一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2008年(Vol.57)喫煙による死亡率、損失生存可能年数、生産性損失-米・・・

MMWR抄訳

rss

2008/11/14Vol. 57 / No. 45

MMWR57(45):1226-1228
Smoking-Attributable Mortality, Years of Potential Life Lost, and Productivity Losses - United States, 2000-2004

喫煙による死亡率、損失生存可能年数、生産性損失-米国、2000~2004年

喫煙および受動喫煙は慢性疾患による早期死亡や社会経済的損失、健康管理システムへの多大な負担をもたらす。喫煙は全ての癌死の30%以上、慢性閉塞性肺疾患(COPD)による死亡のほぼ80%、早期心血管系疾患および心血管死に関与する。喫煙による経済的・公衆衛生的負担を評価するため、2005年に CDCは1997~2001年の喫煙関連死亡率(SAM)、損失生存可能年数(YPLL)、生産性損失に関する分析結果を報告した。その分析には、 National Health Interview SurveyのデータとNational Center for Health Statisticsの死亡証明書データに基づきSAM、YPLL、生産性損失を推定するCDCのSmoking-Attributable Mortality, Morbidity, and Economic Costs(SAMMEC)システムのデータが利用された。この報告は、SAM、YPLL、生産性損失に関する最新情報として2000~2004年の分析結果について述べる。この期間中、喫煙と副煙流曝露により少なくとも1年間に約443,000人(男性:269,655人、女性173,940人)が早期に死亡した。喫煙関連死の主因は肺癌(128,922人)、虚血性心疾患(126,005人)、COPD(92,915人)であった。35歳以上の喫煙関連死亡者(受動喫煙、家庭内曝露による死亡者を除く)のうち160,848人(41.0%)は癌、128,497人(32.7%)は心血管系疾患、 103,338人(26.3%)は呼吸器疾患であった。妊娠中の喫煙は年間で推定776人の乳児死亡をもたらした。また喫煙は年間約510万YPLL(男性:310万、女性:200万)の原因となり、年間約968億ドル(男性:642億ドル、女性:326億ドル)の生産性損失をもたらした。喫煙はいまだに健康および経済的な負担となっている。州は、包括的喫煙抑制プログラムへの出資をCDCの推奨レベルまで増加することによって喫煙率低下と喫煙による負担の軽減をさらに促進することができる。

References

  • CDC. The health consequences of smoking: a report of the Surgeon General. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2004. Available at <http://www.cdc.gov/tobacco/data_statistics/sgr/sgr_2004/index.htm>.
  • CDC. Annual smoking-attributable mortality, years of potential life lost, and economic costs-United States, 1997-2001. MMWR 2005;54:625-8.
  • Institute of Medicine. Ending the tobacco problem: a blueprint for the nation. Washington, DC: National Academies Press; 2007.
  • CDC. Best practices for comprehensive tobacco control programs-2007. Atlanta, GA, US Department of Health and Human Services, CDC; 2007. Available at <http://www.cdc.gov/tobacco/tobacco_control_programs/stateandcommunity /best_practices/index.htm>.
  • Arias E. United States life tables, 2004. Nat Vital Stat Rep 2006;56:1-39.
  • Haddix AC, Teutsch SM, Corso PS. Prevention effectiveness: a guide to decision analysis and economic evaluation. 2nd ed. New York, NY: Oxford University Press; 2003.
  • Hall JR Jr. The smoking-material fire problem. Quincy, MA: National Fire Protection Association, Fire Analysis and Research Division; 2007.
  • CDC. The health consequences of involuntary exposure to tobacco smoke: a report of the Surgeon General. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2006.
  • California Environmental Protection Agency. Proposed identification of environmental tobacco smoke as a toxic air contaminant. Sacramento, CA: Environmental Protection Agency, Office of Environmental Health Hazard Assessment; 2005. Available at <http://www.oehha.org/air/environmental_tobacco/2005etsfinal.html>.
  • Campaign for Tobacco-Free Kids. A broken promise to our children: the 1998 state tobacco settlement eight years later. Washington, DC: Campaign for Tobacco-Free Kids; 2006. Available at <http://www.tobaccofreekids.org/reports/settlements/2007 /fullreport.pdf>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ