一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2008年(Vol.57)非製剤フェンタニル関連死-多州、2005年4月~2・・・

MMWR抄訳

rss

2008/07/25Vol. 57 / No. 29

MMWR57(29):793-796
Nonpharmaceutical Fentanyl-Related Deaths - Multiple States, April 2005-March 2007

非製剤フェンタニル関連死-多州、2005年4月~2007年3月

2006年4月21日、ニュージャージー州で違法薬使用者における過量使用増加が報告され、その後ヘロインに比べ30~50倍強力なオピオイドである非製剤フェンタニル(NPF)に関連した死亡者の増加が明らかになった。2006年5月、CDCは6州および管轄区(デラウェア全州、ニュージャージー全州、イリノイ州Cook County、ミシガン州Wayne County、ミズーリ州City of St. Louis、St. Louis County、ペンシルベニア州Philadelphia)におけるNPF関連死を調査するため、特別に症例発見・サーベイランス(その後Drug Enforcement Administration[DEA]が管理)を実施した。調査の結果、2005年4月4日~2007年3月28日に発生したNPF関連死1,013例を確認した。NPF死の月別発生数は2005年4月以降徐々に増加し2006年6月にピーク(150例)となり、2007年2月、3月には各1例に低下した。性と年齢が明らかになった984例中577例(58.6%)は35~54歳、788例(80.1%)は男性であった。また人種/民族が明らかになった984例中545例(55.4%)は白人、392例(39.8%)は黒人、41例(4.2%)はラテンアメリカ系であった。NPF関連死への対策として、2007年4月23日、DEAは違法なNPFの製造に使用されるN-phenethyl-4-piperidoneの入手を規制することにした。薬物過量使用に関する疫学データ収集を改善し、過量使用増加の早期検出を可能にし、違法薬使用者に過量使用のリスクについて教育し、患者が中毒の治療を受けるのを援助するために、公衆衛生的取り組みを強化する必要がある。

References

  • US Department of Justice, Drug Enforcement Administration. 21 CFR part 1310. Control of a chemical precursor used in the illicit manufacture of fentanyl as a list 1 chemical. Federal Register 2007;72:20039-47. Available at <http://frwebgate.access.gpo.gov/cgi-bin/getpage.cgi?dbname=2007_register&position=all&page=20039>.
  • Thompson JG, Baker AM, Bracey AH, et al. Fentanyl concentrations in 23 postmortem cases from the Hennepin County Medical Examiner’s Office. J Forensic Sci 2007;52:978-81.
  • Henderson GL. Designer drugs: past history and future prospects. J Forensic Sci 1988;33:569-75.
  • Poklis A. Fentanyl: a review for clinical and analytical toxicologists. J Toxicol Clin Toxicol 1995;33:439-47.
  • Seal KH, Thawley R, Gee L, et al. Naloxone distribution and cardiopulmonary resuscitation training for injection drug users to prevent heroin overdose death: a pilot intervention study. J Urban Health 2005; 82:303-11.
  • CDC. CDC Wonder. Compressed mortality file, 1999-2005. Available at <http://wonder.cdc.gov/cmf-icd10.html>.
  • Paulozzi LJ, Budnitz DS, Xi Y. Increasing deaths from opioid analgesics in the United States. Pharmacoepidemiol Drug Saf 2006;15:618-27.
  • CDC. Unintentional poisoning deaths-United States, 1999-2004. MMWR 2007;56:93-6.
  • Fielden SJ, Marsh DC. It’s time for Canadian community early warning systems for illicit drug overdoses [Commentary]. Harm Reduct J 2007;4:10.
  • Klein SJ, O’Connell DA, Candelas AR, Giglio JG, Birkhead GS. Public health approach to opioid overdose [Letter]. Am J Pub Health 2007;97:587-8.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ