一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2008年(Vol.57)HIV検査の受検者-米国、2006年

MMWR抄訳

rss

2008/08/08Vol. 57 / No. 31

MMWR57(31):845-849
Persons Tested for HIV - United States, 2006

HIV検査の受検者-米国、2006年

HIV感染症の早期診断は感染者のQOLと生存期間を改善し、さらなるHIV伝播の予防行動をとることを可能にする。しかし2003年末の時点で、推定100万人の生存HIV感染者のうち約1/4はその感染を知らずにいる。また2005年に診断された全HIV感染患者のうち38%は初回HIV検査陽性から1年以内にAIDSと診断された。未診断HIV感染者数を減少させるため、2006年9月にCDCは13~64歳の全ての人々にルーチンでの医療の一部としてHIVスクリーニング検査を実施するよう勧告した。このようなHIV検査受検率増加戦略効果の評価基準を確立するため、CDCはNational Health Interview Survey(NHIS)の50州およびワシントンDCに居住する18~64歳の成人のデータを分析した。2001~2006年のHIV検査経験率は、ほぼ横ばい(約40%)であった。2006年には回答者の40.4%(推定7150万人)がHIV検査を受けた経験があり、10.4%(推定1780万人)は過去12か月間に検査を受けていた。また2006年には18~24歳・25~34歳群が35~44歳・45~64歳群に比べ(それぞれ15.7、15.4、9.9、5.9%)、女性が男性に比べ(11.6、9.1%)、米国南部居住者がその他の地域(北東部、中西部、西部)の居住者に比べ(12.1、10.6、9.1、8.6%)受検率が高かった。人種/民族別では非ラテンアメリカ系黒人がラテンアメリカ系人および非ラテンアメリカ系白人に比べ受検率が高かった(それぞれ21.7、12.6、8.0%)。妊娠女性、非妊娠女性の過去12ヶ月間の受検率はそれぞれ60.7、12.8%、HIV危険因子保有者、保有者の過去12ヶ月間の受検率は23.0、10.1%であった。過去12か月間の受検者のうち82.6%(推定1460万人)は医療機関で検査を受けていた。以上の所見は、米国では多くの者がHIV感染症の検査を受けていないことを示す。医療提供者はCDCの勧告に従い13~64歳の全ての人々にルーチンでHIVのスクリーニングを行うべきである。

References

  • Glynn M, Rhodes P. Estimated HIV prevalence in the United States at the end of 2003 [Abstract T1-B1101]. In: programs and abstracts of the 2005 National HIV Prevention Conference; June 12-15, 2005; Atlanta, GA. Available at <http://www.aegis.com/conferences/nhivpc/2005/t1-b1101.html>.
  • CDC. HIV/AIDS surveillance report, 2006, Vol. 18. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2008. <http://www.cdc.gov/hiv/topics/surveillance/resources/reports/2006report/default.htm>.
  • CDC. Revised recommendations for HIV testing of adults, adolescents, and pregnant women in health-care settings. MMWR 2006;55 (No. RR-14).
  • Pleis JR, Lethbridge-Cejku M. Summary health statistics for U.S. adults: National Health Interview Survey, 2006. Vital Health Stat 10 2007;235.
  • CDC. Number of persons tested for HIV-United States, 2002. MMWR 2004;53:1110-3.
  • Human Immunodeficiency Virus Screening. Joint Statement of the American Academy of Pediatrics and the American College of Obstetricians and Gynecologists. Pediatrics 1999;104(1 Pt 1):128.
  • Schrag SJ, Arnold KE, Mohle-Boetani JC, et al. Prenatal screening for infectious diseases and opportunities for prevention. Obstet Gynecol 2003;102:753-60.
  • McQuillan G, Kruszon-Moran D, Kottiri B, et al. Prevalence of HIV in the U.S. household population: the National Health and Nutrition Examination Surveys, 1988 to 2002. J Acquir Immune Defic Syndr 2006;41:651-6.
  • CDC. Racial/ethnic disparities in diagnoses of HIV/AIDS-33 states, 2001-2005. MMWR 2007;56:189-93.
  • CDC. Advancing HIV prevention: new strategies for a changing epidemic-United States, 2003. MMWR 2003;52:329-32.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ