一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2008年(Vol.57)西ナイルウイルス最新情報-アメリカ、2008年1月・・・

MMWR抄訳

rss

2008/08/22Vol. 57 / No. 33

MMWR57(33):899-900
West Nile Virus Update - United States, January 1-August 19, 2008

西ナイルウイルス最新情報-アメリカ、2008年1月1日~8月19日

2008年8月19日午前3時(Mountain Daylight Time)現在、CDCに報告された西ナイルウイルス(WNV)サーベイランスデータを示す。2008年、ヒトWNV疾患は28州より236例報告された。このうち137例(58%)は男性、年齢中央値は48歳(生後10ヶ月~86歳)、発症日は1月17日~8月14日であり、2例が死亡した。西ナイルウイルス血症ドナー推定例(PVD)は37例(カリフォルニア:20、テキサス:4、ルイジアナ:3、ミネソタ:3、ミシシッピ:2、アリゾナ・アイオワ・ケンタッキー・ネバダ・ウイスコンシン:各1)報告され、そのうち1例(24歳)がその後神経浸潤性疾患、1例(48歳)がその他/不明疾患、10例(年齢中央値:43歳[29~55歳])が西ナイル熱を発症した。さらに17州で死亡カラス881羽とその他の死亡鳥類212羽、14州とプエルトリコで馬、カリフォルニア州でリス5匹、プエルトリコで未確認動物1匹のWNV感染が報告され、5州(アリゾナ、カリフォルニア、フロリダ、ルイジアナ、ユタ)とプエルトリコよりセンチネル鶏88群でのWNVセロコンバージョン、33州とワシントンDC、ニューヨーク市より3,083のWNV陽性蚊プールが報告されている。

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ