一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2008年(Vol.57)新生児に対するB型肝炎ワクチン接種の実行-世界、2・・・

MMWR抄訳

rss

2008/11/21Vol. 57 / No. 46

MMWR57(46):1249-1252
Implementation of Newborn Hepatitis B Vaccination - Worldwide, 2006

新生児に対するB型肝炎ワクチン接種の実行-世界、2006年

B 型肝炎ウイルス(HBV)の感染は肝硬変、肝臓癌の原因となり、全世界での年間死亡者数は620,000例と推定されている。1992年、WHOは 1997年までに全てのWHO加盟国でB型肝炎(HepB)ワクチンを乳児の定期予防接種に導入することを目標とし、1998年よりUNICEFと Joint Reporting Formを利用して乳児の予防接種に関するデータを収集している。今回、2006年における接種状況がまとめられた。2006年、WHO参加国193ヶ国におけるHBV感染発症率はHigh(=8%):87ヶ国(出生数:62,658,651)、Intermediate(2-8%):62ヶ国 (同:58,353,308)、Low(<2%):44ヶ国(同:14,004,025)であり、出生24時間以内の新生児に対するHepB接種はそれぞれ38ヶ国、33ヶ国、10ヶ国、計81ヶ国(42%、人口ベース:27%)にて行われていた。地域別ではアフリカ:5/46ヶ国(人口ベース接種率:3%)、アメリカ:12/35(39%)、東地中海諸国:11/21(40%)、ヨーロッパ:27/53(30%)、東南アジア:3/11(8%)、西太平洋諸国:23/27(71%)であった。それぞれの地域において、HBV発症率がHighに分類される国における新生児に対するHepB接種はアフリカ:4/45ヶ国(人口ベース接種率:1%)、東地中海:1/4ヶ国(25%)、ヨーロッパ:9/10ヶ国(92%)、東南アジア:2/5ヶ国 (75%)、西太平洋:22/23ヶ国(75%)であった。HBV感染発症率の低下には出生後24時間以内のHepB接種が有効であり、アメリカやヨーロッパでは新生児に対するHepBの導入により死亡率が10-20%低下していることから、HBV感染率の高い国に限らず、新生児HepB接種の実施は非常に重要であり、感染率が低い国々でも接種の実施が進められている。

References

  • Goldstein ST, Zhou F, Hadler SC, Bell BP, Mast EE, Margolis HS. A mathematical model to estimate global hepatitis B disease burden and vaccination impact. Int J Epidemiol 2005;34:1329-39.
  • CDC. Global progress toward universal childhood hepatitis B vaccination, 2003. MMWR 2003;52:868-70.
  • World Health Organization. Hepatitis B vaccines: WHO position paper. Weekly Epidemiol Rec 2004;79:255-63.
  • World Health Organization. WHO/UNICEF immunization summary: the 2007 edition. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2007. Available at <http://whqlibdoc.who.int/hq/2007/who_ivb_2007_eng.pdf>.
  • CDC. Hepatitis, viral, type B. In: Health information for international travel 2008. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services; 2008. Available at <http://wwwn.cdc.gov/travel/yellowbookch4-hepb.aspx>.
  • United Nations. World population prospects: the 2006 revision. United Nations, Population Division, New York, NY; 2007. Available at <http://esa.un.org/unpp>.
  • Creati M, Saleh A, Ruff TA, et al. Implementing the birth dose of hepatitis B vaccine in rural Indonesia. Vaccine 2007;25:5985-93.
  • CDC. A comprehensive immunization strategy to eliminate transmission of hepatitis B virus infection in the United States: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP); part 1: immunization of infants, children, and adolescents. MMWR 2005;54 (No. RR-16).
  • Hipgrave DB, Maynard JE, Biggs BA. Improving birth dose coverage of hepatitis B vaccine. Bull World Health Organ 2006;84:65-71.
  • World Health Organization Regional Office for the Western Pacific. Preventing mother-to-child transmission of hepatitis B. Operational field guidelines for delivery of the birth dose of hepatitis B vaccine. Manila, Philippines: World Health Organization Regional Office for the Western Pacific; 2006. Available at <http://www.wpro.who.int/publications/publications.htm#listm>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ