一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2008年(Vol.57)珪肺症による65歳前の損失生存可能年数-アメリカ、・・・

MMWR抄訳

rss

2008/07/18Vol. 57 / No. 28

MMWR57(28):771-775
Silicosis-Related Years of Potential Life Lost Before Age 65 Years - United States, 1968-2005

珪肺症による65歳前の損失生存可能年数-アメリカ、1968-2005年

建設、採掘、製造業などの労働者においては結晶性珪土への職業的曝露により珪肺症や肺疾患が誘発される。古典的(慢性)珪肺症は吸入可能な低濃度の珪土に10年以上曝露することで発症するが、高濃度の珪土に5-10年曝露した場合は加速性珪肺症を引き起こし、超高濃度の珪土に曝露した場合は数週間で急性珪肺症の症状が発現する場合もある。珪肺症は治療不能であるが予防は可能な疾患である。CDCがアメリカにおける1968-2005年の死亡率データを分析し、珪肺による65歳前の損失生存可能年数(YPLL)を算出した結果、この期間における珪肺症による死亡数は1,997例、総YPLLは17,130、死亡者あたりのYPLLは平均8.6であり、1968年:1,411(平均7.7/例)から2005年:141(11.8/例)へ90.2%低下した。年齢別の死亡数は15-44歳:177例(総YPLL:4,693、平均26.5/例)、45-64歳:1,820例(総YPLL:12,437、平均6.8/例)であり、15-44歳の若年層では1968-1972年:183.4/年から2001-2005年:64.2/年と65.0%低下、45-64歳では1968-1972年:898.4/年から2001-2005年:108.2/年と88.0%低下していた。州別ではペンシルベニア州にて349例(2,343 YPLL)、オハイオ州:197例(1,568 YPLL)、テキサス州:94例(1,219 YPLL)であり、全死亡者の32.0%、総YPLLの29.9%を占めていた。1985-1999年における珪肺による死亡者374例中、情報の得られた148例において最もYPLLの高い業種は建設業(263、10.1/例)、鉄鋼鋳物業(131、10.9/例)、高炉、鉄圧延加工業(97、10.8/例)などが挙げられ、職種別では雑金属プラスティック加工機械運転者(174、21.8/例)、建築を除く労働者(120、12/例)、鉱山機械運転者(113、5.4/例)などが挙げられた。珪肺症による死亡者は減少しているものの、若年層の占める割合は増加しており、今後、若年層に対する予防措置や症例介入、追跡調査などを進めていくことが推奨される。

References

  • National Institute for Occupational Safety and Health. NIOSH hazard review. Health effects of occupational exposure to respirable crystalline silica. Washington, DC: US Department of Health and Human Services, CDC, National Institute for Occupational Safety and Health; 2002. DHHS (NIOSH) publication no. 2002-129. Available at <http://www.cdc.gov/niosh/02-129a.html>.
  • CDC. Silicosis deaths among young adults-United States, 1968- 1994. MMWR 1998;47:331-5.
  • Wise RP, Livengood JR, Berkelman RL, Goodman RA. Methodological alternatives for measuring premature mortality. Am J Prev Med 1988;4:268-73.
  • Rosenman KD, Reilly MJ, Henneberger PK. Estimating the total number of newly-recognized silicosis cases in the United States. Am J Ind Med 2003;44:14-7.
  • CDC. Silicosis mortality, prevention, and control-United States, 1968-2002. MMWR 2005;54:401-5.
  • US General Accounting Office. Public health: a health status indicator for targeting federal aid to states. Washington, DC: US General Accounting Office; 1996. GAO/HEHS-97-13. Available at <http://www.access.gpo.gov/cgi-bin/getdoc.cgi?dbname=gao&docid=f:he97013.txt.pdf>.
  • Cottrell A, Schwartz E, Sokas R, Kofie V, Welch L. Surveillance of sentinel occupational mortality in the District of Columbia: 1980 to 1987. Am J Public Health 1992;82:117-9.
  • Gute DM, Fulton JP. Agreement of occupation and industry data on Rhode Island death certificates with two alternative sources of information. Public Health Rep 1985;100:65-72.
  • Steenland K, Beaumont J. The accuracy of occupation and industry data on death certificates. J Occup Med 1984;26:288-96.
  • Council of State and Territorial Epidemiologists. Silicosis surveillance and case definition: position statement: 1999 ENV 4. Atlanta, GA: Council of State and Territorial Epidemiologists; 1999. Available at <http://www.cste.org/ps/pssearch/1999/1999-env-04.htm>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ