一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2008年(Vol.57)成人における肥満の州に特異的な有病率-アメリカ、2・・・

MMWR抄訳

rss

2008/07/18Vol. 57 / No. 28

MMWR57(28):765-768
State-Specific Prevalence of Obesity Among Adults - United States, 2007

成人における肥満の州に特異的な有病率-アメリカ、2007年

Healthy People 2010の目標では肥満成人を15%以下とすることが掲げられているが、2005年の時点ではこの目標に達している州はなく、自己申告データに基づいた場合、アメリカ全体では成人の23.9%が肥満である。CDCは2005年の肥満推定有病率の更新のため、2007年Behavioral Risk Factor Surveillance System(BRFSS)データから、州別の肥満成人(BMI=30.0)の割合を調査した。その結果、全体では回答者の25.6%が肥満であり、男女別では男性:26.4%、女性:24.8%、年齢別では18-29歳:19.1%(男女とも)から50-59歳:30.9%(男性:31.7%、女性:30.2%)、人種別では非ラテン系黒人が35.8%(男性:32.1%、女性:39.0%)と最も高かった。地域別では南部:27.3%、中西部:26.5%にて高く、北東部:24.4%、西部:23.1%にて低かった。州別では18.7%-32.0%、20%以下の州はコロラド:18.7%のみ、30%以上の州はアラバマ:30.3%、ミシシッピ:32.0%、テネシー:30.1%の3州であり、目標値(15%以下)に達している州はなく、25%以上の州が30州に及んだ。肥満はQOLの低下とともに心疾患、糖尿病などの慢性疾患を誘発する。医療費の増大や早死者の抑制のためにも、学校、職場および地域が協力して、バランスの取れた食事と適度の運動による肥満予防の重要性についての認識を広めていくことが必要であろう。

References

  • National Heart, Lung, and Blood Institute. Clinical guidelines on the identification, evaluation, and treatment of overweight and obesity in adults: the evidence report. Bethesda, MD: US Department of Health and Human Services, National Institutes of Health, National Heart, Lung, and Blood Institute; 1998. Available at <http://www.nhlbi.nih.gov/guidelines/obesity/ob_gdlns.htm>.
  • US Department of Health and Human Services. The Surgeon General’s call to action to prevent and decrease obesity. Rockville, MD: US Department of Health and Human Services, US Public Health Service, Office of the Surgeon General; 2001. Available at <http://www.surgeongeneral.gov/topics/obesity>.
  • US Department of Health and Human Services. 19-2: reduce the proportion of adults who are obese. In: Healthy people 2010: understanding and improving health. 2nd ed. Washington, DC: US Department of Health and Human Services; 2000. Available at <http://www.healthypeople.gov/document/html/objectives/19-02.htm>.
  • CDC. State-specific prevalence of obesity among adults-United States, 2005. MMWR 2006;55:985-8.
  • Mokdad AH, Serdula MK, Dietz WH, Bowman BA, Marks JS, Koplan JP. The spread of the obesity epidemic in the United States, 1991- 1998. JAMA 1999;282:1519-22.
  • Flegal KM, Carroll MD, Ogden CL, Johnson CL. Prevalence and trends in obesity among US adults, 1999-2000. JAMA 2002;288:1723-7.
  • Ogden CL, Carroll MD, McDowell MA, Flegal KM. Obesity among adults in the United States-no statistically significant change since 2003-2004. NCHS data brief: no 1. Hyattsville, MD: US Department of Health and Human Services, CDC, National Center for Health Statistics; 2007. Available at <http://www.cdc.gov/nchs/data/databriefs/db01.pdf>.
  • CDC. Public health strategies for preventing and controlling overweight and obesity in school and worksite settings: a report on recommendations of the Task Force on Community Preventive Services. MMWR 2005;54(No. RR-10).
  • Ezzati M, Martin H, Skjold S, Vander Hoorn S, Murray CJ. Trends in national and state-level obesity in the USA after correction for self-report bias: analysis of health surveys. J R Soc Med 2006;99:250-7.
  • Blumberg SJ, Luke JV. Wireless substitution: early release of estimates based on data from the National Health Interview Survey, July- December 2007. Rockville, MD: US Department of Health and Human Services, CDC, National Center for Health Statistics; 2008. Available at <http://www.cdc.gov/nchs/data/nhis/earlyrelease/wireless200805.htm>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ