一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2008年(Vol.57)HIV罹患率の推定-米国、2006年

MMWR抄訳

rss

2008/10/03Vol. 57 / No. 39

MMWR57(39):1073-1076
HIV Prevalence Estimates - United States, 2006

HIV罹患率の推定-米国、2006年

米国在住のHIV感染者数の正確でタイムリーなデータは疾患予防やプログラムの評価、資源の分配に必要である。CDCは2006年にHIV感染症と診断された13歳以上の患者に関する全国HIV/AIDS Reporting Systemの情報を利用し、拡大back-calculation法によりHIV罹患率を推定した。その結果、2006年末の時点で1,106,400 人の成人および青少年(13歳以上)がHIV感染を診断あるいは診断されずに米国内に居住していたと推定した(人口10万人あたりの罹患率: 447.8)。このHIV感染者のうち46.1%は黒人(罹患率:1,715.1)、34.6%は白人(224.3)、17.5%はラテンアメリカ系 (585.3)、1.4%はアジア/太平洋諸島系(129.6)、0.4%はアメリカンインディアン/アラスカ原住民(231.4)であった。また全体の 74.8%は男性(685.7)、25.2%は女性(220.4)であった。HIV伝播カテゴリー別では、男性同性愛者が48.1%(男性患者の 64.3%)、ハイリスク異性間性行為(HIV感染者あるいはハイリスク者との性行為)27.6%(男性:12.6%、女性:72.4%)、注射薬 (IDU)使用18.5%(男性患者の15.9%、女性患者の26.3%)であった。全体として232,700人(21.0%)が2006年末の時点で HIV感染を診断されていないと推定された。黒人男性(2,388.2)とラテンアメリカ系男性(883.4)の罹患率は白人男性(394.6)のそれぞれ約6倍、2倍であり、黒人女性(1,122.4)とラテンアメリカ系女性(263.0)の罹患率は白人女性(62.7)のそれぞれ約18倍、4倍であった。根本的なHIV罹患率低下には、さらなるHIV伝播を抑制するためのHIV検査・診断・早期治療・予防への介入が重要である。

References

  • Bhaskaran K, Hamouda O, Sannes M, et al. Changes in the risk of death after HIV seroconversion compared with mortality in the general population. JAMA 2008;300:51-9.
  • CDC. 1993 revised classification system for HIV infection and expanded surveillance case definition for AIDS among adolescents and adults. MMWR 1992;41(No. RR-17).
  • Hall HI, Song R, Rhodes P, et al. Estimation of HIV incidence in the United States. JAMA 2008;300:520-9.
  • Glynn M, Rhodes P. What is really happening with HIV trends in the United States? Modeling the national epidemic [Session T1-B11-13]. Presented at the National HIV Prevention Conference, Atlanta, GA, June 12-15, 2005.
  • Green TA. Using surveillance data to monitor trends in the AIDS epidemic. Stat Med 1998;17:143-54.
  • National Center for Health Statistics. Bridged-race vintage postcensal population estimates for July 1, 2000-July 1, 2006, by year, county, single-year of age, bridged-race, Hispanic origin, and sex. Available at <http://www.cdc.gov/nchs/about/major/dvs/popbridge/datadoc.htm#vintage2006>.
  • Mosher WD, Chandra A, Jones J. Sexual behavior and selected health measures: men and women 15-44 years of age, United States, 2002. Adv Data 2005;362:1-55.
  • Weinhardt LS, Carey MP, Johnson BT, Bickham NL. Effects of HIV counseling and testing on sexual risk behavior: a meta-analytic review of published research, 1985-1997. Am J Public Health 1999;89:1397-405.
  • CDC. Revised recommendations for HIV testing of adults, adolescents, and pregnant women in health-care settings. MMWR 2006;55(No. RR-14).
  • CDC. A heightened national response to the HIV/AIDS crisis among African Americans. Available at <http://www.cdc.gov/hiv/topics/aa/resources/reports/heightendresponse.htm>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ