一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2008年(Vol.57)生殖年齢の女性における喫煙率-米国、2006年

MMWR抄訳

rss

2008/08/08Vol. 57 / No. 31

MMWR57(31):849-852
Smoking Prevalence Among Women of Reproductive Age - United States, 2006

生殖年齢の女性における喫煙率-米国、2006年

米国において喫煙は予防可能な罹病および死亡の主因であり続けている。生殖年齢(18~44歳)女性の喫煙は妊娠転帰や自分自身の健康に悪影響を及ぼす可能性があり、また子供も受動喫煙への曝露がある。CDCはBehavioral Risk Factor Surveillance System(BRFSS)の2006年データを用い、生殖年齢女性の喫煙率と禁煙試行率について州別に分析した。現在喫煙者は生涯に100本以上喫煙した経験があり現在毎日あるいは数日喫煙している者、喫煙経験者は生涯に100本以上喫煙した経験があるが現在喫煙していない者、非喫煙者は生涯に100本以上喫煙したことがない者、禁煙試行は現在毎日喫煙者のうち過去1年間に1日以上禁煙を試みた者と定義した。州別の現在喫煙率は5.8%(U.S. バージン諸島)~34.7%(ケンタッキー州)と州による差が大きかった(中央値:22.4%)。年齢、人種/民族、教育歴、婚姻状態別に分析した場合、現在喫煙率は非ラテンアメリカ系白人(24.5%)、高等学校卒業(28.3%)、離婚・未亡人・別居女性(34.7%)で高かったが、年齢差はみられなかった。喫煙経験率(禁煙率)はU.S.バージン諸島(51.0%)とカリフォルニア州(50.4%)が最高、ルイジアナ州(26.8%)とミシシッピ州(27.3%)が最低であり、大学卒業(59.7%)、既婚女性(49.6%)が最高、18~24歳(26.3%)、非ラテンアメリカ系黒人(24.5%)、高等学校卒業未満(24.7%)が最低であった。禁煙試行率はデラウェア州(67.7%)、プエルトリコ(66.6%)が最高でアリゾナ州(33.6%)、ケンタッキー州(43.4%)が最低であり、18~24歳(68.4%)、非ラテンアメリカ系黒人(68.1%)が最高であった。生殖年齢女性のうち禁煙試行率が最も高かった18~24歳の女性に対する喫煙予防・中止介入の成功により、女性自身およびその子供の健康を守ることができると考える。

References

  • CDC. Preconception and interconception health status of women who recently gave birth to a live-born infant-Pregnancy Risk Assessment Monitoring System (PRAMS)-United States, 26 reporting areas, 2004. MMWR 2007;56(No. SS-10).
  • CDC. State-specific prevalence of cigarette smoking among adults and quitting among persons aged 18-35 years-United States, 2006. MMWR 2007;56:38:993-6.
  • US Department of Health and Human Services. Women and smoking: a report of the Surgeon General. Rockville, MD: US Department of Health and Human Services; 2001. Available at <http://www.cdc.gov/tobacco/data_statistics/sgr/sgr_2001/sgr_women_chapters.htm>.
  • Adams EK, Miller VP, Ernst C, Nishimura BK, Melvin C, Merritt R. Neonatal health care costs related to smoking during pregnancy. Health Econ 2002;11:193-206.
  • Clark PI, Schooley MW, Pierce B, Schulman J, Hartman AM, Schmitt CL. Impact of home smoking rules on smoking patterns among adolescents and young adults. Prev Chronic Dis 2006;3:A41. Available at <http://www.cdc.gov/pcd/issues/2006/apr05_0028.htm>.
  • CDC. Behavioral Risk Factor Surveillance System. Comparability of data: BRFSS 2006. Available at <http://www.cdc.gov/brfss/technical_infodata/surveydata/2006/compare_06.rtf>.
  • Blumberg SJ, Luke JV. Wireless substitution: early release of estimates based on data from the National Health Interview Survey, July- December 2006. Available at <http://www.cdc.gov/nchs/data/nhis/earlyrelease/wireless200705.pdf>.
  • US Department of Health and Human Services. Promoting healthy lifestyles: policy, program, and personal recommendations for reducing cancer risk; 2007. Bethesda, MD: US Department of Health and Human Services, National Institutes of Health/National Cancer Institute; 2007. Available at <http://deainfo.nci.nih.gov/advisory/pcp/pcp07rpt/pcp07rpt.pdf>.
  • Institute of Medicine. Ending the tobacco problem: a blueprint for the nation. Washington, DC: National Academies Press; 2007. Available at <http://www.iom.edu/CMS/3793/20076/43179.aspx>.
  • CDC. Best practices for comprehensive tobacco control programs- 2007. Atlanta: US Department of Health and Human Services, CDC; 2007. Available at <http://www.cdc.gov/tobacco/tobacco_control_programs/stateandcommunity/best_practices>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ