一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2008年(Vol.57)障害のある、あるいは障害のない成人における自己評価・・・

MMWR抄訳

rss

2008/10/03Vol. 57 / No. 39

MMWR57(39):1069-1073
Racial/Ethnic Disparities in Self-Rated Health Status Among Adults With and Without Disabilities - United States, 2004-2006

障害のある、あるいは障害のない成人における自己評価健康状態における人種/民族間格差 -アメリカ、2004~2006年

自己評価健康状態は罹病率と死亡率の独立した予測因子であり、米国成人集団のそれでは人種/民族間格差がある。黒人とラテンアメリカ系は白人に比べ一般的健康状態が「まあ良好・不良」である割合が高く、障害保有率は黒人とアメリカンインディアン/アラスカ原住民(AI/AN)がより高い。米国成人における人種/民族間および障害の有無による自己評価健康状態の差を調査するため、CDCは2004~2006年のBehavioral Rick Factor Surveillance System(BRFSS)調査データを分析した。データ分析では「身体・精神・情動的問題のための活動制限があるか?」「杖や車椅子、特殊なベッド、特殊な電話といった特殊な装備の使用を必要とする健康上の問題があるか?」という質問に「はい」と回答した場合を、「障害あり」とした。また自己評価健康状態は5段階(最良・非常に良好・良好・まあ良好・不良)で評価した。2004~2006年の米国成人集団(18歳以上)における障害保有率は19.9%であり、人種/民族別ではAI/AN(29.9%)が最高、アジア系(11.6%)が最低であった。米国成人集団のほぼ84%は健康状態が良好以上であったが、健康状態にはかなりの人種/民族間格差がみられた。「最良・非常に良好」の回答率は白人、アジア系、ハワイ原住民/他の太平洋諸島住民では約60% (それぞれ59.3、55.8、55.4%)であったが、黒人は44.4%、AN/AIは42.7%であった。「まあ良好・不良」の回答率は白人 (12.9%)とアジア系(10.4%)は同等であり、黒人(21.1%)、ハワイ原住民/他の太平洋諸島系(14.8%)、AI/AN(24.5%)は高かった。ラテンアメリカ系成人は「最良・非常に良好」「良好」「まあ良好・不良」の回答率がほぼ同等であった(それぞれ33.6%、35.4%、 31.1%)。全体として障害のある成人は障害のない成人に比べ「最良・非常に良好」の回答率が有意に低く(それぞれ27.2%、60.2%)、「まあ良好・不良」の回答率が有意に高かった(40.3%、9.9%)。障害のない成人における「非常に良好・最良」の回答率は白人が最高(66.9%)で黒人 49.9%、障害のある成人における「まあ良好・不良」の回答率はラテンアメリカ系(55.2%)とAI/AN(50.5%)で高く、アジア系 (24.9%)が最低であった。人種/民族間健康格差を減少させる努力には、各人種/民族集団内での障害者の健康と幸福を改善するための戦略を明確に含める必要がある。

References

  • Lee SJ, Moody-Ayers SY, Landefeld CS, et al. The relationship between self-rated health and mortality in older black and white Americans. J Am Geriatr Soc 2007;55:1624-9.
  • Mead H, Cartwright-Smith L, Jones K, Ramos C, Woods K, Siegel B. Racial and ethnic disparities in U.S. health care: a chartbook. New York, NY: The Commonwealth Fund; 2008. Available at <http://www.commonwealthfund.org/usr_doc/mead_racialethnicdisparities_chartbook_1111.pdf>.
  • CDC. Disability and health state chartbook, 2006: profiles of health for adults with disabilities. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2006. Available at <http://www.cdc.gov/ncbddd/dh/chartbook/chartbook%20text.pdf>.
  • US Department of Health and Human Services. Healthy people 2010 (conference ed, in 2 vols). Washington, DC: US Department of Health and Human Services; 2000. Available at <http://www.healthypeople.gov>.
  • US Department of Health and Human Services. The Surgeon General’s call to action to improve the health and wellness of persons with disabilities. Washington, DC: US Department of Health and Human Services, Office of the Surgeon General; 2005. Available at <http://www.surgeongeneral.gov/library/disabilities/calltoaction/calltoaction.pdf>.
  • Berkanovic E. The effect of inadequate translation of Hispanics’ responses to health surveys. Am J Public Health 1980;70:1273-81.
  • DeNavas-Walt C, Proctor BD, Lee CH. Income, poverty, and health insurance coverage in the United States: 2005. Current population reports (P60-231). Washington, DC: US Census Bureau; 2006. Available at <http://www.census.gov/prod/2006pubs/p60-231.pdf>.
  • Altman B, Bernstein A. Disability and health in the United States, 2001-2005. Hyattsville, MD: US Department of Health and Human Services, CDC, National Center for Health Statistics; 2008. Available at <http://www.cdc.gov/nchs/data/misc/disability2001-2005.pdf>.
  • Field MJ, Jette AM, Martin L, eds. Workshop on disability in America: a new look. Washington, DC: National Academies Press; 2006. Available at <http://www.nap.edu/catalog.php?record_id=11579#toc>.
  • Shi L, Green LH, Kazakova S. Primary care experience and racial disparities in self-reported health status. J Am Board Fam Pract 2004;17:443-52.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ