一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2008年(Vol.57)アメリカインディアンおよびアラスカ原住民におけるア・・・

MMWR抄訳

rss

2008/08/29Vol. 57 / No. 34

MMWR57(34):938-941
Alcohol-Attributable Deaths and Years of Potential Life Lost Among American Indians and Alaska Natives - United States, 2001-2005

アメリカインディアンおよびアラスカ原住民におけるアルコール起因性死亡と損失生存可能年数 -アメリカ、2001-2005年

アルコールの大量摂取はアメリカにおける予防可能な主な死因の1つである。今回、CDCは2001-2005年の死亡証明データおよびCDCの Alcohol-Related Disease Impact(ARDI)ソフトウエアを用いて、アメリカインディアンおよびアラスカ原住民(AI/AN)における年間平均アルコール起因性死亡数 (AADs)および損失生存可能年数(YPLLs)の分析を行った。2001-2005年、AI/ANにおける年間平均AADsは1,514名(全体の 11.7%、アメリカ全国平均:3.3%)であり、急性死因771(50.9%)、慢性死因743(49.1%)であった。最も多い急性死因は自動車による事故(417 AADs、27.5%)、最も多い慢性死因はアルコール性肝疾患(381、25.2%)であり、男女別では68.3%が男性、年齢別では65.9%が50 歳未満であり、20歳未満も6.9%を占めた。地域別では大平原北部(497)、南西部(315)、太平洋沿岸地域(230)にて多く、アラスカ(86) が最も少なかった。YPLLsは全体で54,571年、急性死因により32,933(60.3%)、慢性死因により21,638(39.7%)であり、 AADs同様、自動車による事故(18,789、34.4%)およびアルコール性肝疾患(11,545、21.2%)が最も多く、20-49歳が 68.3%を占めた。アメリカ全体の平均値と比べた場合、年齢補正ADDsは人口10万人あたりAI/ANにて55.0、アメリカ全体では26.9、 YPLLsはAI/ANでは全YPLLsの17.3%、アメリカ全体では6.3%といずれも高値であった。Indian Health Serviceはアルコールの消費や関連する害を抑制するためのカウンセリングなどの介入プログラムを開始しており、アルコール起因性死亡減少に対する積極的な措置の模索が進められている。

References

  • Mokdad AH, Marks JS, Stroup DF, Gerberding JL. Actual causes of death in the United States, 2000. JAMA 2004;291:1238-45.
  • May AP. The epidemiology of alcohol abuse among American Indians: the mythical and real properties. The IHS Primary Care Provider 1995;20:37-56.
  • Smith GS, Branas CC, Miller TR. Fatal nontraffic injuries involving alcohol: a metaanalysis. Ann Emerg Med 1999;33:659-68.
  • May PA, Van Winkle NW, Williams MB, McFeeley PJ, DeBruyn LM, Serna P. Alcohol and suicide death among American Indians of New Mexico: 1980-1998. Suicide Life Threat Behav 2002;32:240-55.
  • Landen MG, Beller M, Funk E, Propst M, Middaugh J, Moolenaar RL. Alcohol-related injury death and alcohol availability in remote Alaska. JAMA 1997;278:1755-8.
  • Murray CJ, Kulkarni SC, Michaud C, et al. Eight Americas: investigating mortality disparities across races, counties, and race-counties in the United States. PLoS Med 2006;3:e260.
  • Guthrie P. Gallup, New Mexico: on the road to recovery. In: Streicker J, ed. Case histories in alcohol policy. San Francisco, CA: Trauma Foundation; 2000.
  • Indian Health Service. Adjusting for miscoding of Indian race on state death certificates. Rockville, MD: US Department of Health and Human Services, Public Health Service, Indian Health Service; 1996.
  • Task Force on Community Preventive Services. Excessive alcohol consumption. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC. Available at <http://www.thecommunityguide.org/alcohol/default.htm>.
  • Babor T, Caetano R, Casswell S, et al. Alcohol: no ordinary commodity. A summary of the book. Addiction 2003;98:1343-50.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ