一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2008年(Vol.57)成人における州特異的インフルエンザワクチン接種率-・・・

MMWR抄訳

rss

2008/09/26Vol. 57 / No. 38

MMWR57(38):1033-1039
State-Specific Influenza Vaccination Coverage Among Adults - United States, 2006-07 Influenza Season

成人における州特異的インフルエンザワクチン接種率-アメリカ、2006-07インフルエンザシーズン

Advisory Committee on Immunization Practices(ACIP)の2008年勧告では、50歳以上の全ての成人、インフルエンザシーズンに妊娠する可能性のある女性、18~49歳のハイリスク症例および他のインフルエンザ合併症のリスクの高い成人に対し、ワクチン接種が推奨されている。Healthy People 2010ではワクチン接種率の目標値を65歳以上の成人にて90%、18~64歳のハイリスク症例にて60%としている。今回、Behavioral Risk Factor Surveillance System(BRFSS)データから、2006-07インフルエンザシーズンにおけるワクチン接種率の調査が行われた。対象は国内50州、ワシントン DC、プエルトリコ、バージン諸島、グアムであり、州別回答率は2007年:50.6%(26.9~65.4%)、2006年:51.4% (35.1~66.0%)であった。2006-07シーズン、18~49歳のハイリスク症例におけるインフルエンザワクチン接種率は35.1%、非ハイリスク症例:23.4%と、ハイリスク症例にて高値であった。人種/民族別では非ラテン系白人にて他の人種/民族に比べ高く(37.1%)、非ラテン系黒人:34.0%、アジア系:36.5%、アメリカンインディアン/アラスカ原住民(AI/AN):43.9%、ラテン系:28.2%、州別では22.3% (フロリダ州)~54.0%(テネシー州、中央値:37.6%)、前年比は-5.3%~22.0%(中央値:6.2%)であった。50~64歳では全体の接種率が42.0%、州別では34.0%(フロリダ州)~53.7%(ミネソタ州)、ハイリスク例で54.2%、非ハイリスク例で37.9%、人種/民族別では非ラテン系白人:44.1%、非ラテン系黒人:35.2%、アジア系:39.5%、AI/AN:43.6%、ラテン系:34.0%と非ラテン系白人にて高く、前年比はハイリスク例で-11.4~18.4%(中央値:4.8%)、非ハイリスク例で-3.8~10.8%(中央値4.9%)であった。また、65歳以上では全体の接種率が72.1%、州別では60.8%(ネバダ州)~81.0%(ロードアイランド州)、人種/民族別では非ラテン系白人: 74.2%、非ラテン系黒人:57.1%、アジア系:83.3%、AI/AN:63.1%、ラテン系:61.4%と非ラテン系白人にて高く、前年比はアジア系にて19.3%増、非ラテン系白人にて2.3%増、全体では-2.8%~9.2%(中央値:2.7%)であった。ワクチン接種率は1992-93年期より増加傾向にあったが、2004-05年期はワクチン供給不足により減、2006-07年期は2003-04年期レベルに復帰している。

References

  • CDC. Prevention and control of influenza: Recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). MMWR 2008;57(No. RR-7).
  • US Department of Health and Human Services. Healthy people 2010 (conference ed., in 2 vols). Washington, DC: US Department of Health and Human Services; 2000. Available at <http://www.health.gov/healthypeople>.
  • CDC. State-specific influenza vaccination coverage among adults aged >=18 years-United States, 2003-04 and 2005-06 influenza seasons. MMWR 2007;56:953-9.
  • CDC. Estimated influenza vaccination coverage among adults and children-United States, September 1-November 30, 2004. MMWR 2004;53:1147-53.
  • Zimmerman RK, Santibanez TA, Janosky JE, et al. What affects influenza vaccination rates among older patients? An analysis from inner-city, suburban, rural, and Veterans Affairs practices. Am J Med 2003;114:31-8.
  • CDC. National Influenza Vaccination Week-November 26-December 2, 2007. MMWR 2007;56:1216-7.
  • Blumberg SJ, Luke JV, Cynamon ML. Telephone coverage and health survey estimates: evaluating the need for concern about wireless substitution. Am J Public Health 2006;96:926-31.
  • Lindley MC, Wortley PM, Winston CA, et al. The role of attitudes in understanding disparities in adult influenza vaccination. Am J Prev Med 2006;31:281-5.
  • Task Force on Community Preventive Services. The guide to community preventive services. What works to promote health? New York, NY: Oxford University Press; 2005:233-303.
  • Poland GA, Shefer AM, McCauley M, et al. Standards for adult immunization practices. Am J Prev Med 2003;25:144-50.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ