一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2008年(Vol.57)肺炎球菌結合型ワクチン導入の進歩-世界、2000~・・・

MMWR抄訳

rss

2008/10/24Vol. 57 / No. 42

MMWR57(42):1148-1151
Progress in Introduction of Pneumococcal Conjugate Vaccine - Worldwide, 2000-2008

肺炎球菌結合型ワクチン導入の進歩-世界、2000~2008年

アメリカでは2000年に初の7価肺炎球菌結合型ワクチン(PCV7)が承認され、5歳未満の小児における侵襲性肺炎球菌性疾患が77%減少し、2歳未満の小児では肺炎による入院は39%減少している。アフリカではさらに2種の血清型を追加した新しいワクチンによる試験が行われ、小児における全死亡率が 16%低下したと報告されている。WHOは5歳未満の小児における全死亡率が50/1,000以上、または全死亡者数が年間50,000以上の国々に対してPCVの導入を推奨し、さらにHIV感染例での肺炎球菌感染率が非感染者の300倍高いことから、HIV感染率の高い国々に対してもPCVの導入を優先するよう推奨している。現在、世界的に承認されているワクチンはPCV7のみであり、今後2年間には10価および13価のPCVが承認される予定である。 PCV7は2000年にアメリカに導入され、2008年8月にはWHO加盟国193ヶ国中90ヶ国にて承認され、26ヶ国(13%)では小児予防接種プログラムに組み込まれている。この26ヶ国のうち24ヶ国は高所得国であり、小児死亡率およびHIV感染率は低い。PCV7は高価であることが低所得国での導入の障害となっており、Global Alliance for Vaccines and Immunizations(GAVI)は2015年までに低所得国(2003年の国民総所得が1人あたり$1,000以下)72ヶ国に対し資金を提供すると発表している。この72ヶ国中59ヶ国(82%)は5歳未満の死亡率が50/1,000以上、35ヶ国(49%)は15-49歳におけるHIV感染率が1%以上、66ヶ国(92%)は5歳未満の死亡例のうち肺炎による死亡が10%以上であり、いずれの国も2008年8月時点ではPCVは導入されていない。今後はGAVIの支援基準に相当しない中所得国に対する対策の検討が必要である。

References

  • World Health Organization. Pneumococcal conjugate vaccine for childhood immunization-WHO position paper. Wkly Epidemiol Rec 2007;82:93-104.
  • CDC. Invasive pneumococcal disease in children 5 years after conjugate vaccine introduction-eight states, 1998-2005. MMWR 2008;57:144-8.
  • Grijalva CG, Nuorti JP, Arbogast PG, Martin SW, Edwards KM, Griffin MR. Decline in pneumonia admissions after routine childhood immunisation with pneumococcal conjugate vaccine in the USA: a time-series analysis. Lancet 2007;369:1179-86.
  • Madhi SA, Levine OS, Hajjeh R, Mansoor OD, Cherian T. Vaccines to prevent pneumonia and improve child survival. Bull World Health Organ 2008;86:365-72.
  • Rudan I, Boschi-Pinto C, Biloglav Z, Mulholland K, Campbell H. Epidemiology and etiology of childhood pneumonia. Bull World Health Organ 2008;86:408-16.
  • Bliss SJ, O’Brien KL, Janoff EN, et al. The evidence for using conjugate vaccines to protect HIV-infected children against pneumococcal disease. Lancet Infect Dis 2008;8:67-80.
  • Sinha A, Levine O, Knoll MD, Muhib F, Lieu TA. Cost-effectiveness of pneumococcal conjugate vaccination in the prevention of child mortality: an international economic analysis. Lancet 2007;369:389-96.
  • World Health Organization. Meeting of the Immunization Strategic Advisory Group of Experts, April 2008-conclusions and recommendations. Wkly Epidemiol Rec 2008;83:193-208.
  • CDC. Global progress toward universal childhood hepatitis B vaccination, 2003. MMWR 2003;52:868-70.
  • CDC. Progress toward introduction of Haemophilus influenzae type b vaccine in low-income countries-worldwide, 2004-2007. MMWR 2008;57:148-51.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ