一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2008年(Vol.57)2003年1月-2005年6月に出生した新生児にお・・・

MMWR抄訳

rss

2008/08/01Vol. 57 / No. 30

MMWR57(30):825-828
Newborn Hepatitis B Vaccination Coverage Among Children Born January 2003-June 2005 - United States

2003年1月-2005年6月に出生した新生児におけるB型肝炎ワクチン接種率-アメリカ

1991年、Advisory Committee on Immunization Practices(ACIP)はB型肝炎ウイルス(HBV)感染撲滅のため、全ての新生児に対してB型肝炎ワクチン接種の勧告を出した。当初、ワクチンの初回接種は出産後退院するまでの間または生後1-2ヶ月とされていたが、2002年に退院までの間とされ、2005年12月には体重2,000g以上で出生した新生児は出産後退院までの間と訂正されている。CDCは2006年 National Immunization Survey(NIS)データから、2003年1月からACIPの訂正勧告が出される前の2005年6月における新生児のB型肝炎ワクチン接種の状況を分析した。NISでは50州および選択地域における19-35ヶ月齢の小児がいる家庭への無作為電話調査と郵便によるワクチン接種者への確認調査が行われ、家庭回答率は64.5%、うち接種者による確認が取れた70.4%(21,044名)の小児の接種記録が分析された。その結果、生後1日目の接種率は42.8%、2日目:48.5%、3日目:50.1%、4日目:51.1%、5日目: 51.8%、6日目:52.5%であり、この数値は州および地域により大きく異なり、1日目の接種率はカリフォルニア州フレスノ郡8.2%からミシガン州デトロイト77.5%、地域別接種率の中央値は1日目50.3%、3日目58.7%であった。National Hospital Discharge Surveyデータでは、新生児の入院期間は3.3日(2004年)、健康児で2.1日、病気の新生児で5.0日、全体で85.6%の新生児が生後3日目までに退院しているため、ACIPの勧告に従って接種率を向上させるには、今後、産科病院がB型肝炎ワクチン接種を標準的に行っていくことが重要と考える。

References

  • CDC. Hepatitis B virus: a comprehensive strategy for eliminating transmission in the United States through universal childhood vaccination: recommendations of the Immunization Practices Advisory Committee (ACIP). MMWR 1991;40(No. RR-13):1-19.
  • CDC. Recommended childhood immunization schedule-United States, 2002. MMWR 2002;51:31-3.
  • CDC. A comprehensive immunization strategy to eliminate transmission of hepatitis B virus infection in the United States: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP); part 1: immunization of infants, children, and adolescents. MMWR 2005;54(No. RR-16):1-23.
  • Smith PJ, Hoaglin DC, Battaglia MP, Khare M, Barker LE. Statistical methodology of the National Immunization Survey, 1994-2002. Vital Health Stat 2005;2(138). Available at <http://www.cdc.gov/nchs/data/series/sr_02/sr02_138.pdf>.
  • Yusuf HR, Mahoney FJ, Shapiro CH, Mast EE, Polish L. Hospital-based evaluation of programs to prevent perinatal hepatitis B virus transmission. Arch Pediatr Adolesc Med 1996;150:593-7.
  • Willis BC, Jacques-Carroll L, Wang S, Kong Y. National survey of hospital perinatal hepatitis B prevention policies and practices. [Abstract 23]. 41st National Immunization Conference, March 5-8, 2007, Kansas City, MO. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2007. Available at <http://cdc.confex.com/cdc/nic2007/techprogram/p12623.htm>.
  • Kozak LJ, DeFrances CJ, Hall MJ. National hospital discharge survey: 2004 annual summary with detailed diagnosis and procedure data. Vital Health Stat 13 2006;13(162). Available at <http://www.cdc.gov/nchs/data/series/sr_13/sr13_162.pdf>.
  • MacDorman MF, Martin JA, Mathews TJ, Hoyert DL, Ventura SJ. Explaining the 2001-2002 infant mortality increase: data from the linked birth/infant death data set. Int J Health Serv 2005;35:415-42.
  • Mahoney FJ. Update on diagnosis, management, and prevention of hepatitis B infection. Clin Microbiol Rev 1999;12:351-66.
  • Anderson TA, Wexler DL. States report hundreds of medical errors in perinatal hepatitis B prevention. St. Paul, MN: Immunization Action Coalition; 2005. Available at <http://www.immunize.org/catg.d/p2062.htm>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ