一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2008年(Vol.57)ポリオ根絶への進歩-ナイジェリア、2007年1月-・・・

MMWR抄訳

rss

2008/08/29Vol. 57 / No. 34

MMWR57(34):942-946
Progress Toward Poliomyelitis Eradication - Nigeria, January 2007-August 12, 2008

ポリオ根絶への進歩-ナイジェリア、2007年1月-2008年8月12日

ナイジェリア、アフガニスタン、インド、パキスタンの4ヶ国では依然としてポリオウイルスの伝播が認められており、ナイジェリアでは北部の数州にて経口ポリオワクチン(OPV)の信頼性の低下や追加予防接種活動(SIAs)の中止などにより2003~2004年にかけて野生型ポリオウイルス(WPV)伝播が復活し、その後2006年にかけてポリオフリーとなった国々へ拡大していった。2006年、ナイジェリア健康局はWPV拡大をコントロールするため、1型 WPV(WPV1)伝播阻止を焦点とし、ワクチン効果を高めるため1価1型OPV(mOPV1)を2006年3月よりSIAsに導入、さらに予防接種を受け入れる地域を拡大するため2006年5月、SIAを予防接種プラス日(IPDs)と呼ばれる実施方法に変更した。IPDsはOPVと他の健康的介入(他の予防接種や寄生虫駆除、寝具の殺虫処理など)を定位置にて提供すると共に、OPVを戸別接種するものであり、2006年に4回、2007年には6回、 2008年は8月12日現在、全国的IPDsが2回、地域的IPDsは3回実施されている。予防接種を1回も受けていない小児はポリオフリー地域で 2007年:2%、感染地域では18%であり、特に発生率の高い北部7州では2006年:45%、2007年:30%、2008年:25%と減少傾向にある。非ポリオ急性弛緩性麻痺(AFP)の発症率は2007年15歳未満の小児10万人あたり5.9(2006年:7.9)と低下し、便検体収集率も 2006年:86.4%から2007年:91.6%に増加している。また、2007~2008年におけるWPV症例は841例(うち3歳未満の小児 622、74%)であり、2007年の発症例(285例、WPV1:116、WPV3:169)は州別ではKano州が最も多く(60、WPV1:11、 WPV3:49)、他の北部6州にて114例(WPV1:44、WPV3:70)の発症を認め、2008年の発症例(556例、WPV1:511、 WPV3:45)もKano州が最も多い(194、WPV1:190、WPV3:4)。2006年にはポリオ発症例を18/37州(49%)にて認めたが、2007年は23州(62%)、2008年も23州と増加しており、全ての小児に対するSIAの実施に向け、緊急の伝播防止対策が必要であろう。

References

  • CDC. Progress toward poliomyelitis eradication-Nigeria, January 2004-July 2005. MMWR 2005;54:873-7.
  • CDC. Progress toward interruption of wild poliovirus transmission- worldwide, January 2007-April 2008. MMWR 2008;57:489-94.
  • CDC. Resurgence of wild poliovirus type 1 transmission and consequences of importation-21 countries, 2002-2005. MMWR 2006; 55:145-50.
  • Pallansch MA, Sandhu HS. The eradication of polio-progress and challenges. N Engl J Med 2006;355:2508-11.
  • CDC. Progress toward poliomyelitis eradication-Nigeria, 2005-2006. MMWR 2007;56:278-82.
  • World Health Organization. Poliomyelitis in Nigeria and West/Central Africa. Wkly Epidemiol Rec 2008;83:233-6.
  • CDC. Update on vaccine-derived polioviruses-worldwide, January 2006-August 2007. MMWR 2007;56:996-1001.
  • World Health Assembly. WHA resolution WHA61.1. Poliomyelitis: mechanism for management of potential risks to eradication. May 2008. Available at: <http://www.polioeradication.org/meeting_detail.asp?day=8&month=4& year=2008>.
  • CDC. Progress toward poliomyelitis eradication-Pakistan and Afghanistan, 2007. MMWR 2008;57:315-9.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ