一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2008年(Vol.57)成人における喫煙-米国、2007年

MMWR抄訳

rss

2008/11/14Vol. 57 / No. 45

MMWR57(45):1221-1226
Cigarette Smoking Among Adults - United States, 2007

成人における喫煙-米国、2007年

2010 年国民健康目標のひとつは成人の喫煙率を12%以下に低下させることである。この目標達成への進行状況を評価するため、CDCは毎年National Health Interview Survey(NHIS)の自己報告データを分析している。この報告は2007年の分析結果について述べる。2007年には米国成人(18歳以上)の約 19.8%(4,340万人)が喫煙しており、そのうち77.8%(3,380万人)は毎日喫煙者であった。2007年の喫煙率は2006年 (20.8%)に比べ有意に低かった。喫煙経験者(生涯に100本以上喫煙)推定8,680万人のうち52.1%(4,730万人)はインタビュー時に喫煙していなかった。喫煙率は男性(22.3%)が女性(17.4%)より有意に高かった。人種/民族別ではアメリカンインディアン/アラスカ原住民 (36.4%)が他の人種/民族に比べ有意に高く、アジア系(9.6%)が最低であった。また白人(21.4%)と黒人(19.8%)はラテンアメリカ系 (13.3%)よりも有意に高かった。25歳以上の成人では教育レベルにより喫煙率に差がみられ、General Education Development(GED)合格群と教育期間が9~11年の群は喫煙率が最高(それぞれ44.0%、33.3%)、大学卒業群と大学院卒業群が最低であった(それぞれ11.4%、6.2%)。年齢別では65歳以上群が最低(8.3%)で、18~24歳群は22.2%、25~44歳群は22.8%、 45~64歳群は21.0%であった。所得別では連邦貧困レベル未満群(28.8%)がそれ以上の群(20.3%)に比べ有意に高かった。過去40年間に喫煙率は全ての社会人口統計学的サブグループで低下したが、ここ10年間の低下率はそれ以前の10年間よりも小さかった。現在毎日喫煙者の禁煙経験率(過去1年間に少なくとも1日は禁煙)は1993年の47.0%から2007年には39.8%に有意に低下した。この期間中の禁煙経験率は若年成人群 (18~24歳)が高齢成人群に比べ一貫して高かった(1993年:59.3%、2007年:53.1%)。喫煙開始の防止と禁煙は全ての年齢層で罹病率と死亡率の低下をもたらす。医師は患者に禁煙や禁煙治療を勧めるべきであり、そのような臨床的アプローチも包括的喫煙抑制プログラムに含める必要がある。

References

  • US Department of Health and Human Services. Tobacco use in population groups: reduce tobacco use in adults. Cigarette smoking (27-1a). In: Healthy people 2010 (conference ed, in 2 vols). Washington, DC: US Department of Health and Human Services; 2000. Available at <http://www.healthypeople.gov/document/html/volume2 /27tobacco.htm#_toc489766222>.
  • CDC. Cigarette smoking among adults-United States, 2006. MMWR 2007;56:1157-61.
  • Fiore MC, Jaen CR, Baker TB, et al. Treating tobacco use and dependence: 2008 update. Clinical practice guideline. Rockville, MD: US Department of Health and Human Services, Public Health Service; 2008. Available at <http://www.surgeongeneral.gov/tobacco/treating_tobacco_use08.pdf>.
  • Institute of Medicine. Ending the tobacco problem: a blueprint for the nation. Washington, DC: National Academies Press; 2007.
  • CDC. Best practices for comprehensive tobacco control programs-2007. Atlanta, GA, US Department of Health and Human Services, CDC; 2007. Available at <http://www.cdc.gov/tobacco/tobacco_control_programs/stateandcommunity /best_practices/index.htm>.
  • Hughes JR, Keely J, Naud S. Shape of the relapse curve and long-term abstinence among untreated smokers. Addiction 2004;99:29-38.
  • Messer K, Trinidad DR, Al-Delaimy WK, Pierce JP. Smoking cessation rates in the United States: a comparison of young adults and older smokers. Am J Public Health 2008;98:317-22.
  • Doll R, Peto R, Boreham J, Sutherland I. Mortality in relation to smoking: 50 years’ observations on male British doctors. BMJ 2004;328:1519.
  • Caraballo RS, Giovino GA, Pechacek TF, Mowery PD. Factors associated with discrepancies between self-reports on cigarette smoking and measured serum cotinine levels among person aged 17 years or older: third National Health and Nutrition Examination Survey, 1988-1994. Am J Epidemiol 2001;153:807-14.
  • Maciosek MV, Coffield AB, Edwards NM, et al. Priorities among effective clinical preventive services. Am J Prev Med 2006;31:51-1.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ