一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2008年(Vol.57)ジフテリア・破傷風トキソイド・無細胞性百日咳吸着・・・・

MMWR抄訳

rss

2008/10/03Vol. 57 / No. 39

MMWR57(39):1079-1080
Licensure of a Diphtheria and Tetanus Toxoids and Acellular Pertussis Adsorbed, Inactivated Poliovirus, and Haemophilusb Conjugate Vaccine and Guidance for Use in Infants and Children

ジフテリア・破傷風トキソイド・無細胞性百日咳吸着・不活性化ポリオウイルス・ haemophilusb結合型ワクチンの認可と乳児および小児における使用

2008 年6月20日、FDAはジフテリア・破傷風トキソイド・無細胞性百日咳吸着(DTaP)・不活性化ポリオウイルス(IPV)ワクチンと結合型b型インフルエンザ菌ワクチン(Hib)(破傷風トキソイド[TT]結合)の混合ワクチン(DTaP-IPV/Hib[Pentacel])を認可した。この報告は、 Pentacelの適応とAdvisory Committee on Immunization practice (ACIP)が示したその使用手引を紹介する。比較試験では、局所および全身性有害事象と重篤な有害事象の発現頻度はDTaP-IPV/Hib とDTaP、IPV、Hibを別々に接取した場合とで同等であり、DTaP-IPV/Hibの3、4回接種後の免疫原性も別々に接取した場合と同等であることが報告されている。DTaP-IPV/Hibは乳児および小児に対し生後2、4、6、15~18ヶ月の4回接種として使用する。一部のアメリカンインディアン/アラスカ原住民(AI/AN)小児は特に生後6ヶ月間 Hib疾患のリスクが高い。さらに同小児ではHib結合型ワクチン製剤により免疫反応が異なる可能性があり、ポリリボシルリビトールリン酸-髄膜炎菌外膜蛋白質(PRP-OMP)含有Hibワクチン製剤は他のHib結合型ワクチン(Hib-TTなど)よりも迅速に生後6ヶ月以内の予防抗体濃度へのセロコンバージョンをもたらす。したがって、AI/AN小児にはPRP-OMP含有Hibワクチンのみを使用する必要がある。

References

  • CDC. Recommended immunization schedules for persons aged 0-18 years-United States, 2008. MMWR 2008;57(1).
  • Food and Drug Administration. Product approval information: package insert. Pentacel (diphtheria and tetanus toxoids and acellular pertussis adsorbed, inactivated poliovirus and Haemophilus b conjugate [tetanus toxoid conjugate] vaccine. Available at <http://www.fda.gov/cber/products/pentacel.htm>.
  • Black S, Greenberg DP. A combined diphtheria, tetanus, five-component acellular pertussis, poliovirus and Haemophilus influenzae type b vaccine. Expert Rev Vaccines 2005;4:793-805.
  • CDC. General recommendations on immunization: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). MMWR 2006;55(No. RR-15).
  • CDC. Haemophilus b conjugate vaccines for prevention of Haemophilus influenzae type b disease among infants and children two months of age and older recommendations of the ACIP. MMWR 1991;40(No. RR-1).
  • Pickering LK, ed. 2006 red book: report of tいhe Committee on Infectious Diseases. 25th ed. Elk Grove Village, IL: Academy of Pediatrics; 2006.
  • Galil K, Singleton R, Levine OS, et al. Reemergence of invasive Haemophilus influenzae type b disease in a well-vaccinated population in remote Alaska. J Infect Dis 1999;179:101-6.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ