一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2008年(Vol.57)高校生におけるHIVおよびSTDに関連するリスク行・・・

MMWR抄訳

rss

2008/08/01Vol. 57 / No. 30

MMWR57(30):817-822
Trends in HIV-and STD-Related Risk Behaviors Among High School Students - United States, 1991-2007

高校生におけるHIVおよびSTDに関連するリスク行為の傾向-アメリカ、1991-2007年

避妊手段を用いない性的交際または静注薬物の使用はHIV感染および性行為感染症(STD)リスクが高い。アメリカの高校生におけるHIV、STD感染に関連するリスク行為に関しては、1991-2005年の調査結果が報告されているが、今回、CDCにより2007年までのYouth Risk Behavior Surveys(YRBS)データが分析され、1991-2007年の調査結果が報告された。対象は国内50州およびDCの9-12年生であり、回答数は10,904-16,296件、学校単位の回答率は70-81%、生徒回答率は83-90%、全体での回答率は60-70%であった。1991-2007年において、性体験率は全体で12%減少(1991年:54.1%、2007年:47.8%)、複数の交際相手(4人以上)がいる生徒は20%減少(1991年:18.7%、2007年:14.9%)、現在の性体験率は7%減少(1991年:37.5%、2007年:35.0%)、避妊具の使用率は33%増加(1991年:46.2%、2007年:61.5%)していたが、2005-2007年においては性別、学年別、人種別いずれのサブグループにおいても有意な変動は認めなかった。静注薬物の使用率は4%以下を維持したが(1995年:2.1%、2007年:2.0%)、黒人およびラテン系の生徒では増加(黒人:1995年1.1%、2007年1.8%、ラテン系:1995年2.2%、2007年:3.1%)、また、2005-2007年にかけては10年生にて減少したが(2005年:2.3%、2007年:1.4%)、他のサブグループでは有意な変動は認めなかった。15-19歳におけるHIV、STD感染症の発症率および出産率は増加傾向にあると報告されていることから、これらの危険行為による健康上ノアウトカムに関するプログラムや活動は、生徒本人とともに家族、学校、医療機関、政府関係機関なども共に取り組んでいく必要が示唆される。

References

  • CDC. Trends in HIV-related risk behaviors among high school students-United States, 1991-2005. MMWR 2006;55:851-4.
  • US Department of Health and Human Services. Sexually transmitted diseases; 25-11: increase the proportion of adolescents who abstain from sexual intercourse or use condoms if currently sexually active. In: Healthy people 2010: understanding and improving health. 2nd ed. Washington, DC: US Department of Health and Human Services; 2000. Available at <http://www.healthypeople.gov/document/html/volume2/ 25stds.htm#_toc489706328>.
  • CDC. Methodology of the Youth Risk Behavior Surveillance System. MMWR 2004;53(No. RR-12).
  • CDC. Youth risk behavior surveillance-United States, 2007. MMWR 2008;57(No. SS-4):130.
  • Laird J, DeBell M, Kienzl G, Chapman C. Dropout rates in the United States: 2005. Washington, DC: US Department of Education, National Center for Education Statistics; 2007. Available at <http://nces.ed.gov/pubsearch/pubsinfo.asp?pubid=2007059>.
  • Brener ND, Kann L, McManus T, Kinchen SA, Sundberg EC, Ross JG. Reliability of the 1999 Youth Risk Behavior Survey questionnaire. J Adolesc Health 2002;31:336-42.
  • CDC. Cases of HIV infection and AIDS in the United States and dependent areas, 2006. HIV/AIDS surveillance report, volume 18. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2008:11. Available at <http://www.cdc.gov/hiv/topics/surveillance/resources/reports/2006report>.
  • CDC. Sexually transmitted disease surveillance, 2006. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2007. Available at <http://www.cdc.gov/std/stats/toc2006.htm>.
  • Hamilton BE, Martin JA, Ventura SJ. Births: preliminary data for 2006. Natl Vital Stat Rep 2007;56(7). Available at <http://www.cdc.gov/nchs/data/nvsr/nvsr56/nvsr56_07.pdf>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ