一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2008年(Vol.57)長期酸素療法中の喫煙に関連した致死性火災-メイン、・・・

MMWR抄訳

rss

2008/08/08Vol. 57 / No. 31

MMWR57(31):852-854
Fatal Fires Associated with Smoking During Long-Term Oxygen Therapy - Maine, Massachusetts, New Hampshire, and Oklahoma, 2000-2007

長期酸素療法中の喫煙に関連した致死性火災-メイン、マサチューセッツ、ニューハンプシャー、オクラホマ、2000~2007年

米国では毎年約100万人が主に喫煙関連肺疾患のためMedicareプログラムにより長期酸素療法(LTOT)を受けている。2007年12月14日、午前2時10分、メイン州Westbrookの高齢者用公共住宅プロジェクトで火災が発生し、約60名の居住者が避難し、6名が煙吸引のため病院に搬送された。この火災は、同住宅居住者に客として招かれた57歳女性が喫煙と酸素濃縮器の使用を同時に行ったことで発生した。この事故を受け、Maine Department of Health and Human Servicesはマサチューセッツ州、ニューハンプシャー州、オクラホマ州と協同してこのタイプの事故による死亡率とこれらの事故に共通する因子について調査した。2000~2007年、これら4州ではLTOT中の喫煙を原因とする火災により38例が死亡し(メイン州:5、マサチューセッツ州:11、ニューハンプシャー州:3、オクラホマ州:19)、年間死亡率は1000万人あたり3.8例であった(メイン州:4.8、マサチューセッツ州:2.1、ニューハンプシャー州:2.9、オクラホマ州:6.7)。これら死亡者の年齢中央値は67歳(9~87歳)であり、24例(63%)は女性であった。34例(89%)は火災発生時にLTOT中で喫煙しており、3例(8%)はLTOT中喫煙者(生存)の家族、1例(3%)はLTOT中の非喫煙者(家族が喫煙)であった。38例中37例が個人住宅での火災であった。このタイプの死亡を予防するためには、禁煙、LTOTの必要性の慎重な評価、煙探知器やスプリンクラーといった火災関連損傷の予防戦略が重要である。

References

  • Croxton TL, Bailey WC. Long-term oxygen treatment in chronic obstructive pulmonary disease: recommendations for future research. Am J Respir Crit Care Med 2006;174:373-8.
  • Robb BW, Hungness ES, Hershko DD, Warden GD, Kagan RJ. Home oxygen therapy: adjunct or risk factor? J Burn Care Rehabil 2003;24: 403-6.
  • Mallonee S, Istre GR, Rosenberg M, et al. Surveillance and prevention of residential-fire injuries. N Engl J Med 1996;335:27-31.
  • Hall JR, Ahrens M, Rohr K, Gamache S, Comoletti J. Behavioral mitigation of smoking fires through strategies based on statistical analysis. Emmitsburg, MD: US Department of Homeland Security, US Fire Administration; 2006. Available at <http://www.usfa.dhs.gov/downloads/pdf/publications/fa-302-508.pdf>.
  • Lacasse Y, LaForge J, Maltais F. Got a match? Home oxygen therapy in current smokers. Thorax 2006;61:374-5.
  • Edelman DA, Maleyko-Jacobs S, White MT, Lucas CE, Ledgerwood AM. Smoking and home oxygen therapy-a preventable public health hazard. J Burn Care Res 2008;29:119-22.
  • Fiore MC, Jaen CR, Baker TB, et al. Treating tobacco use and dependence: 2008 update. Rockville, MD: US Department of Health and Human Services; US Public Health Service; 2008. Available at <http://www.surgeongeneral.gov/tobacco/treating_tobacco_use08.pdf>.
  • Task force on community preventive services. Zaza S, Briss PA, Harris K, eds. The guide to community preventive services: what works to promote health? New York, NY: Oxford University Press; 2005. Available at <http://www.thecommunityguide.org/library/book>.
  • Guyatt GH, McKim DA, Austin P, et al. Appropriateness of domiciliary oxygen delivery. Chest 2000;118:1303-8.
  • US Fire Administration. Smoke alarms. Available at <http://www.usfa.dhs.gov/citizens/all_citizens/home_fire_prev/alarms>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ