった。血清型の分析は4,936検体(アフリカ:325、アメリカ:388、ヨーロッパ:323、東地中海諸国:1,290、東南アジア/西太平洋諸国:2,610)にて行われ、アメリカ、ヨーロッパ、東南アジア/西太平洋諸国ではG1P(8)、G9P(8)、G2P(4)の3種で約2/3を占めたが、アフリカ、東地中海諸国ではGおよびP型に属さず、その他に分類される血清型がそれぞれ46%、50%を占めていた。これらの結果は今後、予防接種の効果を評価する上で重要な基本情報であり、ワクチンの疫学的研究にも有用である。アジア、アフリカの低所得国に対してはGAVI Alliance(Glovbal Alliance for Vaccines and Immunizations)による経済的支援が行われ、ワクチンの有効性が確認された後は支援の対象国がさらに拡大される予定である。

References

  • Parashar UD, Gibson CJ, Bresee JS, Glass RI. Rotavirus and severe childhood diarrhea. Emerg Infect Dis 2006;12:304-6.
  • Parashar UD, Hummelman EG, Bresee JS, Miller MA, Glass RI. Global illness and deaths caused by rotavirus disease in children. Emerg Infect Dis 2003;9:565-72.
  • Parashar UD, Burton A, Lanata C, et al. World Health Organization estimates of the global mortality from rotavirus in children in the year 2004. J Infect Dis 2009 (in press).
  • Ruiz-Palacios GM, Perez-Schael I, Velazquez FR, et al. Safety and efficacy of an attenuated vaccine against severe rotavirus gastroenteritis. N Engl J Med 2006;354:11-22.
  • Vesikari T, Matson DO, Dennehy P, et al. Safety and efficacy of a pentavalent human-bovine (WC3) reassortant rotavirus vaccine. N Engl J Med 2006;354:23-33.
  • World Health Organization. Generic protocol for (i) hospital-based surveillance to estimate the burden of rotavirus among children and (ii) a community-based survey on utilization of health care services for gastroenteritis in children. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2002. Available at <https://www.who.int/vaccines-documents/docspdf02/www698.pdf>.
  • Gentsch JR, Glass RI, Woods P, et al. Identification of group A rotavirus gene 4 types by polymerase chain reaction. J Clin Microbiol 1992;30:1365-73.
  • Tanaka F, Faruque AS, Luby SP, et al. Deaths from rotavirus disease in Bangladeshi children: evidence from hospital-based surveillance. Pediatr Infect Dis J 2007;26:1014-8.
  • Gentsch JR, Laird AR, Bielfelt B, et al. Serotype diversity and reassortment between human and animal rotavirus strains: implications for rotavirus vaccine programs. J Infect Dis 2005;192:S146-59.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ