一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2008年(Vol.57)透析施設に対する感染症コントロールの必要性と非経口・・・

MMWR抄訳

rss

2008/08/15Vol. 57 / No. 32

MMWR57(32):875-876
Infection Control Requirements for Dialysis Facilities and Clarification Regarding Guidance on Parenteral Medication Vials

透析施設に対する感染症コントロールの必要性と非経口薬剤バイアルに関するガイダンスについて

2008年4月、Centers of Medicare and Medicaid Services(CMS)は連邦官報に末期腎疾患(ESRD)施設に対する保険保障に関する条件についての最終的な規則を発表した。2001年のCDC による「慢性血液透析患者における感染予防に関する勧告」がCMS補償範囲条件の新しい基準に組み入れられ、2008年10月14日よりESRD施設は外来透析サービスのMedicare報酬を受けるにはCDCの勧告に従うこととなった。近年、非経口薬剤バイアルの取り扱いの誤りからC型肝炎ウイルス(HCV)感染や他の細菌感染症のアウトブレイクが発生しており、2002年、CDCはCMSに対し使い捨てバイアルの使用を推奨したが、この時点ではCDCの勧告は採用されなかった。今回、全ての透析施設がCDCによる透析施設における標準予防策および感染コントロールに関する勧告に従うこととなり、とくにエリスロポエチンなどの単回使用の静注薬のバイアルは、1回以上穿刺してはならないとし、単回使用のバイアルに一度針を刺したら、そのバイアルの無菌性は保証されないとしている。また、透析施設は感染症や他の有害事象の発生を適切な地域または州の公衆衛生局に報告しなければならない。報告が遅れた場合は疾病アウトブレイクの認識やコントロールが遅れることとなる。

References

  • US Department of Health and Human Services. Centers for Medicare and Medicaid Services. Medicare and Medicaid programs; conditions for coverage for end-stage renal disease facilities. 42 CFR Parts 405, 410, 413, 414, 488, and 494. Available at <http://www.cms.hhs.gov/cfcsandcops/downloads/esrdfinalrule0415.pdf>.
  • CDC. Recommendations for preventing transmission of infections among chronic hemodialysis patients. MMWR 2001;50(No. RR-5).
  • Thompson N, Bialek S. Hepatitis C virus transmission in the hemodialysis setting: importance of infection control practices and aseptic technique [Abstract]. In: programs and abstracts of the National Kidney Foundation Spring Meeting; April 3, 2008; Grapevine, TX.
  • CDC. Acute hepatitis C virus infections attributed to unsafe injection practices at an endoscopy clinic-Nevada, 2007. MMWR 2008;57: 513-7.
  • Williams IT, Perz JF, Bell BP. Viral hepatitis transmission in ambulatory health care settings. Clin Infect Dis 2004;38:1592-8.
  • Alter MJ. Healthcare should not be a vehicle for transmission of hepatitis C virus. J Hepatol 2008;48:2-4.
  • Grohskopf LA, Roth VR, Feikin DR, et al. Serratia liquefaciens bloodstream infections from contamination of epoetin alfa at a hemodialysis center. N Engl J Med 2001;344:1491-7.
  • Department of Health and Human Services. Centers for Medicare and Medicaid Services. CDC revised recommendations for single-use intravenous medication vials in end-stage renal disease (ESRD) facilities, 2002. Available at <http://www.cms.hhs.gov/surveycertificationgeninfo/downloads/scletter02-43.pdf>.
  • Siegel JD, Rhinehart E, Jackson M, Chiarello L, and the Healthcare Infection Control Practices Advisory Committee. Guideline for isolation precautions: preventing transmission of infectious agents in healthcare settings 2007. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2007. Available at <http://www.cdc.gov/ncidod/dhqp/gl_isolation.html>.
  • CDC. Acute allergic-type reactions among patients undergoing hemodialysis-multiple states, 2007-2008. MMWR 2008;57:124-5.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ